この書籍はよりお買い得なバージョンをご購入いただけます
Kindle版を選ぶと、¥ 270 (21%) お買い得にご購入いただけます。
¥ 1,026
Kindle版
¥ 1,296
ハードカバー価格

Kindle版を選ぶと、<span class="a-color-price">¥ 270 (21%)</span> お買い得にご購入いただけます。 iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
書かずに死ねるか 難治がんの記者がそれでも伝えたい... がカートに入りました
+ ¥ 350 配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆中古商品のためキズ、日焼け、使用感等ある場合が御座いますが綺麗な状態になります。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

書かずに死ねるか 難治がんの記者がそれでも伝えたいこと 単行本 – 2019/2/20

5つ星のうち 3.8 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 881
この商品の特別キャンペーン まとめ買いで日用品等が30%OFF 1 件


booksPMP

【2冊で最大4%、3冊以上で最大8%、10冊以上で最大10%】ポイント還元

2冊を購入する際クーポンコード「2BOOKS」を、3冊以上は「MATOME」を入力すると最大8~10%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売、発送する【A】対象の日用品等と【B】ドラッグストア・ビューティー・食品・飲料・お酒・ベビー&マタニティ・ペット・ホーム&キッチン・家電・オフィス用品・おもちゃ・スポーツ&アウトドア・シューズ&バッグ・本などをまとめて購入すると、注文確定時に【A】が30%OFF。4/2(火)から4/19(金)まで。詳しくはキャンペーンページをご確認下さい。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 書かずに死ねるか 難治がんの記者がそれでも伝えたいこと
  • +
  • ヴィオラ母さん 私を育てた破天荒な母・リョウコ
総額: ¥2,700
ポイントの合計: 50pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


【本屋大賞】大賞発表!
瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』2位以下など >本屋大賞特集はこちら

商品の説明

内容紹介

政治記者の著者は、43歳のとき、膵臓がんが見つかった。
それは切除できなければ、1年後の生存率は10%以下ともいわれる「難治がん」の一つだ。

本書制作中の2018年12月末に亡くなるまで3年に及ぶ闘病中に見えた・考えた「患者」を取り巻く日々のことや政治への視点を記した連載コラムを書籍化。
ウーマンラッシュアワー・村本大輔氏との対談、
漫画家・宮川サトシ氏による描き下ろし漫画、配偶者のコラムなども収録。

すべての人に贈る「危機への参考書」となる一冊。


【第一章】 がんと私の2年10カ月

       「がんかも?」今日からできる三つのこと
       自分の病気を「取材」する
       「なぜ病気になった?」の問いに改めて考えた
       気がかりは配偶者のこと
       人工肛門をめぐる医療従事者との攻防
       底なし沼のような「三つの苦難」
       突然憎しみを覚えた「小鬼」の声
       人生の階段を降りる
       今自分は本気で生きているか
       時々訪ねてくる父とがんで亡くなった母のこと
       「これで死ぬのかもしれない」緊急入院で沸き上がった思い
       入院生活で考えた「まだ書き残していること」は何か?
       疲労感、髪の毛がごっそり抜け…
       動脈瘤破裂で緊急入院
       私は今日も「飛ぶ」のだ
■漫画「野上くんと配偶者さん」1
■コラム 配偶者として 1

【第二章】 難治がん患者として生きる
       無信心の私が「宗教の存在が無意味ではない」と思う理由
       思い立った時、自分に確かめる「俺は死ぬんだぞ?」
       「自分がなすべき仕事」とは
       40度の発熱と三つの判断
       病気からも何かを生み出せる
       がんよ、私の何を変えられた?
       「人には憐みがある」を実感した夜
       なぜ「配偶者」と呼ぶのか?
       がんになってわかった「食べる」ということの意味
       「日本人に戦争をさせるのは簡単だ」と確信した夜
       「もう食事はとれない」そう告げられて
       難治がん患者をどう生きるか
■漫画「野上くんと配偶者さん」2
■コラム 配偶者として 2

【第三章】 がんが見せてくれた景色
       連載を始めるきっかけとなった棋士の“言葉"
       「弱さ」と「強さ」
       歩けるうちに歩きたい
       「道具」としての笑顔
       ウーマン・村本さんが「ニヤリ」とした発言
       突然始めた数学と「ひっかき傷」
       減った体重35キロ、羽生選手より軽く
       病気になった政治記者が書く正解とは
       「技術」と「読者」の存在が私を支える
       なぜ「戦争はいけない」のか
       翁長・前沖縄県知事の妻への言葉
       ウーマン・村本の誘いでコメディ初挑戦
■漫画「野上さんと配偶者さん」3
■コラム 配偶者として 3

【第四章】 それでも伝えたいこと
       政治のインフォームド・コンセント
       記事を書いたら、祈る
       明日の天気は変えられないけれど
       若者に伝えたい投票の心得
       信じるのは、難病のつらさを知る安倍晋三さんだ
       茶碗の色は何色か?
       野上は目が細い
       「福島」語らない政治 報じない無関心も不正義
       政治記者として対峙した「3・11」
       政治は被災者に応えているか
       荒唐無稽な「物語」で問いかける社会の本気度
       インフォームド・コンセントの“落とし穴"
       「遺体なき殺人」特ダネの裏話
■コラム 配偶者として 4

ウーマンラッシュアワー村本大輔×野上祐対談
「言わずに死ねるか! 」


内容(「BOOK」データベースより)

切除できなければ、1年後の生存率は10パーセント以下、とも言われる「難治がん」。その一つである膵臓がんと診断された43歳の政治記者が、がんの疑いを指摘されてからの3年間に書き続けたこととは。宮川サトシ氏による書き下ろし漫画も収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2019/2/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022515899
  • ISBN-13: 978-4022515896
  • 発売日: 2019/2/20
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 33,771位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

5件のカスタマーレビュー

5つ星のうち3.8

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2019年3月24日
形式: Kindle版Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年3月25日
形式: Kindle版Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年3月6日
形式: 単行本
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
VINEメンバー
2019年3月21日
形式: 単行本
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年4月17日
形式: 単行本