¥ 4,536
通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
暴力の人類史 下 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

暴力の人類史 下 単行本 – 2015/1/28

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2015/1/28
"もう一度試してください。"
¥ 4,536
¥ 4,536 ¥ 3,994

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 暴力の人類史 下
  • +
  • 暴力の人類史 上
  • +
  • 暴力の解剖学: 神経犯罪学への招待
総額: ¥12,852
ポイントの合計: 388pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「偉大な啓蒙思想家の著作に優るとも劣らない自然哲学の精妙な作品・・・・しかもピンカーは天使のように書いた。」
--エコノミスト--

人類は地球上から暴力を根絶し、平和に向かうことができるのか?
人間の攻撃性を生み出す内なる「悪魔」と、暴力を回避する内なる「天使」の正体とは――。
先史時代から現代にいたるまでの人類の歴史を通観しながら、神経生物学などの多様なアプローチで、暴力をめぐる人間の本性を精緻に分析。

『言語を生みだす本能』『心の仕組み』『人間の本性を考える』などで知られる心理学の世界的権威が、
これまでの知見を総動員し、壮大なスケールで大胆な仮説を提示する、未来の希望の書! !

ニューヨーク・タイムズ ベストセラー! !

内容(「BOOK」データベースより)

にわかに信じがたいかもしれないが、私たちは人類史上最も平和な時代に生きている。日々世界で起きる紛争・殺戮の報道を尻目に、じつは暴力は日に日に減っているのだ―。人類史の膨大な例証と、意識進化の仮説から導き出された、暴力の減衰は平和の招来という驚くべきヴィジョン。7000年の歴史を駆け抜ける前代未聞の知の冒険。人類の未来に向けた希望の書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 700ページ
  • 出版社: 青土社 (2015/1/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4791768477
  • ISBN-13: 978-4791768479
  • 発売日: 2015/1/28
  • 商品パッケージの寸法: 20 x 14.2 x 4.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 135,470位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
下巻は、上巻からの流れではなく、まず権利革命についての章で始まる。子供の権利として「子殺し」の歴史的事実と変遷についても掘り下げられている。
子供に対して、親はどういう位置づけをしていたか。生まれながら原罪を背負っているという考え方があった時代は躾として体罰は当然というより、与えれば与えるほどきちんと成長するという社会通念があった。女子が生まれると間引くのも公然と行われていた。児童虐待の防止も、信じがたいが動物からの類推によってだったという事実。児童保護を専門に扱う法律は存在してなかったため、ケースワーカーたちは全米動物愛護協会に連絡したのだった。そのほか人種差別、レイプ、同性愛者の権利、動物虐待の減少についても深い知力とデータ、資料により言及されている。最後まで非常に興味深い内容で、読者はこれからの思考過程に影響を受けると思う。2012年の上梓だったため、それからの3年間に起きた変化をどう捉えているか伺いたい気持ちになった。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
人類史において、暴力(差別も含め)は次第に減っており、20世紀は稀に見る非暴力の世紀だということを詳細に記述した本である。ピンカーはこのことはすでに『人間の本性について』でも述べており、その本格記述である。そもそも「進歩史観」というのがあり、人類は近代以降よくなっていると思われていたのが、日本だけでなく、20世紀は大量虐殺の時代だといった言説が広まったのでそれへの反駁となっている。
 ただし・・・。「その通りだ」とすぐに思う人が、全部読み通す必要があるかといえば疑わしいし、もう信仰のごとく「20世紀は暴力の時代だ」と嘆くのが癖になっている人が、こういう本を読み通して考えが改まるかというと疑わしい、そんなディレンマを抱えた本でもある。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
下巻には、引用する。
「レイプはアマゾン川流域の部族社会や、ホメロス時代のギリシャ、中世ヨーロッパ、
百年戦争時のイングランドでも普通のことだった。(中略)
また、軍事侵攻のあとにレイプがなされるのは世界共通で、第一次大戦時にドイツがベルギーに侵攻した時も、
第二次大戦時に日本が中国に侵攻し、ロシアが東欧に侵攻した時にも、
バングラディッシュ独立戦争時にパキスタンが現バングラディッシュに攻め込んだ時も同様だった。」

とあるが、ピンカーがアメリカの戦争性犯罪について触れないのは卑怯だろう。

レイプで妊娠する確率は5%だとしているな。
つまり、セックス、交尾で妊娠する確率は5%だと考えればよいのだろう。
和姦だともっと確率は増えると思うが、これは実際の統計からでた数字だ。

日本の妊娠サイト「卵の育成向上委員会」のサイトには、妊娠する確率は25%~30%だとしているが、
どちらが信用できる数字なのかはわからない。排卵期に交尾すれば80%の確率で妊娠するそうである。

テレビゲームにおける文化について語られているな。
ゲームの中では人を殺すことも、町を滅ぼすこともあるが、レイプだけはなぜかないのだという。<
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ここまでの情報からいないことになっている人物の定義が何なのかが解明可能なのだ
つまりエリートサドとジョーカーである
エリートサドとジョーカーを紹介すると歴史教育にとって困ることがある事を意味している
エリートサドを紹介するとは(人間は恐竜に対し無条件服従しなければならない)という話をすることを意味する
これはバカの存在意義の正体を打ち明けることになるからできないだけに話である
そう(人間は動植物に対し無条件服従しなければならない)こそバカの行動原理であり
(動植物によって開発された人類)こそバカの正体だということを意味している
つまり(バカの存在否定)を意味する試みであるエリートサドの紹介ができないことこそ
(学校経営と歴史編纂は動植物が行っている)の証拠なのである
次にジョーカーについて、ジョーカーを紹介するとは(ヒエラルキーの否定)を試みることを意味する
これを試みると歴史教育にとって困ることがある事を意味している
(ヒエラルキーの否定)とは(恐竜と動植物に忠誠を誓わなくていい)を意味する試み
これを試みると歴史学者にとって困ることがある事を意味している
その答えの手がかりこそエリートサドの紹介を歴史学者は行っていないことである
これは(動
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告