通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
書店猫ハムレットのお散歩 (創元推理文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2016年初版 /カバー付 (帯なし) 文庫判/ カバーに少スレ、フチなどに少ヨレ有。2枚程小口にインク染みのようなヨゴレ有。本体表紙に読み開きぐせ有。本文読むのに問題ありません。中古品につき記載以外に僅かなスレヨレ等ある場合有。当店記号⇒ayy290427/001
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

書店猫ハムレットのお散歩 (創元推理文庫) 文庫 – 2016/3/22

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,361
¥ 1,361 ¥ 311

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 書店猫ハムレットのお散歩 (創元推理文庫)
  • +
  • 書店猫ハムレットの跳躍 (創元推理文庫)
  • +
  • 通い猫アルフィーの奇跡 (ハーパーBOOKS)
総額: ¥3,537
ポイントの合計: 108pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

ダーラが経営するニューヨークの書店。最近、店のマスコットの黒猫ハムレットの元気がない。愛想がないのはいつもどおりだけれど、お客をひとりも追い出していない……。猫の行動の共感力者に見てもらうと、自分を出来損ないのように感じているという。あのふてぶてしいハムレットがまさか! 愕然とするダーラだったが、通っている空手道場でさらに驚きのできごとが……。名探偵(かもしれない)黒猫が大活躍するコージー・ミステリ。

内容(「BOOK」データベースより)

ダーラが経営するニューヨークの書店のマスコット、黒猫ハムレットの元気がない。猫のセラピストに診てもらうと、最近の自分を出来損ないのように感じているという。あのふてぶてしいハムレットがそんなふうに思っているなんて!愕然とするダーラだったが、通っている武術道場でさらに驚きのできごとが起きて…。名探偵(かもしれない)黒猫が大活躍するコージー・ミステリ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 403ページ
  • 出版社: 東京創元社 (2016/3/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4488286038
  • ISBN-13: 978-4488286033
  • 発売日: 2016/3/22
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.7 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 182,720位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
『書店猫ハムレットのお散歩』Kindleにて読了。
主人公の通う空手道場での事件に巻き込まれるお話。
前作からの流れもスムーズ。
書店での読書会エピソードや主人公がハマっているゲームにも事件解決のヒントがあったり、この辺りの仕掛けも面白く読めた。
このシリーズの良いところは動物たちに敬意を感じられるところ。
前作で傷ついたハムレットが、前作以上に活躍!
次回作も楽しみ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 すてら トップ1000レビュアー 投稿日 2016/4/7
形式: 文庫
黒猫ハムレットのミステリーの邦訳第二弾(最初の1冊は未邦訳)。

書店の経営者ダーラは、護身術を学ぶために空手道場に通い始めます。
ここの指導者に影響を受けたり、他の生徒たちともめたり、この道場が中心の物語となります。
日本的なものもちょこちょこ出てくるので興味深いです。

もちろん猫のハムレットの出番も多いのですが、前作の事件をひきずって猫なりに傷ついているもよう。
そんなハムレットを励まそうとダーラは一所懸命。
ハムレットの行動を見るうちに、彼がつんけんしていた前作より親近感を持てました。
その動作を想像するだけで微笑ましくなります。

悲しい事件は起きますが、色々な人の良さが段々と見えてきて心が温まるストーリーでした。
ダーラの周りの人間関係も落ち着くところに落ち着き、これからの方向性が見えてきた気がします。

私は先に英語で読んでみたのですが、わかりにくい表現が多かったので
きちんと翻訳されたものを読んで、ようやく落ち着けました。
あちらでは今年6作目が出るそうなので、今後のハムレットの活躍を日本語訳でも楽しみにしています。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
女性の作家さんの作品です。
ニューヨーク・ブルックリンを舞台に巻き起こる事件を、主人公のダーラ(書店を経営)、ハムレット(猫)が、個性豊かなキャラクター達の協力を借りながら解決していくストーリー。

ご自身もネコを飼われているようで、随所に出てくるちょっとした"仕草"が、分かる分かる、てちょっとツボにきます!
ハムレット君の気まぐれ?思わせぶり?な行動にハラハラさせられますね!最後の最後まで目が離せませんでした。

何気なく見過ごしていた表紙・タイトルですが、読み途中、読み終わって、ふと眺めると、お!って。
なかなか芸が細かくてらっしゃいますね!
こんなところでもほっこりさせてくれて、素敵な作品ですね。

本国では5作目まで出版されている、シリーズ物のようですね。訳者さんのあとがきの新刊情報も気になります!ロバー○貴方、何処に向かってるの??(良い意味でです)

続編とても楽しみにしてます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
書店猫のハムレットが本を落として事件を解決するというお話。

2作目とあって物語へはすんなり入っていけましたが
今回はなんとハムレットとテレパシーで意思疎通する
動物セラピストとか、
ハムレットが本を落とすだけでなく、キーボードで文字を打ち込む!!

どんどんファンタジー色が強くなってきました。

猫好きにはたまらないけれどもミステリーとしてはちょっと弱い。。。のが残念。
登場人物は魅力的なんですけどね。(ハムレットも含めて)
3 コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告