Facebook Twitter LINE
通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
書く力 私たちはこうして文章を磨いた (朝日新書) がカートに入りました
+ ¥ 300 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※ご注文の際は再度送り先のご住所(マンション・アパート名・部屋番号等)ご確認お願い致します。Amazonの商品コンディションガイドラインに基づき出品していますのでAmazon商品ガイドラインを必ず御確認宜しくお願い致します。中古品の為、折れ目、シミ、まれに書き込み等ある場合がございます。(万一の見落としはご容赦下さい)出荷は御注文日の当日or翌日出荷を目指しています。出荷日から1日~4日以内にポスト投函されます。運送会社の遅延にて若干遅れる事もございますのでご了承お願い致します。万が一届かない場合は追跡番号にて検索致しますのでお気軽にメール下さい。経年劣化商品は全体的にヤケがある場合がございますが本編には問題ありません。ISBNナンバーで管理している為ごくまれに出版社が一緒でも表紙画像と異なる場合がございます。※ご了承の上ご注文宜しくお願い申し上げます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
9点すべてのイメージを見る

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


書く力 私たちはこうして文章を磨いた (朝日新書) 新書 – 2017/1/13

5つ星のうち 4.2 28件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥ 778
¥ 778 ¥ 102

booksPMP

【期間限定】ポイントアップキャンペーン開催中

1冊でも最大8% さらに3冊以上を購入する際クーポンコード「2222」を入力すると最大15%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 書く力 私たちはこうして文章を磨いた (朝日新書)
  • +
  • 「編集手帳」の文章術 (文春新書)
  • +
  • 名文どろぼう (文春新書)
総額: ¥2,354
ポイントの合計: 104pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

ついに夢の文章講座が実現!
わかりやすく切れ味のよい文章の第一人者・池上彰さんと、
「読売新聞の一面を下から読ませる」当代一のコラムニスト・竹内政明さんが、
個性的でありながら、多くの人に読んでもらえる文章の書き方について語り合う。
構成方法、テーマの決め方、文章に必要な「部品」の探し方、
稚拙な表現からの脱出法、高度な毒舌活用術など、
職人たちが自分たちの秘技を大公開。
明日から真似できそうな二人の共通の習慣から、
高度な技術まで、惜しみなく披露しているので、
作文が苦手な人から上級者まで楽しめる。
作文の魅力がわかり、どんどん文章が書きたくなる一冊。

目次
はじめに

【第一章】構成の秘密――「ブリッジ」の作り方
●まずはテーマを決める
――テーマと自分をつなぐブリッジを見つける1
●「身近な話」には魅力がある
――テーマと自分をつなぐブリッジを見つける2
●「連想ゲーム」トレーニング
――テーマと自分をつなぐブリッジを見つける3
●結論よりも、まずは「書き出し」を
――テーマと書き出しをつなぐブリッジを見つける
●無駄を恐れない
――冒頭から結論へのブリッジを見つける1
●「部品」の種類は多めに持とう
――冒頭から結論へのブリッジを見つける2
●向田邦子のうまさの秘密
――巧みなブリッジのかけ方1
●読者に展開を予想させないテクニック
――巧みなブリッジのかけ方2
●文章に必要な「部品」は探しにくいもの
――文章と文章をつなぐブリッジを見つける1
●時には強引に「つなぐ」
――文章と文章をつなぐブリッジを見つける2
●池上式、文章構成力向上法
――かっこいいブリッジのかけ方1
●「部品」を集める感覚で、知識をストックする
――かっこいいブリッジのかけ方2
●職業病も悪くない
――かっこいいブリッジのかけ方3
●思考に「奥行き」をもたせるトレーニング方法
――かっこいいブリッジのかけ方4
●最後をちょっと緩める
――結論と読者をつなぐブリッジのかけ方

【第二章】本当に伝わる「表現」とは
●わかっていることを、わかっている言葉で書く
●ベタに書くことを恐れない
●感情は抑える
●ツッコミを先回りする
●短文の効用
●とにかく「削る」練習をする
●簡潔であることの強み
●「誰に読んでもらうか」を意識する
●好きな表現は「使ってはいけない表現」?
●なぜその本が好きななのかを分析してみる
●「控えめな表現」の効用
●「たとえ」の作り方
●「です・ます」調と、「だ・である」調の書き分け
●ことわざの使い方
●「自分」に取材する
●毒舌は名文である
●許される毒舌、許されない毒舌
●戯作者の手法
●季節感の出し方
●自分の文章は、時間をおいてから読み直す

【第三章】名文でリズムを学ぶ
●名文を「書き写す」意味
●「リズム」を身体になじませる
●「お勉強」では続かない
●家具を買い足す感覚で好きな言葉を集める
●「事実の積み重ね」で内面を描く
●「体言止め」でリズムを整える
●映画的な工夫

【第四章】悪文退治
●悪文の見本
●書きにくいことは「人に言わせる」
●「○○したいと思います」は避けよう
●「こだわる」と「片手落ち」の本来の意味
●ちょんちょん括弧は逃げの言葉
●「絆」は使いたくない言葉、「機会」は注意しなければいけない言葉
●自慢話はしない
●失敗談こそがもっとも面白い
●無理に奇をてらった話をしない

対談を終えて

内容(「BOOK」データベースより)

ついに夢の対談が実現!個性的でありながら、多くの人に読んでもらえる文章の書き方とは?わかりやすく切れ味のよい文章の第一人者・池上彰さんと、「読売新聞の一面を下から読ませる」当代一のコラムニスト・竹内政明さんは、どのようにして文章を磨いてきたのか。テーマの決め方、構成方法、稚拙な表現からの脱出法などを、惜しみなく披露する。作文の魅力がわかり、どんどん文章が書きたくなる一冊!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 208ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2017/1/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 402273700X
  • ISBN-13: 978-4022737007
  • 発売日: 2017/1/13
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.7 x 1.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 28件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 37,297位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

28件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.2

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

28件中1 - 8件目のレビューを表示

ベスト500レビュアー
2017年2月11日
Amazonで購入
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年2月14日
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年11月28日
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年3月5日
Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年3月30日
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年1月2日
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年4月15日
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年1月26日
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告