通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
書くことについて (小学館文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 センチュリー
コンディション: 中古品: 良い
コメント: アマゾンコンディションガイドラインを基準に出品しております。発送は,ヤマトDM便等(ポスト投函)となります。小口等ヨゴレ使用感 表紙カバー等イタミ ヤケ有り。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

書くことについて (小学館文庫) ペーパーバック – 2013/7/5

5つ星のうち 4.3 31件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ペーパーバック, 2013/7/5
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 411

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 書くことについて (小学館文庫)
  • +
  • 書きあぐねている人のための小説入門 (中公文庫)
  • +
  • ベストセラー小説の書き方 (朝日文庫)
総額: ¥2,362
ポイントの合計: 73pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

作家自身が「秘密」を語る。待望の新訳刊行

「われわれ三文文士の多くもまた、及ばずながら言葉に意を注ぎ、物語を紙の上に紡ぎだす技と術に心を砕いている。本書のなかで、私はいかにして『書くことについて』の技と術に通じるようになったか、いま何を知っているのか、どうやって知ったのかを、できるだけ簡潔に語ろうと思っている。テーマは私の本業であり、言葉である」(本文より)
ベストセラーを次から次へと生み出す、アメリカを代表する作家が、自らの「書くことについて」を解き明かしした自伝的文章読本。作家になるまでの苦闘物語から始まり、ドラッグとアルコール漬けの作家生活を語る半自叙伝の回想。書くために必要となる基本的なスキルの開陳。いいものを書くための著者独自の魔法の技。そして「書くことと」と「生きること」を重ね合わせる作者自身の人生観まで。ひとりの作家の「秘密」がそこかしこに語られるドキュメンタリー。
2001年に「小説作法」として翻訳されたスティーヴン・キングの名著を、新たに平明で簡潔な文章で訳した新訳版。新たに巻末には著者が2001年から2009年にかけて読んだ本の中からベスト80冊を選んだリストを掲載。




【編集担当からのおすすめ情報】
本書のカバー写真は、作家カート・ヴォネガット夫人でもあるカメラマン、ジル・クレメンツさん撮影によるもので、ひじょうに貴重な著者の執筆風景。

内容(「BOOK」データベースより)

モダン・ホラーの巨匠が苦闘時代からベストセラー作家となるまで自らの体験に照らし合わせて綴った自伝的文章読本。『小説作法』の題名で刊行された名著の待望の新訳版。巻末には新たに著者が二〇〇一年から〇九年にかけて読んだ本のベスト八十冊を掲載。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 412ページ
  • 出版社: 小学館 (2013/7/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4094087648
  • ISBN-13: 978-4094087642
  • 発売日: 2013/7/5
  • 商品パッケージの寸法: 14.7 x 10.7 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 31件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 10,305位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
図書館でなんとなく興味を持って借りてきて、おもしろかったので購入しました。特にキング作品の熱烈な読者というわけではないです。
一人の人間が生まれ、作家になっていく過程が描かれていて、人生というもの、生活というものがその人独自の個性と文体を作り、オリジナリティを持つ作品へと繋がっていくことがリアルにわかった。
ずっと何かを書きたいと思っていて、いろんな小説を読んできたけど、創作は「勉強」してできるものでもない、自分の「今」を見つめること、そして「生まれてくる」ものなんだ。そんなことを感じました。
書く技術に関しては、3回リライトする(1回目は閉じて、次は開いて)や、机は小さめで部屋のすみっこにおく、というあたりがなぜか心に残りました(笑)。
この本のおかげでだいぶ書くことに対し、抵抗感がなくなった気がします。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 前半はキングの作家人生を自ら振り返る自叙伝となっていますが、「読ませる作家」らしく章ごとに気の利いたオチがどんどん読ませます。そして彼が少年時代から「キャリー」のヒットからベストセラー作家になり、薬やアルコール依存症から立ち直り、そして交通事故で九死に一生を得るまでが描かれています。
 後半はキングがどんなことに注意して文章を書くべきかを指南しています。報告書の書き方にも参考にできる部分があると思います。そして沢山書くことと推敲を十分に行うことがよい作品を書くコツであると述べています。非常にためになりました。ハウ・トゥものとしても読めますが、普通の読み物としても十分読み応えあると思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
ホラー小説家であり、映画「ショーシャンクの空に」や「グリーンマイル」の原作を書いたことでも知られる著者が、「書くことについて」書いた一冊。非常に読みやすく、味わい深い文体もさることながら、ショートエピソードの中にさりげなく登場する共通の言葉たちが面白い。

この本は、物語を書くことについて少しでも興味がある人にとって、持っていて損はない物となっている。しかし、ここに書かれている内容は、著者が長い間書き続けて積み上げてきた技術と哲学である。基本的には「たくさん読んで、たくさん書く」こと。その上で、自分の技術と哲学を見出すのは、自分自身にほかならない。

本作を読んで得られるのは、書くことに対する姿勢や考え方であり、書くことに人生を費やした一人の男の物語でもある。決して「書き方」を教えてくれるようなお手軽な代物ではないが、これを読み終える頃には「何か書いてみよう」と思わせる不思議な力を持った内容だ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 兎口 投稿日 2015/10/11
恥ずかしながら、スティーブン・キングの作品は映画でしか接したことがなく、当然に原著はおろか原作すらも読んでいない。だが、媒体を通して窺い知れなかった原作者の思想を、詳らかに書いた本が少ないのも事実であり、私はそこに関心が向いてしまった口である。

予想以上に、この本は為になった。物を書く人間への、数多くの箴言が詰まっている。筆者の個人的な「履歴書」はp133で一旦閉じられ、次ページ冒頭見開き「書くこととはー」という一文から新たな物語が紡ぎ出されていく。その様は、まるで小説を読むが如くの体験だった。

筆者は、書くこととは「ずばりテレパシー」(p137)であると言う。書いた者から読む者へ、一字一句違わず通ずるもの、本とはその点で「魔法の道具」(p138)であると語る。その他、心理的なことから技術的なことまで、多くの実用的な文言が盛り込まれているものの、評者としては「テレパシー」の一言がまさに1ラウンドKOの衝撃であった。我々は、生まれながらにして超能力者だったのだ。それも、不器用な。

書くことの困難さについては、作家であろうが企画書を作成する会社員であろうが、誰もが知っている。加えて、辛いこともあれば楽しくもある人生が、そのまま「書くこと」についても当てはまる事を筆者はユーモアたっぷりに教えてくれる。
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 昔、図書館でたまたまハードカバーを発見して読んでみたら、面白くてついつい夢中になって読んでしまった。
 それから何年もたって、また読みたくなったので今度は買ってじっくり読もうとアマゾンで検索したら、
どうやら文庫になっている模様。早速予約して買った。
 読み返してみると、やっぱりおもしろい。他のハウツー本は当然ながら小説の書き方を紹介しているのだが、本書はまず
キングが自身の半生を振り返るところから始まっている。
 小さいころから物語を作り始めたキングにとって、創作は人生であり、人生は創作だったのだろう。創作にまつわったり
まつわらなかったり、色んなエピソードがあって面白い。
またキングファンなら読んでいて「ああ、この人、キングのあの小説で出てきたキャラにそっくりだ」なんて
思い出してひそかにニヤニヤすることも。
 後半になってようやく文章の書き方について具体的なことに言及している。非常に簡単かつ明瞭なのだが、
キング氏自身も言っている通り、実際やってみると「なかなか実行できない」ものである。
 具体的に賞の取り方とか、ストーリーの作り方とかが紹介されているわけではないが、創作の本質について語られており、
非常に役に立つ。
 というよりこの本自体がもはや一つの小説だと思う。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー