¥ 720
通常配送無料 詳細
残り17点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
書きあぐねている人のための小説入門 (中公文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

書きあぐねている人のための小説入門 (中公文庫) 文庫 – 2008/11/1

5つ星のうち 3.9 75件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 720
¥ 720 ¥ 286

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 書きあぐねている人のための小説入門 (中公文庫)
  • +
  • 1週間でマスター 小説を書くための基礎メソッド―小説のメソッド 初級編
  • +
  • ベストセラー小説の書き方 (朝日文庫)
総額: ¥3,226
ポイントの合計: 99pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

出版社からのコメント

この本の一番面白いところは、「どうしたら小説が書けるか」という素朴で本質的な事柄について繰り返し説いているところです。
“小説風のもの”ではなく本物の小説を書くにはどうすべきか、著者の論点はいつもここに立ち返ってきます。

従来のマニュアル書にあるような「テーマは?」「ストーリーは?」「描写は?」「書き出しは?」といったことにも触れていて、本書の体裁は小説指南書の骨法にのっとってはいるのですが、著者の関心事はテクニック上の問題も含めて小説はいかにして小説になるのかという点なのです。

しかし、実は一般の小説家志望者が一番聞きたいのはこの点なのです。自分が書いたものが小説らしき形態を有していても小説とはされないのはなぜか。なぜうまく書けないのか。あるいはうまく書く必要はあるか。こうした根本的な問題を著者は丁寧にわかりやすく説いていきます。

●小説を書くことは何か新しいものをつけ加えることだ。
●一つの小説を書いたあと、作者は書く前より自分が高められていなければならない。
●登場人物は肯定的に書かねばならない。……

などなど、実作者が体験的に説いた“小説作法”であるだけに一つひとつ説得力があり、小説を書くことへの道が開かれていくはずです。
芥川賞作家にして、今、新作『カンバセイション・ピース』が話題の著者による画期的な“小説の書き方”です。 --このテキストは、単行本(ソフトカバー)版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

小説を書くときにもっとも大切なこととは?実践的なテーマを満載しながら、既成の創作教室では教えてくれない、新しい小説を書くために必要なことをていねいに追う。読めば書きたくなる、実作者が教える“小説の書き方”の本。著者の小説が生まれるまでを紹介する、貴重な「創作ノート」を付した決定版。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 356ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2008/11/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4122049911
  • ISBN-13: 978-4122049918
  • 発売日: 2008/11/1
  • 梱包サイズ: 15.2 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 75件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 8,952位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 小説とは、「社会化されている人間の中にある社会化されていない部分をいかに言語化するかと言うこと」。
「私たちの言葉や美意識、価値観を作っているのは、文学と哲学と自然科学だ。その3つはどれも必要なものだけれど、どれが根本かと言えば、文学だと私は思う。」
この2つのフレーズに代表されるように、著者の小説への想いは高い。しかし技法的なアドバイスも、例えば風景を書くことで書き手は鍛えられるなどと、いろいろある。
 そして最後に、既成の小説の書き方の本や創作講座の講師はテクニックや形式のことばかり教えてしまうが、それを通じて「既成の小説」という最悪の枠を小説家志望者に押し付ける結果になることに気がついていない、その著者や講師のほとんど全員は実作者ではないし実作者であったとしても優れた実作者ではない、と手厳しい。
 書きあぐねている人にも書きあぐねていない人にも参考になる内容である。芥川賞作家の目線の高さを感じた。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本は好きな方で、色んなジャンルの本を読んでいます。
サラリーマンなので、ビジネス本が多いのですが、池井戸潤氏の企業小説も大好きです。

よむ度に「こんなボリュームの小説、よく書けるな」と感動・感心する一方で、胸の奥には
「自分も1冊、書いてみたいな」みたいな思いがありました。

たまたまこの本を見つけ、評価が良かったので、購入してみることに。
ただし、この本はいわゆる「ハウツー本」ではありません。
小説とは何か? 文章を書くこととは何か? という、本質が書かれています。

小説は、とても奥が深いです。
サラリーマンが片手間に小説を書き、それがベストセラーになるなどということは、まずあり得ないと
思っています。

ただし、この本を読むことで、実際に「書くこと」が出来ます。
この本を読んだ方は、「いつか書いてみたい」と、心にモヤモヤがある方が多いと思います。
私もその一人でした。

このため、思い切って、実際に書いてみました。
そして、応募してみました。(結構「小説」って、色んな賞があり、たえず募集されています)

当然、いきなり「SF長編小説」のようなものが、書けるはずありませ
...続きを読む ›
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
まさしく、書きあぐねている一人のモノカキとして、この本を読ませていただきました。
これまでも、小説入門と銘打つ本をいくつか読ませていただきましたが、大体はストーリーの組み立て方、登場人物の作り方、風景の書き方など、書き方のハウツーを中心に書かれているものが多いです。
でも、いくら書き方を学んだところで、それは『どこかで読んだ内容』『どこかで見た表現』であって、お手本ありきの習作にすぎない。
結局出来上がったものも、創造性のない、どこか面白くないものになってしまいます。

この本で、保坂さんは、そのようなハウツーの話は一切しません。
代わりに、一人のプロの小説家として、それらの問題にどのように向き合い、力を振り絞って、独自の文章を紡ぎだしてきたかを赤裸々に語っています。
そこには、独自性のあるモノを書きたいと思っている人なら必ずぶつかるような、悩み、ふがいなさ、苦労が存在し、彼がそれをどのように乗り越えたかが、読み進めるにつれて実感できます。

モノを書きたいと思う人の、心の中のもやもやしたものに焦点を当て、彼なりの答えと考えを真正面から示す。
悩めるモノカキにとって、そんな有り難い本はめったにありません。
もちろん『書きあぐねている人』には、アマチュアからセミプロ、もうすぐ
...続きを読む ›
コメント 74人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
小説の方程式を説明してくれる本など、既に大量に読み漁った。
安価なものから、仰々しいハードカバーまで。
そしたら、その手の本はほとんど、既存のその手の本からの引用を繰り返し、使いまわされている事が解った。

この本は違う。考え方を教えてくれる。考え方を活字にして届けてくれている。これはすごい事、いや本来指南書とはそうであって欲しいのだが、それができない自称先生様の著書が多すぎて、これはすごい事になっている。

この本に書いてあるのは「考え方」だから、そのあと読み手が「考える」必要があるが、むしろそれは望むところであり、そうしたいから小説を書きたいのだ。

「この本にあるテクニックを繋いでいけば、何も考えずに小説が書けるようになるよ」という本をお望みなら、この本は合わない。そういう本のつもりで読むと、「なんだこの本は」としているレビュアーのような気持ちになるのではないかと推測する。

書きたい物が見えているのに見えない、前に進めない、書きあぐねてしまっている人には、合うと思う。
コメント 95人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー