¥ 1,598
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
書けばわかる! わが家にピッタリな保険の選び方 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

書けばわかる! わが家にピッタリな保険の選び方 単行本(ソフトカバー) – 2016/11/15

5つ星のうち 4.8 20件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,598
¥ 1,598 ¥ 2,180

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 書けばわかる! わが家にピッタリな保険の選び方
  • +
  • よい保険・悪い保険 徹底見直し編 (別冊宝島 2529)
  • +
  • 【完全ガイドシリーズ154】 保険完全ガイド (100%ムックシリーズ)
総額: ¥3,077
ポイントの合計: 90pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

保険会社は営利が目的!
「保険の無料相談所」に行ってはいけない!
★☆★自分で保険を選ぶと、保険料は大幅に安くなる★☆★


保険会社の提示する保障額を鵜呑みにしない! 絶対払い過ぎ!
オリジナル計算式に書き込むだけで、
わが家にピッタリな保障額がスグわかる!

【本書にしかない お宝コンテンツ! ! 】
【1】わが家にピッタリな保障額がスグにわかる!
今の保険は、絶対払い過ぎ

【2】生活費の節約が、保険料の削減に直結!
おトクな節約テクニックが満載

【3】保険を売らない異色のFPがズバリ教える!
お勧めの保険、ダメな保険

【4】医療保険は自分でつくる!
公的保障と貯金のフル活用術

【自分で保険を選ぶ・見直すメリット! 】
保険の無料相談所や保険の販売員、代理店が保険を売ると、
保険会社から報酬として販売手数料が支払われる仕組みです。
販売手数料は保険会社や商品によって異なるため、
保険の販売員は、販売手数料の高い保険や、
必要以上に高い保障額の保険を勧める傾向にあります。
自分の家計やライフプランに合った保険を見つけるには、
自分で選ぶ・見直すことが一番となるのです。
保険選び・見直しは、本書を読めば誰にでもできます!

【本書の流れ~これ以上やさしく書けない! 】
◎保険の基礎的な仕組みや注意点を解説
~保険の全体像がわかります!

◎自身で書き込みながら保障額を算出
~家計の見直しも一緒に行います!

◎算出した保障額を基に保険を選ぶ
~お勧めの生命保険・ダメな生命保険を詳しくご紹介!

◎医療保険の仕組みや必要・不要性を解説
~入ってもいいガン保険を詳しく解説しています!

◎医療保険の代わりになる方法を教えます
~これで将来の医療費の備えは万全!

内容(「BOOK」データベースより)

“保険会社にお任せ”は絶対にダメ!オリジナルの計算式で、保険料を大幅カット!家計と保険の節約が一緒にできる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 128ページ
  • 出版社: 翔泳社 (2016/11/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4798148407
  • ISBN-13: 978-4798148403
  • 発売日: 2016/11/15
  • 商品パッケージの寸法: 26 x 18.2 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,324位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
・・の窓口」とか「・・の見直し本舗」とか複数社の保険を取り扱う業者が増えてきたが、本書はその安易な利用に警鐘を鳴らしている。これらの会社がその紹介手数料で利益を得ている以上、手数料の多い会社を積極的に販売する筈、全くの公平なんて有り得ない。というのだ。
 確かに言われてみればそうな訳で、そのことを苦切り口に各社の保険というよりは、積立保険、学資保険、終身保険、医療保険、ガン保険等の仕組み、満期返戻金の有無と損得、保険会社が利益を得る構造、契約者が損をしないポイント等を分かり易く解説している。
 特に役立つと思ったのは、現在の家族構成・収入等から。障害に必要な補償額を計算できること。書き込み式になっており各項目に記入していくと必要な補償額が計算できる。それをさらに詰めて自分が必要な保険選択の参考にできる。
 保険の本なのに、保険よりも貯蓄、節約、公的扶助の利用をしっかりと説明している点が面白い。著者は個人年金保険、ガン保険、医療保険等テレビやマスコミで大々的に宣伝している保険は進めていない。

 大規模な広告を次々と打てるのは、大きな利益があるからできること。

つまり、

 「保険料収入に比べて給付の割合が少ないということ」

納得できる。これはおススメ。
 
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 tatchan トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/12/15
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
本書は、生命保険や医療保険について、自分に合った保障額を算出して適切な保険を選択することを目的とした本です。
ついつい保険販売員のセールストークに流されて高額な保障や必要もない特約に加入してしまいがちですが、本書にはそのようなムダな保険に入らないようにする上でのポイントが、分かりやすく書かれています。
入ってはダメな生命保険の最たるものとして大手生保系があげられていますが、これは十分納得できます。
また、基本的に医療保険は必要ない、ということについても、その理由がしっかりと説明されていて同意できます。
この本では、おすすめの保険がいくつか紹介されており、保障額をそれぞれの保険にどのように振り分ければよいかを、家族構成のタイプ別に各おすすめの保険に適した保障額を「一生分の収入」から「一生分の支出」を差し引くかたちで算出して知ることができるようになっています。
これはけっこう参考になります。
セールストークに流されることなく本当に必要な保険を主体的に選択する上でとても役立つ本だと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カデレオ トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/12/22
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
保険料を払い過ぎだと実感しつつも、どう切り詰めてよいのか分からない。収入や家族構成に沿って最適な額と保険の種類を算出していく本です。
なかなか難しい本です。計算自体は難しくないのですが、この本を読んで、内容を理解していく必要があります。流し読みして、手早く答えを出せる本ではありません。だからこそ「無料の保険相談所」に駆け込んでしまう。しかし無料の保険相談所は新しい保険プランを売り込んでくるかもしれない。自分で考え、自分で選ぶことで、家庭の事情に合った最適な節約をおこなうことができると。

まずは保険の種類とその特徴を理解する。生命保険は「収入保障保険、定期保険、終身保険」。そして保険会社の経営状況をネットでチェックする(経営状況の悪い保険会社をさける)。こまかく書いてあるので、よく分かります。
夫婦で子どもがいない場合、夫婦で子どもがいる場合、子どもが18歳以上の場合、シングルマザー/シングルファーザーで子どもが18歳以下の場合、読者が独身で結婚するつもりがない場合。読者それぞれの条件についても詳細です。学資保険、個人年金型保険、三大疾病保障、女性・子ども向け医療保険、公的な医療保障、がん保険、入院、労災、そして生活費の保障についても詳しく載っています。
難しい内容ですが、役に立ちます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
生命保険を検討しており入門書を探している中で、検索上位に出てきたのが本書でした。

このジャンルは金融的なお堅い感じの書籍が多い中で、レビュー評価も高く読みやすそうな表紙とゆるい感じのパンダのイラストが目に留まりました。
正直に言ってジャケ買いです(笑)

また、著者は「保険を売らない異色のFP」と肩書があるように保険業者と消費者の中立な立場のようで、信用ができると直感しました。

生命保険というものは意外と誰にでも相談できるものではありません。

大抵知り合いの保険屋さんに丸投げされる方がほとんどなのではないでしょうか?
それでは保険屋さんの取り扱う「売りたい保険商品」を都合よく勧められてしまうだけです。

「保障内容を理解できれば同条件で保険料がもっと安い会社を選ぶことができるのではないか」と思い本書を手にしました。

全5章で構成されており、保険のキホンから、保険額の計算方法、入ってもいい保険ダメな保険、医療保険についてと
約款にあるような難しい言葉は一切無く、分かりやすい文章でイラストも多くスラスラと頭に入ってきます。

まずはこの本を読んで保険の知識を身につけて生命保険を賢く選びたいと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック