曲がれ!スプーン [DVD] がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

曲がれ!スプーン [DVD]

5つ星のうち 3.6 30件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,990
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 815 (20%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ディーン・フジオカx清野菜名『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』
互いの利益のために契約結婚した御曹司と借金苦のOLが真の「夫婦」になるまでを描いたラブストーリー『はぴまり』がAmazonオリジナルドラマでスタート。毎週水曜新エピソード更新。 今すぐチェック

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 曲がれ!スプーン [DVD]
  • +
  • サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格) [DVD]
  • +
  • サマータイムマシン・ブルース 2005 舞台版 [DVD]
総額: ¥8,316
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 長澤まさみ, 三宅弘城, 諏訪雅, 中川晴樹, 辻修
  • 監督: 本広克行
  • 形式: Color, Dolby
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2010/05/19
  • 時間: 106 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 30件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00383YCZ0
  • EAN: 4988632502573
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 58,799位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

エスパーのお陰で、地球はときどき回っていたりする。

主演:長澤まさみ×監督:本広克行×原作・脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)で贈る、最高にキュートなコメディ映画!

2005年に公開され熱狂的な支持を得た『サマータイムマシン・ブルース』のスタッフが再集結!
今最も注目される若手劇作家・上田誠(劇団「ヨーロッパ企画」代表)と、本広克行監督が再びタッグを組み、ヨーロッパ企画の最高傑作戯曲をついに映画化!

【ストーリー】
クリスマス・イブ、とある喫茶店“カフェ・ド・念力”。
そこでは、1年に1度本物のエスパー達が集い、普段ひた隠しにしている自らの能力を思う存分披露し合うエスパーパーティなるものが開かれていた。
一方、超常現象バラエティ番組のAD・桜井米(長澤まさみ)は、番組企画でエスパー探しに出発!視聴者からの情報を頼りに日本全国を旅して回るがインチキばかり。
そんな米がひょんなことから、“カフェ・ド・念力”にたどり着く。
突然の米の来店に、自分達の超能力がばれてはならぬと、右往左往のエスパー達!その上、偽エスパーの存在が発覚したからさあ大変!!
果たしてエスパー達は無事米を帰すことが出来るのか!?
クリスマス・イブ、エスパー達が巻き起こす、抱腹絶倒!ミラクル超能力コメディ!!!

【特典映像】
●緊急特別番組 スクープ!!超能力者は実在した!?
●サイドストーリー 『スプーン曲がってますけど・・・』
●舞台挨拶集(完成披露試写/初日)
●予告編集

■オーディオコメンタリー 本広克行監督×ヨーロッパ企画(上田誠/諏訪雅/中川晴樹)

【キャスト】
長澤まさみ

三宅弘城
諏訪 雅
中川晴樹
辻 修
川島潤哉
岩井秀人

寺島 進
松重 豊
甲本雅裕
三代目魚武濱田成夫
ユースケ・サンタマリア(友情出演)
升 毅(友情出演)
佐々木蔵之介(友情出演)

平田 満
木場勝己

志賀廣太郎

【スタッフ】
監督:本広克行
原作・脚本:上田 誠(ヨーロッパ企画)
音楽:菅野祐悟
主題歌:「COSMIC BOX」 YUKI (EPICレコードジャパン)

(C)2009フシ゛テレヒ゛/ROBOT/博報堂DYメテ゛ィアハ゜ートナース゛/東宝/日本映画衛星放送

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督が劇団・ヨーロッパ企画の舞台を長澤まさみ主演で映画化したコメディファンタジー。超常現象を扱うバラエティ番組のダメADと、“カフェ・ド・念力”に集う個性豊かなエスパーたちが繰り広げる大騒動を描く。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

本広克行監督の「サマータイムマシンブルース(STMB)」、「UDON」に続く香川三部作とも呼べる作品。

年に一度、巷の超能力者が密かに集うカフェでのドタバタ劇。世の不思議を信じるTV局AD(長澤まさみ)は取材する度、偽者に失望させられながらもひょんな事から此のカフェへと辿り着き...。其の能力たるや、どれもせこいかったり、安っぽかったりするが、心優しい彼らは傷心の白雪姫に七人の子人の如く小さな奇跡を起こす。

劇団系の個性的な役者の旨いが空気に馴染めていない演技と、前出二作を見ていないと分からない小ネタ満載で、観る人、観る順番を選びそう。原作舞台「冬のユリゲラー」は'00年初演以来、何度も再演され完成度は高い。しかし、空気感で得られる笑いと銀幕越しとでは文法が違う。役者自身の手探り感と相まってギャグがお寒く感じられるのは其のせいだ。他メディアを映画の作法で如何に観客にお見せするかも監督の腕の見せ所。舞台と映画は別物と割り切って良い。出来、商業的共に悲惨だった前作「少林少女」の後だけに監督自身の弱気(BGMの使い方といい、ラストの見せ方といい)が見え隠れする気がした。長澤の甘ったるい、舌足らずな話し方は好みが別れるが、とてもキュートだし、もっとメインに持って来た方が良かったのではないか?其の方がクリスマスキャロル的なオチが活きたと思う。
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
長澤まさみがテレビ番組のADさん。しょぼい超能力者の出演する番組を活性化させようと全国津々浦々回っているうちひょんなことから「カフェ・ド・念力」へ。そこでは本物の超能力者たちがつつましくクリスマスの集いをやっていた…

透視能力、テレパシー、サイコキネシスなどを操るエスパー達がでてくるが、X-Menと違って見かけはいたって普通の人たちで、超人的能力をくだらないことにしか使っていないことに笑える。

ほのぼのとした気遣いや思いやりにホロリとさせる作品。あと少女の頃から超常現象を追いかけてきた長澤まさみのひたむきな可愛さが光っています。

全体の映画としての価値といえば、高いお金を払って劇場で見たり、DVDを買うほどではなく、制作費もドラマ並みだけど、まさにクリスマスみたいなほっこりしたい気分のときにどうぞ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
映画館で観ましたが、
映画でやる必要が感じられなかったし、
長澤まさみを起用した意味が無かったです。

ただ内容は好きだったので、
おそらく舞台で見る分と、
もしくはテレビで見る分には
また違った感想になると思うので やや期待。

ところで、後日談の短編は収録されるんでしょうか?
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 一色町民 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/3/6
本広監督の前作「少林少女」は駄作だったが、「サマータイムマシン・ブルース」は傑作だと思うし「UDON」は楽しかった。で、本作は駄作とまでは言わないけれどイマイチでした。

というのも、舞台劇の映画化のようですが、そのシチュエーションコメディ的な雰囲気で脇役や友情出演で有名な役者が出ているが、メインキャストは、そこそこな役者で、そこそこの演技力で文句は言いませんが、本広監督の遊び心がカラ回りして、「サマータイムマシン・ブルース」や「UDON」の引用やセルフパロディはよかったけれど、主となるコメディ部分がほとんど笑えない。(苦笑)
また、長澤まさみの舌たらずな、力の抜けた、ゆる〜い演技も、なんとも好みの分かれるところ。(これがイイときもあるんだけどね)

ベタなオチと小さな感動が本作の信条だと思いますが、そこに持ってくるまで惹きつけるネタほとんどないから飽きてしまう。期待した作品でしたが、ちょっと残念でした。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
予約してたのが届いてさっそく見ました。
ぱっとみ、メインキャスト陣は長澤まさみさん、志賀廣太郎さん以外は無名の方々なんで正直予約前は面白いのか不安でしたが、
TV告知やらタイトルにひかれて予約購入しました。

期待していた以上の面白さで、子供からお年寄りまで楽しめる暖か味ある作品だなと思いました。
AD役を長澤まさみさんは、見事な新人ADっぷりでかわいいく演技しています。
長澤まさみさんを中心に、本当にどうでもいいような王道能力ばかりではあるサイキッカー役を無名個性豊かな俳優さん方々がキュートコメディ向けに作品を盛り上げてくれます。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック