Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,200

¥ 96の割引 (7%)

ポイント : 120pt (10%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[アリ・ブランドン]の書店猫ハムレットの跳躍 (創元推理文庫)
Kindle App Ad

書店猫ハムレットの跳躍 (創元推理文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,200
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,296 ¥ 9

商品の説明

内容紹介

黒猫ハムレットが必殺技で犯人を告げる!
書店×黒猫のコージー・ミステリ第1弾。


ニューヨーク、ブルックリンの書店を大叔母から相続した、三十代半ばのダーラ。その書店にはマスコットの黒猫ハムレットがいた。かごにかわいらしく丸まり、ゴロゴロと喉を鳴らして客を迎える――ことは決してなく、堂々と書棚を徘徊し、緑色の目で冷たく客を睥睨する黒猫が。ハムレットが気に入る従業員を確保できてほっとしたものの、ダーラはある工事現場で書店の常連客の死体を発見してしまう。その脇には動物の足跡。最近夜に外を出歩いているらしいハムレットのもの?! 名探偵猫ハムレット登場の、コージー・ミステリ第一弾。/訳者あとがき=越智睦

内容(「BOOK」データベースより)

ニューヨーク、ブルックリンの書店を大叔母から相続した、三十代半ばのダーラ。堂々と書棚を徘徊し、緑色の目で冷たく客を睥睨する黒猫ハムレットが店のマスコットだ。ある日、ダーラは近所の工事現場で常連客の死体を発見してしまう。その脇には動物の足跡が。最近、夜に外を出歩いているらしいハムレットのものなのか?名探偵猫ハムレット登場の、コージー・ミステリ第一弾。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2782 KB
  • 紙の本の長さ: 263 ページ
  • 出版社: 東京創元社 (2015/8/29)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B014H9SJ7A
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 52,954位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
表紙の猫と目があってしまい、購入しました。

ボリュームがありますが、ストーリーの展開やテンポがよく、あっという間でした。

話の主軸であるミステリ・謎解きも楽しめましたが、メインは、情景や人物、人間模様にあるかな、と感じました。

個人的には、ジェイクのファンですね。
頼りがいがあって、意外と常識人で、そして、ロックで!!
近所に住んでいてくれると、心強いことこの上なしですね。
もちろん、表紙のハムレットくんも、見事な"跳躍"ぶりでした。
次作の活躍も期待してます。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 すてら トップ1000レビュアー 投稿日 2015/10/24
形式: 文庫
大叔母から譲られた書店を経営する30代のダーラと、彼女の周りで起きる物語。
黒猫ハムレットも譲られたものですが、彼はペットではなく書店の主のような存在。

身近で起きた殺人事件の謎を人間が解き明かそうとする一方で、
猫のハムレットは何かを知っていて、それを彼なりのやり方で伝えようとしている感じ。
ダーラ達はハムレットが示したヒントを真剣に追いかけます。
そういう意味での謎解きはあるけれど、ミステリーというよりも、
ご近所さんや友人の絆を描く人間ドラマのよう。
皆がそれぞれに問題を抱えながら、お互い助け合うところにほっこりします。
そして、恋の予感もちょっぴり。

これは実はシリーズ2作目で、ハムレットの魅力を伝えるのに
こちらの方が適切とのことで先に紹介されたようです。
これだけでも十分楽しめますが、1作目で起きたらしき事件への言及が
ところどころにあるので、1作目も気になります。
おそらく、書店を譲られたばかりのダーラが新しい環境に慣れるまでの話なのかな、と。
こちらの2作目では既に書店経営は軌道にのり、周りの人ともいい関係になりつつありますので。

そのダーラの本屋も、独特の雰囲気があって魅力的。
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 kindleアンリミテッド読み放題に入っていたので、まずはお試し読み。そして表紙が素敵だったし、面白かったので物理書籍で購入。

 雰囲気の素敵な「こだわりの一冊が入手できるきちんとした本屋さん」の、マスコット・黒猫のハムレットと、本屋と猫を引きついだ駆け出しオーナーが、殺人事件に巻き込まれる話…… とまとめてしまうとあるあるですが、ヒロインのダーラがあくまでも常識を持った普通の女性であること。そして、さほど猫好きではない彼女の視点から描写される黒猫ハムレットが、とにかく可愛くないふてぶてしい暴君である、というところが新鮮で、とても楽しく読み進めることができました。あーあー、そうだよねー、猫嫌いな人間の目からはそう見えるよねえ、うんうん、という。
(猫の行動がやたら人間くさいのは、これがお国柄の違いというやつなのでしょうか。これもなかなか面白かったです。また、ハムレットはちゃんと賢い可愛い猫ちゃんなのでご安心ください)

 殺人事件の真犯人を追いかける物語も面白いのですが、ヒロインを取り巻く人情味ある人々、また通りのお店の描写もたまらなく素敵でした。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover