中古品
¥ 1,722
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ☆送料無料・保証付【Amazon直送につき、365日毎日発送致します】表紙に軽度のダメージがありますが、中のページは、見た目キレイで、折れや書込もなく良好です。十分な検品をしてから出荷をしていますが、まれにチェック漏れによる書込や欠品がある場合がございます。その際はご連絡頂ければ対応を致しますので、ご連絡をください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

書物の運命 単行本 – 2006/4

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 991
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

時を経て残る書物とは何か。イスラームと西洋、そして日本―書物の中に時代の「相」を見出す気鋭の中東研究者による初の書評・文化論。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

池内/恵
1973年、東京生まれ。1996年、東京大学文学部イスラム学科卒業。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。アジア経済研究所研究員を経て、2004年4月より国際日本文化研究センター助教授。専攻はイスラーム政治思想史、中東地域研究。著書に『現代アラブの社会思想―終末論とイスラーム主義』(講談社現代新書、2002年、大佛次郎論壇賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 310ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2006/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163680608
  • ISBN-13: 978-4163680606
  • 発売日: 2006/04
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 527,355位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
著者はアラブ政治思想の研究者として、日本でも知名度が上がってきた人です。本書は3部にわかれ、第I部は書物に関わるエッセイを集め、中にエドワード・サイードへの追悼文がありました。第Ⅱ部は、「エジプトで考えたこと」と題し、中東研究や時事問題にまつわる話。第Ⅲ部は2001年から2005年にかけての新刊書の書評集70篇です。

生家にはテレビがなく、すべての情報源は活字という日本ではまれに見る状況におかれていた著者は、ドイツ文学者であった父が書評を依頼されることが多かったので自然と書物に囲まれる世界に慣れていたという。読書好きを自任する私ですが、この本にあげられた著者や書物のうち9割以上が未知のものでした。専門分野にふれるものだけでなく、文学の好みや筋がいいのです。バーナード・ルイス、『アルファフリー』は、この本に教えられて読んでみましたが、当たりでした。それから、フォースター『アレキサンドリア』の下敷きになった著作として、サイード・アミール・アリー『回教史』やスタンレー・レーン=プール、アルフレッド・J・バトラーの名をあげていたのはうれしい。これから先も読書のナビゲーターとして読み返すであろう本です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 recluse VINE メンバー 投稿日 2006/5/20
形式: 単行本
もう驚きません。結局、”中東問題は日本問題”との指摘は。この領域でも、同じような連中が、日本の近代の病理に悩まされ、大学という西側の近代の制度が生み出した”便益を享受しつつ”、詭弁とターミノロジーを操りながら、”ある種のねじれた心理”に追い立てられ”われわれの近代ではないものが、きっと向こう側にあるはずだ”という”西欧崇拝とは逆の幻想”を追い続けてきた”というわけです。著者は、決して、”夜中に起きてきて、寝ぼけた発言をしている文学者みたいなもの”にはなりたくないとまで言い切っています。もっとも、この作品には、それ以外にも、参考になる硬軟様々な情報がいっぱいです。文献学的な部分では、durrellのalexandria quartetとforsterのalexandriaとの関連から、イスラムと西洋文学の交差する部分を追及していく部分は、”逃避と息抜き”との著者の言説にもかかわらず、見事です。また、時差の持つ本質的な拘束は貴重な指摘です。それ以外にも必ずしも、中東やイスラムのみに偏らない書物がたくさん取り上げられています。ところで、著者が待望する、”durrellのような、alexandria quartetのような作品を、日本の作家が書く日は来るのか?"という問いは、深い意味がありますね。一番の題材となるはずであった、満州での経験も決してそのような作品には昇華はされていないようです。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
偶然手にした本。特に中東に関心があるわけでもないし、紹介された本を実際に読む日がくるかどうかもわからないけれど面白かった。何より著者と書物との関わりが凄い。今時の日本にもこんな教育を受けた人がいるのかと驚いた。TVは無いがおびただしい本と雑誌に囲まれた環境。祖父、父、著者と三代続いた教養人のDNA恐るべし。氏の筆にかかると難しい本も読んでみようかと思わせられる。また氏のエジプト滞在時の話も興味が尽きない。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
氏が国語を習っていた幼少時代、読書感想文なるものを書いたであろうが、それを評価できた教師は、きっといなかっただろうと思った。こちらでは、読書人を「本を読む馬」というが、私などは、氏に比較したら駄馬のその下だ。中東問題が福祉国家を揺るがす重大問題であるが、人権問題に話題が集中し、焦点がぼけがちである。英訳が出版され、世界の池内になる日が近いことを望む。氏の誘ってくれる道に沿い、書物を求めようと思う。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告