通常配送無料 詳細
通常2~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付き。全体的に綺麗な状態です。丁寧に梱包してお送りしますので、安心してご購入ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

書くインタビュー 1 (小学館文庫) 文庫 – 2015/6/5

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 583
¥ 583 ¥ 292

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 書くインタビュー 1 (小学館文庫)
  • +
  • 書くインタビュー 2 (小学館文庫)
  • +
  • 小説家の四季
総額: ¥3,218
ポイントの合計: 98pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

小説巧者に訊く前代未聞のインタビュー読本

「これは、直接会って言葉をやりとりするのではなくて、メールを用いたインタビューです。いっぱんの対面式のインタビューを『喋るインタビュー』だとすると、今回やろうとしているのは『書くインタビュー』です。いままでどおりに質問しようとしても、なかなかそうはいかない。こちらもいままでどおりに答えようとしても、そうはいかない。質問も回答も手間をかけて文章にしなければならないからです」(本文より抜粋)
小説巧者として知られる作家・佐藤正午さんはいかにして作品を“つくって”いるのか――そんな疑問を直接ぶつけるインタビューが、前代未聞の形式で実現。面とむかって話す機会はおろか事前の打ち合わせもいっさい無し、メールのやりとりのみの「書くインタビュー」はスタートしましたが……。
「はっきりさせておきます。なにがなんでも答えたい質問などこちらにはありません。僕はべつに誰かの質問に答えたくてうずうずしているわけではないのです」
まさかの聞き手交代劇にはじまり作家秘書の口述筆記も! のちにNHKでドラマ化される『身の上話』上梓直前の2009年6月から、『鳩の撃退法』の執筆準備に入る2010年12月までの質疑応答(?)を収録した第1巻。




【編集担当からのおすすめ情報】
文芸誌「きらら」連載の「ロングインタビュー 小説のつくり方」をまとめた文庫オリジナル作品です。佐藤正午さんならではの皮肉とユーモアをまじえた“回答”のなかに、創作の現場での本音も覗けます。「書く」ことに特化した異色の「文章読本」です。

内容(「BOOK」データベースより)

「これは、直接会って言葉をやりとりするのではなくて、メールを用いたインタビューです。いままでどおりに質問しようとしても、なかなかそうはいかない。こちらもいままでどおりに答えようとしても、そうはいかない。質問も回答も手間をかけて文章にしなければならないからです」作家・佐藤正午はいかにして小説を“つくって”いるのか。前代未聞のインタビューはハプニングも続出。やがて皮肉とユーモアをまじえた回答に、少しずつ創作の秘密が。『身の上話』の上梓直前から、『鳩の撃退法』執筆準備までの質疑応答を収録。「書く」ことに特化した異色の文章読本。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 235ページ
  • 出版社: 小学館 (2015/6/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4094061711
  • ISBN-13: 978-4094061710
  • 発売日: 2015/6/5
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 47,116位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 yukkie_cerveza #1殿堂トップ500レビュアー 投稿日 2016/6/16
形式: 文庫
 小学館に雇われたライターが作家・佐藤正午に創作の秘密について電子メールでインタビューしていく。その2009年6月から2010年12月までの1年半にわたるメールのやりとりで構成された書です。

 最初にメール・インタビューを委託されたライターの伊藤ことこさんは、佐藤正午の気に染まず、当の作家から「喧嘩うっているのか」と厳しい言葉を投げつけられ、ついにはインタビュアーを降板することになります。
 後任インタビュアーの東根ユミさんも同じように作家から、聞き方がなっていないとみなされ、メールのやりとりは碌に はかが行きません。

 ですが、このあたりから私は、この「書くインタビュー」が佐藤正午独特の“騙り”だなと思い定めたのです。つまり伊藤ことこも東根ユミも架空の聞き手であり、これはインタビューの体裁を借りて作家自身が作家論を語るというエッセイなのだと推し量り始めたのです。

 そんなややこしい構造の中で語られていくのは、2010年当時に掲載された小説『
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
6月30日付東京新聞のコラム「大波小波」は次のようにこの本を評している。「……画期的な本である。(中略)足かけ7年にわたって佐藤はメールで細かい質問に答えている。最初の聞き手は伊藤ことこだが、佐藤に質問の手抜かりを厳しく指摘され、メールでの連絡が途絶えてしまった。驚くべき展開、ドキュメンタリーの怖さがあふれている」

面白そうではないかと、早速読んでみた。確かに言うとおりに面白い。特に最初の聞き手降板の章は「喧嘩うってるのか」と題され、手に汗握る展開だ。が、しばらく読み進めるうちに、誰でも同じ感想を持つと思うが、「これは本当に聞き手がいてインタビューをしているのか。作者の自作自演、つまりインタビューを装った小説ではないのか」という疑問に突き当たった。そして、それはそのうちにほぼ確信に変わったのである。

それは130ページから大量17ページにわたって、2人目の聞き手・東根ユミが自分の生い立ちを語る場面にさしかかった時だ。いくら何でも、脇役とも言うべき聞き手がしゃべり過ぎではなかろうか。しかも、その生い立ちは極めて小説的(佐藤正午的とまでは言わないが)なのである。さらに小説家ともなれば、こうしたやりとり(メールでの会話)はお手のものといえる。ついでに言うなら、最初の聞き手が「失踪」してしまうあたり、いかにも佐藤正午的展開といえる。
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 凱晴 投稿日 2015/9/29
形式: 文庫
メールで質問してメールで回答する。書くことへのこだわりを感じさせる佐藤正午が回答者だけあって、やっぱり面白い。彼の小説の書き方も突き詰めると感覚論であったりするのだが、それはそれでリアリティがある。

が、一番リアリティがあるのは空気が読めない利き手の三十路の?出版社のインタビュアー。いかにも「いそう」なタイプだ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
してやられた。
天才ではないかとさえ思う。
佐藤正午という小説家が、インタビューを文章で受け答えする、そんな内容でありながら、ここにあるのは佐藤正午氏が描く佐藤正午である。
どうやら様々なところで変にネタバレしているようだが、つまりミステリー調の佐藤正午氏独特の持ち味でインタビューを書くとこうなる、というものだ。
内容も実に興味深く、そこにいるのは佐藤正午本人の小説に対する言葉なのか、佐藤正午氏の描く佐藤正午という小説家の小説に対する言葉なのか、とにかく興味深い。
読み取り方次第では、なんて非道い人なんだ佐藤正午って人は!と読まれる恐れもありながら、サラッとインタビュー形式で書いてしまう。
恐れ入ったと思わざるを得ない。
こういう手があったか、という思いと、こういうことでいいのか、という不安と、なぜかワクワクが止まらない。
どこまで深いんだ佐藤正午って小説家は。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す