¥ 5,400
通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
暴力と社会秩序:制度の歴史学のために (叢書 制度... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

暴力と社会秩序:制度の歴史学のために (叢書 制度を考える) 単行本 – 2017/3/21

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2017/3/21
"もう一度試してください。"
¥ 5,400
¥ 5,400 ¥ 4,372
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 暴力と社会秩序:制度の歴史学のために (叢書 制度を考える)
  • +
  • 協力する種:制度と心の共進化 (叢書《制度を考える》)
  • +
  • モラル・エコノミー:インセンティブか善き市民か
総額: ¥14,040
ポイントの合計: 422pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

制度学派の巨匠ダグラス・ノース 最後のメッセージ

近代の政治経済のシステムが必要な条件とは何か。世界の学界で論争の続く大テーマに長年の研究成果を注ぎ込み、新たな地平を切り開く。

内容(「BOOK」データベースより)

暴力を独占する国家はいかにして成立したのか?近代的な政治・経済システムの成立の条件に暴力の制御という観点から迫った論争的な書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 426ページ
  • 出版社: エヌティティ出版 (2017/3/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4757142323
  • ISBN-13: 978-4757142329
  • 発売日: 2017/3/21
  • 梱包サイズ: 22 x 15.2 x 3.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 193,819位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
著者たちによれば、過去には3つの社会秩序しか存在しなかった。狩猟採集社会と1万年前から存在した自然国家(脆弱な、基本的な、成熟した、の3類型にさらに分かれる)、そしてアクセス開放型社会である。歴史上あるいは現在でも、ほぼ全ての国家は自然国家すなわちアクセス制限型国家であり、アクセス開放型国家は西欧の一部の国、合衆国、オーストラリア、日本などしかなく、しかもこれらの国家も成熟した自然国家から19世紀以降に成立した新しい社会なのだ。ここで言うアクセス制限とか開放とは、社会の政治と経済のリソースに対してアクセスできる度合いの違いをさしている。本書は、自然国家の歴史と内在的論理、そして成熟した自然国家からアクセス開放型社会への移行過程を論ずるものであり、副題である”制度の歴史学のために”が最も良く内容を表している。暴力の問題は、概念枠組みの基礎にある訳だが、明示的には分析の主要な内容ではない。

自然国家は、首長ないしビッグ・マンの集団が成長した物だが、その内実はエリートの支配連合であり、アクセス制限型政治・経済により発生したレントを分配することで成立している。そこでは、パトロン−クライアント型の属人的ネットワークで政府は運営されていて、現在の視点で見ると単なる汚職にまみれた政治としか見えないが、それ
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す