中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 《24時間以内に発送致します》漫画喫茶、レンタル落ち商品ではございません。中古商品ですので、細かい傷や焼け、汚れ等がある場合がございますが、問題なく読んで頂けます。すべて、消毒清掃・小口研磨をして発送致します。また、領収書をご要望の方は商品注文後、お取引連絡にて、ご連絡お願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

暴力恋愛 単行本 – 2002/2

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

生きてゆくのが辛かった――。
私を見て。
私を触って。

私は望まれないのにここにいる

「私のすべてを受けとめて」
心にあいた大きな穴を、あなたに埋めてもらいたい。
「好き」という気持ちが、相手をどんどん追い詰める。

自伝『生き地獄天国』著者、映画「新しい神様」主演女優、雨宮処凛の「心が痛くなる」長編小説。

内容(「BOOK」データベースより)

自伝『生き地獄天国』著者、映画『新しい神様』主演女優、雨宮処凛の「心が痛くなる」長編小説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 232ページ
  • 出版社: 講談社 (2002/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062110415
  • ISBN-13: 978-4062110419
  • 発売日: 2002/02
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,134,608位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 まずこのコピーを読んで惹かれた。
 やはり..というべきか、この主人公と自分自身を投影同一視してしまった。
この主人公みかは「恋愛依存」
 とくにこれはDVとも関係があり、アダルトチャイルドの女性の恋愛傾向にある
「Love Addiction(恋愛嗜癖)」そのもの。
 自分を見ているようでせつなくなった。
後半は宗教絡みのシーンが多いが、このBaseに流れるものはまさに、
暴力を振るわれてもしがみついてしまう人には痛く思うだろう。
恋愛依存かな?といった人には是非読んでほしいと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
久し振りに骨のある恋愛ものに出会えた。唯川恵など、あっさりとした恋愛ものが流行の中で、これはちょっと異質。本を読みながら、息苦しくなったのは、久方ぶり。体調万全にして、表紙を開いてください。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
読み進むのがとてもきつかったです。「大丈夫、マイフレンド」と、できることならば抱きしめてあげたくなりました。
あとがきに「私は人を好きになると必ずと言っていいほど、相手を追いつめてしまう。」とかかれています。リストカットを繰り返す主人公の「みか」はやっとめぐりあえた「自分の存在を認めてくれる彼」を追い詰め、互いに暴力の応酬へとつきすすんでいきます。
これでもかこれでもかと暴力をふるいあう二人。
もっと軽やかに人生をおくれないものかと、何度も本を閉じて天井を仰いでしまいました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
周りと仲良くなりたいのに、居場所を得られなかった。
自分を受け入れない周りが悪いのか、周りに受け入れられない自分が悪いのか。
自分に対して、「底なしの自信の無さ」に苦しむ人や、それ故に他者に依存してしまう人にオススメの一冊です。
私は、読んでいて苦しいというより、今まで自分の中でモヤモヤと言葉にならなかった思いが、ズバズバ言い当てられた感じで非常にすっきりしました。(^^)
10年以上前の作品とは思えません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告