通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
暴力はどこからきたか 人間性の起源を探る (NHK... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品につき、カバーに細かいスレやヨレはありますが、ページ自体には書き込みもなくきれいです。発送は日本郵便のゆうメールとなります。迅速にお届けいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

暴力はどこからきたか 人間性の起源を探る (NHKブックス) 単行本(ソフトカバー) – 2007/12/21

5つ星のうち 4.2 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,048
¥ 1,048 ¥ 419

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 暴力はどこからきたか 人間性の起源を探る (NHKブックス)
  • +
  • 「サル化」する人間社会 (知のトレッキング叢書)
  • +
  • 父という余分なもの: サルに探る文明の起源 (新潮文庫)
総額: ¥2,830
ポイントの合計: 87pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

私たちはどのようなサルなのか?

霊長類の争いと共存の姿に迫る。

出版社からのコメント

人類は霊長類から何を受け継いだか?

私たち人類は、争いの火種もその解消の術も、霊長類として進化する中で獲得してきた。
6500万年前にこの地上に登場した霊長類。彼らは<食>と<性>をめぐる争いを、それぞれの社会性をもって回避してきたのだ。
それを受け継ぐ人類は、家族という独自の社会を得るに至る。
屋久島のニホンザルやコンゴ民主共和国のゴリラをはじめ、世界中の霊長類の姿を最新の研究成果から明らかにし、人類の社会性の起源に迫る!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 244ページ
  • 出版社: NHK出版 (2007/12/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4140910992
  • ISBN-13: 978-4140910993
  • 発売日: 2007/12/21
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 86,110位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
過日、NHKの番組で、著者の山極寿一がかつてフィールドワークを行なったマウンテンゴリラのいるルワンダを20数年ぶりに再訪する番組を観た。これは感動的なものであり、ゴリラの生態と彼の地の戦争状態の不幸が密接につながっていることをわからせてくれた。こういう番組をやるのであれば喜んで料金を支払えるというものだ。ポアンカレ予想を解いたペレルマンの番組以来の感動であった。

20数年前に出会った6歳のオスゴリラは、いまやシルバーバックとして群れを率いるボスとなっていたが、彼は山極を明らかに覚えており、再会の場では山極から視線を離さない。何ということだろうか! 言葉を失ってしまった。

山極は、今西錦司、伊谷純一郎、河合雅雄らの京大の世界的な霊長類研究の伝統を継ぐ学者であると知っていたが、今回初めてその著書を読んだ。
今西の動物社会学的な仕事には、あまりにも人間社会と動物社会を直結させすぎるという気がして、ほんまかいなという感想を持っていた。
現在、その研究の成果はどのようなものとして認識されているのだろうか。その一端は本書にも見えるが、ゴリラ社会がゴリラの群れの原理を変えてしまい、それによって必然的にゴリラ個々の在り様を変えていくという当然の成り行きについて、そしてその研究が少なからず人間を照らし出すということが本書によってよくわかると思われる。

熟読に価する1冊だ。
3 コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
世界中で起きているテロを含む戦争行為を憂う著者が、霊長類学者の立場から、「人間の暴力性の起源」を論じた本。

第一章では霊長類観の歴史を丹念に辿り、ゴリラを初めとする霊長類が決して好戦的ではない事を示す。"食と性"のために巧みに共存しているのだ。第二章では、その背景として植物の進化(被子植物の繁栄)と霊長類の社会性の関連がやはり丹念に語られる。樹上生活と絡んで、"食と昼行性(捕食者への防御)"が霊長類の社会性を育んだと言う。第三章では、社会性のもう一つの要因"性"が分析される。メスの群居性にオスの集散が左右されると言う話は分かり易いし、インセスト・タブーが霊長類の世界にもあったとは驚き。いずれも観念論ではなく実例を基にした論なので説得力があり、これが本書の強みと言える。

第四章では、"食や性"の葛藤を抑えて人間が何故社会性を持ったかを、霊長類をベースに考察する。(特にオスの)優劣関係をハッキリさせるニホンザル。一方、群れの中での共存に気を配るゴリラ。チンパンジーやボノボでも食物の分配行為が見られる。各種各様であるが、性の対象の方は共有できない。様々な例が挙げられるが、メスの戦略(ダーウィン流性淘汰)が活きているように思える。そして、最終行のオス・ゴリラの(他親の)子殺しの話題から本題の最終章へ。この侵略オス・ゴリラによる子殺しは社会生態学的
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 冒頭、フィールドワークのため滞在したザイールで目撃した内戦の風景、「戦いは究極の
破壊であると同時に、究極の愛の表現でもある」ことを筆者が思い知らされるところから
この本は始まる。
 京都大学霊長類研究所の系譜を継ぐ筆者が、その研究を通じて得られた知見から、暴力の
起源を問う。
 とはいってももちろん、サルにはサルのコンヴェンションがあり、ゴリラにはゴリラの
コンヴェンションがあり、ヒトにはヒトのコンヴェンションがある。当然のことながら、
それらを闇雲に混同して、進化論あたりと乱暴に絡めて論じよう、という話ではない。

 同種の動物同士へと向けられる暴力は、「限りある資源」への競合の末にもたらされる、と
筆者は語る。
 ここで言う「限りある資源」とはすなわち、「食物と交尾をする相手」の二つ。
 こうして、食と生殖をテーマに、数多の霊長類の生存をめぐる戦略戦術競争の具体例が
フィールドワークをもとに明らかにされていく。

 人間の暴力の問題に言及するのは最終章。とはいっても、筆者の問題意識は主に家族の
起源、共同体の起源として、まさに「食物と交尾をする相手」へと向けられ、冒頭において
語られたように、愛の果ての悲し
...続きを読む ›
2 コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ゴリラが胸をたたいて威嚇する姿に驚いて人はゴリラを銃で撃つ。
ゴリラは人を攻撃しようとは思っていない。
この辺が熊だとストーリー展開に変化が生まれるかもしれないが
本質としては人間の暴力とはどこから来たかにせまります。
つまり、本当は暴力は自然界に備わっていなかったのかもしれない。。。
人間の自己防衛本能や欲望といった脳の進化がさせた暴力は、やがて同じ人間同士も攻撃の対象として奪う対象とする現象になっている。。。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー