中古品
¥ 67
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■ご注文通知から1営業日以内に発送。■水ヌレ、ヨゴレ、キズ防止の為、エアキャップまたはクッション封筒に入れて発送いたします。■万が一、こちらの商品説明及びガイドラインで認められている範囲以外に不良点がございましたら送料及び商品代金を全額返金いたします。■商品の状態 【カバー】多少のキズ・ヨゴレあり。【本体】多少のライン引き又はカキコミあり。【付属品の不足】問題なし。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

暮らしに生かす旧暦ノート 単行本 – 2005/8/19

5つ星のうち 4.6 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 4,844 ¥ 67
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

旧暦は、美しい自然をうつし、四季の移ろいを知らせてくれる。
暦の専門家である著者が日本人の美意識を育んだ旧暦の成り立ちから日本の習わし、現代の暮らしの中で感じる雑感まで縦横無尽に綴る。
旧暦好きなら、必読の1冊!

著者からのコメント

「こよみのページ」というWebサイトを開いていて、そこでの解説や寄せられた質問への回答などから生まれた本です。
とかくイメージ先行で語られることの多い旧暦ですが、誤解の上に成り立った「旧暦礼賛」ではなく、旧暦と新暦の関係、旧暦となじみ深い月との関係を通して正しい「旧暦」を知って欲しいと思って書いています。
後半は、東京で暮らす中で感じる様々な季節の様子を私なりに切り取って綴った「かわうそ日記」風のエッセイとなっています。

寝そべって気楽に読んでいただけたら幸いです。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 240ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (2005/8/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4309280277
  • ISBN-13: 978-4309280271
  • 発売日: 2005/8/19
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 502,106位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
 今日は何の日? こよみのページからヒントを得て購入した1冊です。
 [...]

 想像していたよりずっと科学的でちょっと難しかったですが、旧暦とは?は勉強になりました。もう少し通俗的なものを期待したんですが。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
最近注目されている『旧暦』についてのいわばトリビア本です。

知らなくても困らないけど、知ってるとへぇ〜って言ってもらえる暦や月に関する雑学がいろいろ。

このテの本にはただ雰囲気と風流さだけで誤魔化した、あまり内容の無い本も多いのですが、これは天文学的な方面から暦に入っていったという知識の豊富な著者が書かれただけあって読み応えがあります。

この本を読んで旧暦に対して持っていた様々な疑問と根本的な誤解が解消しました。

後半の日記(?)部分も著者の優しいお人柄が垣間見えて好感が持てます。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
題名に惹かれて読み始めました。

アウトドアの雑誌で、旧暦と自然生活を扱うものを読んでいましたので、日々の生活や自然現象と旧暦との関わりを期待して読んだのですが、その内容は少ないです。アウトドアに関する内容でもありません。

期待したものとは違っていましたが、初めて知ることがたくさんありました。恥ずかしい話ですが「上弦、下弦の月の名前の由来」「閏月のできかた」「旧暦は太陽太陰暦である」など、知っていたつもりで知らないことも多かったです。きちんと旧暦とそれに関わる事柄について知ることができます。

著者の鈴木さんは暦に関するたくさんの知識をお持ちですが、月や惑星の軌道の計算といった方面から入っていかれたようです。そして、それが旧暦をつくるのには必要なのだということもわかりました。

本書の構成を簡単にあらわすと「旧暦の話」「月の話」「季節感あふれる日記」「雑学コラム」というものです。構成上の都合なのか、同じ話が何度か出て来たり、後で詳しく述べられる言葉が先に出て来て分からないことがあったり、文末の表現が意識的に変えてあったりと、何冊かに分けて出版したらよかったのかなと思いました。たくさんの内容を一冊に濃縮してしまって、ちょっともったいなく思います。

その分、どこから読んでも楽しめるでしょう。
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この種の本にしては、旧暦の仕組みについて詳しく書かれており、内容が論理的で分かり易かったです。
欲を言えば、旧暦というと季節感とか年中行事と結びつけられる事が多いためでしょうか、著者の季節感に対する感想のような日記のような部分が半分程度を占めていますが、これは別冊にでもしていただいて
本書は旧暦の仕組みの解説のみに終始していただければ、他の旧暦本と比較して特色がより強く出るのではないかと思いました。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告