ポイント: 70pt  (2%)  詳細はこちら
無料配送: 6月27日 - 7月2日 詳細を見る
最も早いお届け日: 6月27日 日曜日 詳細を見る
残り5点(入荷予定あり)
お使いのスマホ、タブレット、PCで読めるKindle版(電子書籍)もあります。 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
書物の破壊の世界史――シュメールの粘土板からデジタ... がカートに入りました
無料配送: 6月27日 - 7月3日 詳細を見る
最も早いお届け日: 6月28日 月曜日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
発売元 古本バカ一代
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 外観に軽いスレキズあり。その他は概ね良好です。お役立て下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

書物の破壊の世界史――シュメールの粘土板からデジタル時代まで 単行本 – 2019/2/28

5つ星のうち3.9 11個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥3,850
¥3,850 ¥2,981

よく一緒に購入されている商品

  • 書物の破壊の世界史――シュメールの粘土板からデジタル時代まで
  • +
  • ナチスから図書館を守った人たち:囚われの司書、詩人、学者の闘い
  • +
  • 図書館巡礼:「限りなき知の館」への招待
総額: ¥9,350
ポイントの合計: 126pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「50世紀以上も前から書物は破壊され続けているが、その原因のほとんどは知られていない。本や図書館に関する専門書は数あれど、それらの破壊の歴史を綴った書物は存在しない。何とも不可解な欠如ではないか?」―ことは戦争や迫害、検閲だけでなく、数多の天災・人災、書写材の劣化、害虫による被害、人間の無関心さに及ぶ。幼少期以来、たび重なる書物の悲劇に居合わせてきた著者が、膨大な量の文献や実地調査をもとに、世界各地の書物の破壊の歴史をたどった一冊。17か国で翻訳。

著者について

【著者】フェルナンド・バエス(Fernando Báez)
ベネズエラ出身の図書館学者・作家・反検閲活動家。
図書館の歴史に関する世界的権威として知られ、複数の団体で顧問をつとめるほか、
2003年にはユネスコの使節団の一員としてイラクにおける図書館や博物館・美術館の被害状況を調査した。
2004年に本作『書物の破壊の世界史』(2013年に増補改訂)でヴィンティラ・ホリア国際エッセイ賞を受賞、17か国で翻訳された。

【訳者】八重樫克彦(やえがし・かつひこ)、八重樫由貴子(やえがし・ゆきこ)
翻訳家。訳書に、『ヴェネツィアの出版人』『悪い娘の悪戯』『誕生日』『チボの狂宴』(作品社)、『パウロ・コエーリョ 巡礼者の告白』『ペルーの異端審問』(新評論)、
『明かされた秘密』『三重の叡智』『失われた天使』『プラド美術館の師』(ナチュラルスピリット)など多数。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 紀伊國屋書店 (2019/2/28)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2019/2/28
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 736ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4314011661
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4314011662
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.9 11個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.9
星5つ中の3.9
11 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

殿堂入り
2019年3月29日に日本でレビュー済み
70人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年3月16日に日本でレビュー済み
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 近年話題の「書物破壊」の集大成書
ユーザー名: Amazonカスタマー、日付: 2019年3月16日
最近、図書館と戦争をテーマにした翻訳書を目にすることが多く、関心を持っていましたが、同テーマの集大成のような一冊。シュメールの粘土板、アレクサンドリア大図書館、魔術書、グノーシス文書、占星術書、ナチス、ユーゴ紛争、イラク戦争、最新のデジタル書籍までーーありとあらゆる時代の書物破壊史に圧倒されます。

「なぜ“焚書”という方法で人は書物破壊を行うのか?」「書物破壊者に通底する思想とは何なのか?」など、本と人間の本質についての考察も為されており興味深い。数奇にも幼い頃から本が破壊されていく数々の光景に立ち会ってきた著者ならではの、何か導かれるものを感じさずにはおかない迫力と怒涛の情報量です。

レンガのような厚さの大冊ですが、翻訳が非常に読みやすく、読むのが苦ではありません。

本好き・図書館好きの方、歴史好き(特にオリエントや西洋の)の方、思想・哲学好きの方、戦争に関心がある方にオススメです。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト50レビュアー
2019年4月22日に日本でレビュー済み
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
VINEメンバー
2019年4月13日に日本でレビュー済み
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告