通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
書かなきゃいけない人のためのWebコピーライティン... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 リバース
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【opp袋にてきっちり防水して発送致します】帯付きの本です。カバーに擦れキズ、ヨレ、シミ、ございます。その他は概ね良好。少しでも気持ちよく読んで頂きたい為、クリーニングしております。迅速にお送り致しますので、よろしくお願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

書かなきゃいけない人のためのWebコピーライティング教室 (WEB PROFESSIONAL) 単行本(ソフトカバー) – 2016/6/16

5つ星のうち 4.0 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 1,660

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 書かなきゃいけない人のためのWebコピーライティング教室 (WEB PROFESSIONAL)
  • +
  • 文章力を鍛えるWebライティングのネタ出しノート 日々の更新に使えるネタの考え方と書き方
  • +
  • Web文章の「書き方」入門教室 ~5つのステップで「読まれる→伝わる」文章が書ける!
総額: ¥6,112
ポイントの合計: 312pt (5%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

■キャッチも見出しもリードも自由自在!? 文才不要のWebコピー設計術
Webディレクター、ECサイト店長、企業のWeb担当者など、文章のプロではないけど「書かなきゃいけない人」のための、コピーライティング入門。
現役コピーライターである著者が、「カレー」「魔法」「看板」など、身近な例え話と豊富なイラストでWebコピーの書き方を楽しく、かみ砕いて解説します。
「見出し」「キャッチコピー」「ボディコピー」など、種類別のコピーの書き方はもちろん、困ったときのネタの探し方、トーン&マナーの設定方法など、プロが実践するノウハウも多数紹介。
オウンドメディア運営やコンテンツマーケティングに取り組む方、必読の1冊です!

■おすすめポイント
・楽しくて役に立つ! Webコピーのつくりかたを例え話で解説
・プロの現役コピーライターの視点、考え方が学べる
・オールカラー&豊富なイラストで圧倒的なわかりやすさ
・スマホ、タブレットでも本書が読める「まるごと1冊PDF」を提供

内容(「BOOK」データベースより)

キャッチも見出しもリードも自由自在!?文才不要のWebコピー設計術!コンテンツマーケティングの「書けない」悩みを現役コピーライターが楽しく解決。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 177ページ
  • 出版社: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2016/6/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048656252
  • ISBN-13: 978-4048656252
  • 発売日: 2016/6/16
  • 商品パッケージの寸法: 20.2 x 13.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 179,624位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
内容はそれなりに含蓄のあるものですが、ところどころに挟まれるユーモアというかギャグのような表現がいちいち理解の邪魔になります。

「はい、いまから突拍子もないことをいいますよ」と勿体ぶっていいながら普通の例え話だったり、織り交ぜなくてよい場所に(ドヤァ)なんて表現を挟んだり。それらがいちいち余計だと感じました。

慎重な言葉の扱いを学ぶための本でなければ、それ程気にならないのかもしれませんが‥‥
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
コピーライティングという切り口から、わっかりやすく考え方やまとめ方がかかれてます!この情報整理の仕方はWeb業界の方は特に知っておいた方がよいです。本気でオススメの一冊です!
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
全ページカラーでわかりやすそう。たぶん大変よい内容だと思います。ですが、文字が小さくて読みにくいです。文庫本より小さい文字なのでイライラします。残念。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
文章は何をもって「良い/悪い」とするかが難しい。特に、「全体的に何かが違う」という時の判断基準や、その違和感の伝え方に仕事上で困っていたので、読んでよかったです。ウェブという身近なメディアが対象だと特にわかりやすい。

この本で大事にされているのは、「人に届いて機能する文章とは何か(特にウェブで)」ということ。文章の目的に合わせて論理的に言葉を選んだり、構造をつくったり、良し悪しの判断をしていくときの、コピーライター的思考が丁寧に例示されています。全体的に余談が多いあたりも、非ライターの読者へ向けた、著者なりの"届け方"なのかなと感じました。(わたし個人は、そのあたりも親しみやすくて良かったです)「考え方」から知りたい人のための、ウェブ・ライティング入門書といった感じでした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
その名のとおり「教室」です。全10回くらいのコピーライティング教室に通う感じで読めます。
WEBに身をおく人であれば、読んで損は無い内容になっていると思いました。
ただ教室なので、1回読めばOKな内容ではないので、ざーっと読んで技術を身につけたい人はお勧めしません。
これもタイトルのママなのですが、「書かなきゃいけない人」がちゃんと勉強する為の本です。
オススメパートは「4限目のキャッチコピーの分類」「6限目のボディコピーのリライト」について。
ここから読み始めても良いくらい、興味深い内容なってます。
(というかココだけでも値段の価値はあると思う)
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告