購入オプション

割引: ¥ 440 (11%)
Kindle 価格: ¥3,410

(税込)

獲得ポイント:
34ポイント (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

一部のプロモーションは他のセールと組み合わせることができますが、それ以外のプロモーションは組み合わせることはできません。詳細については、これらのプロモーションに関連する規約をご覧ください。

シェアする
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

[フェルナンド・バエス, 八重樫克彦, 八重樫由貴子]の書物の破壊の世界史――シュメールの粘土板からデジタル時代まで

書物の破壊の世界史――シュメールの粘土板からデジタル時代まで Kindle版

5つ星のうち3.9 11個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥3,410
単行本 ¥3,850 ¥3,000
この本はファイルサイズが大きいため、ダウンロードに時間がかかる場合があります。Kindle端末では、この本を3G接続でダウンロードすることができませんので、Wi-Fiネットワークをご利用ください。
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「50世紀以上も前から書物は破壊され続けているが、その原因のほとんどは知られていない。本や図書館に関する専門書は数あれど、それらの破壊の歴史を綴った書物は存在しない。何とも不可解な欠如ではないか?」―ことは戦争や迫害、検閲だけでなく、数多の天災・人災、書写材の劣化、害虫による被害、人間の無関心さに及ぶ。幼少期以来、たび重なる書物の悲劇に居合わせてきた著者が、膨大な量の文献や実地調査をもとに、世界各地の書物の破壊の歴史をたどった一冊。17か国で翻訳。 --このテキストは、tankobon_hardcover版に関連付けられています。

著者について

【著者】フェルナンド・バエス(Fernando Báez)
ベネズエラ出身の図書館学者・作家・反検閲活動家。
図書館の歴史に関する世界的権威として知られ、複数の団体で顧問をつとめるほか、
2003年にはユネスコの使節団の一員としてイラクにおける図書館や博物館・美術館の被害状況を調査した。
2004年に本作『書物の破壊の世界史』(2013年に増補改訂)でヴィンティラ・ホリア国際エッセイ賞を受賞、17か国で翻訳された。

【訳者】八重樫克彦(やえがし・かつひこ)、八重樫由貴子(やえがし・ゆきこ)
翻訳家。訳書に、『ヴェネツィアの出版人』『悪い娘の悪戯』『誕生日』『チボの狂宴』(作品社)、『パウロ・コエーリョ 巡礼者の告白』『ペルーの異端審問』(新評論)、
『明かされた秘密』『三重の叡智』『失われた天使』『プラド美術館の師』(ナチュラルスピリット)など多数。
--このテキストは、tankobon_hardcover版に関連付けられています。

登録情報

  • ASIN ‏ : ‎ B07NJQT47Q
  • 出版社 ‏ : ‎ 紀伊國屋書店 (2019/3/22)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2019/3/22
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • ファイルサイズ ‏ : ‎ 18739 KB
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能) ‏ : ‎ 有効
  • X-Ray ‏ : ‎ 有効にされていません
  • Word Wise ‏ : ‎ 有効にされていません
  • 本の長さ ‏ : ‎ 828ページ
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.9 11個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.9
星5つ中の3.9
11 件のグローバル評価

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

殿堂入り
2019年3月29日に日本でレビュー済み
82人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2019年3月16日に日本でレビュー済み
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 近年話題の「書物破壊」の集大成書
2019年3月16日に日本でレビュー済み
最近、図書館と戦争をテーマにした翻訳書を目にすることが多く、関心を持っていましたが、同テーマの集大成のような一冊。シュメールの粘土板、アレクサンドリア大図書館、魔術書、グノーシス文書、占星術書、ナチス、ユーゴ紛争、イラク戦争、最新のデジタル書籍までーーありとあらゆる時代の書物破壊史に圧倒されます。

「なぜ“焚書”という方法で人は書物破壊を行うのか?」「書物破壊者に通底する思想とは何なのか?」など、本と人間の本質についての考察も為されており興味深い。数奇にも幼い頃から本が破壊されていく数々の光景に立ち会ってきた著者ならではの、何か導かれるものを感じさずにはおかない迫力と怒涛の情報量です。

レンガのような厚さの大冊ですが、翻訳が非常に読みやすく、読むのが苦ではありません。

本好き・図書館好きの方、歴史好き(特にオリエントや西洋の)の方、思想・哲学好きの方、戦争に関心がある方にオススメです。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
24人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
ベスト50レビュアー
2019年4月22日に日本でレビュー済み
19人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
VINEメンバー
2019年4月13日に日本でレビュー済み
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
問題を報告

この商品には、不適切な内容が含まれていますか?
この商品は、著作権を侵害していると思いますか?
この商品には、品質または書式設定の問題が含まれていますか?