¥1,836
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
書評稼業四十年 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

書評稼業四十年 単行本(ソフトカバー) – 2019/7/26


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2019/7/26
¥1,836
¥1,836 ¥3,179

ブックマイレージカード
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 書評稼業四十年
  • +
  • 日本SF誕生―空想と科学の作家たち
総額: ¥3,780
ポイントの合計: 37pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


本はまとめ買いでポイント増量!
2冊を購入はクーポンコード「2BOOKS」、3冊以上は「MATOME」の入力で最大4~10%ポイント還元 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

本を読んで暮らしたいだけだった。

中間小説雑誌が熱かった時代に
小説の洗礼を受けた青年は
気づけば書評家になっていた。

エンタメ書評界の回想録

本を読むだけでは生活できない。そのくらいはわかっていた。だから、働く必要がある。ここまではわかるのだが、そこから先がわからない。働くことのイメージが何もないのだ。つきたい職業が一つもなかった。それが二十歳のときの正直な実感である。(あとがきより)


【目次】

わが同期の友たち
若き日の夢
書評三銃士のこと
若いときは生意気なほうがいい
作家との付き合い方
書評家の分類について
編集者たち

文庫解説と編集者
記憶力の悪さについて
文庫解説の場合
二十年後の銀英伝
ある葉書

書評家になるまで

中間小説誌の時代

ペンネーム事始め
夜の岸和田商店街
愛のど真ん中に着陸せよ!
筆名の問題
北上さんとはお逢いしたことがない
百五十部の「星盗人」

書評の未来と北上ラジオ
メールもFAXもないころ
ディック・フランシスのこと
谷恒生の笑顔
アンソロジーについて
副業にはいろいろあるが
新聞テレビラジオなど
書き忘れていたこと

あとがき
解説文庫リスト
著作一覧

内容(「BOOK」データベースより)

中間小説雑誌が熱かった時代に小説の洗礼を受けた青年は気づけば書評家になっていた。エンタメ書評界の回想録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 272ページ
  • 出版社: 本の雑誌社 (2019/7/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4860114329
  • ISBN-13: 978-4860114329
  • 発売日: 2019/7/26
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 14.8 x 2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 19,332位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう