中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 表紙本文ともにキレイな状態です。中古品のため若干の使用感がある場合もございますが何卒ご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

暗黒大陸中国の真実 単行本 – 2004/7

5つ星のうち 4.6 58件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944 ¥ 1,392
単行本, 2004/7
¥ 1

この商品には新版があります:

暗黒大陸 中国の真実
¥ 1,944
(58)
在庫あり。
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

出版社からのコメント

 サッカー・アジアカップでの反日感情の激しさを見て、改めて中国という国の不可解さを感じた人は多いと思います。

 この本は、アメリカの青年外交官が赴任した中国で見聞きしたことをまとめたもので、原著の出版は70年も前のことです。ところが、それを知らずに読んでいると、今の時代の話かとカン違いしてしまいます。発売後1ヶ月の間に読者から寄せられた感想の大半は、「昔も今も中国は全く変わっていないではないか」というものです。

 タウンゼントが伝えようとした「中国の真実」とは、それは驚くべき内容です。詳しくはお読み頂くとして、盛りだくさんのエピソードから読みとれる著者の中国観は「絶望的」の一語に尽きます。とくに、「個人から国家レベルまで平然と嘘をつく体質と、それを恥じない傲慢さ」が許し難かったようで、「アジアの問題児は中国」とまで言い切っています。

 21世紀に入り、驚異の発展を遂げている中国とどう付き合うかは日本にとって大きな課題です。民族性・歴史観の違いをきちんと受け止めつつ、相手がどういう国かを正しく認識するためにこの本は最良のテキストになることを自信をもっておすすめします。とくに、政治家・官僚、そしてビジネスの第一線で中国とコンタクトされている方々は必読です。

内容(「BOOK」データベースより)

戦前の日本の行動を敢然と弁護し続け、真珠湾攻撃後には、反米活動の罪で投獄されたアメリカ人外交官がいた!元上海・福州副領事が赤裸々に描いた中国の真実。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 314ページ
  • 出版社: 芙蓉書房出版 (2004/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4829503459
  • ISBN-13: 978-4829503454
  • 発売日: 2004/07
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 58件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 644,302位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
仕事でよく中国に行くのですが。どうもテレビで見る光景、新聞や雑誌で目にする状況が現実の私の眼に映るものと、とことんかけ離れていまして。疑問に思っていたところにこんな本と出合いました。まさにこれだよコレ。と思っていたらなんと70年も前のことって。今となんら変わりありません。これから中国人と付き合う人、この本の端から端までを頭に叩き込んでください。
コメント 235人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
まず上海の乞食サンパンの実情から衝撃的である。中国人の性質は今日に至るまで全く変化・成長が見られない。平気で嘘をつく、借金は平気で踏み倒す、愛国心は勇ましいが誰も自ら武器をとり戦わない、恩を仇で返す、世話になった宣教師を平気で殺害する、アヘンまみれで、パンがほしいがために表向きのキリスト教徒への改宗をする(宣教師の説教を聞き「キリスト教はいい話じゃのう」でおわり)。人間としての情というものが全く欠落している。これはサンパンや地方農村の貧農から役人、完了、将軍、軍閥のボスまで共通している。彼らをかばい続け、真実を伝えず中国を美化し続けたのが宣教師やパール バックのような偽善者だ。今日の日本のマスコミにも通ずる現象だ、外国人を政府が主導して殺害し、民衆を扇動して略奪行為に駆り立てる。義和団事件も南京事件も数年前の上海・北京の反日暴動も同じ現象だが、情けないことに日本人や米国人も対中認識においては変化がない。
 相変わらず「中国人て素敵ですね。強くたくましく立派な人間なのですね」とパール バックのように称賛する馬鹿ものがマスコミや政財界で後を絶たない。兵士、ゲリラを問わず、女と見れば犯し、せっせと虐殺と略奪に励む。これは70年前の中国ではない、今日もウイグルやチベットで継続しており、さらに中国的残虐行為はアフリカ諸国にまで輸出されていることを考えると、今日のほうが日中戦争当時よ
...続きを読む ›
コメント 85人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
70年前の中国、および中国人のムチャクチャなところが山ほど述べられている。
思わず笑ってしまうほどだ。しかも、それらは現在もまるで変わっていないのがすごい。
「中国人」はいつまでたっても「中国人」、というわけだ。
折りも折(2004.8)、サッカーアジア杯での露骨な反日行動に、さすがに多くの日本人がムッときた。日本の大陸侵攻に反日の原因を求める言い方が主流であったが、この本を読めば中国の反日・侮日は彼の国の処世術であることが判る。
満洲事変・支那事変など起こらなくても彼らの反日は存在し続け、それは国の体制を問わず「中国」があるかぎり必要なものなのだ。
特に面白かったのが宣教師について述べた部分である。中国人にとことん酷い目に遭いながらも中国・中国人を美化し持ち上げなければならない白人宣教師たちの立場と事情。
この原著が出た4年後の南京攻略戦で、南京残留の白人宣教師たちがこぞって日本軍を悪人に仕立て上げた事情も見えてきて興味深い。
アメリカでは数年前に復刊された。現代でも通用する対「中国・中国人」のよい参考書と考えられたと思われる。
今や日本も中国を無視する立場はとれない。「中国人」は「中国人」、そういう連中なんだ、と諦めてお付き合いするしかないようである。
まあ、因果な隣人を持ったものである。
コメント 394人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 十九世紀前半、ある宣教師は驚くべき光景を目にする。車数台に生身の人間が積まれ、手の甲が釘で車に打ち付けられていた。役人は説明した。ある村で盗みがあった。全員捕まえればその中に犯人がいる。それで連行した、と。周りの中国人は誰もそれを不自然と思っていなかった。彼らは自国民である匪賊、盗賊、強盗、軍閥兵士、国民党軍兵士、役人から、略奪され、足を叩き切られ、虐殺され、強姦されていた。義和団事件や一九二六年の南京虐殺では外国人が標的になり、略奪、放火、射殺、負傷を負わせられ、強姦され、侮辱行為を加えられた。
 本書著者は、一九三一〜三年、上海と福建省で米副領事を勤めた。日米開戦後、日本擁護姿勢ゆえに米国で逮捕投獄される。中国人とは誰か?普遍性ある特徴は何か?彼がありのまま過激に書いたのは次の通りだ。残忍、平気で嘘をつく、敵の心を読み弱点に付け込む、他人を信用しない、責任感がない、金がすべての現実主義、口先だけの道徳、感謝をしない、宗教に精神性を求めない、恩を仇で返す、賄賂漬け、人類共通の人情がない、大義に殉ずる心がない。
 宣教師は不思議にも中国人に迎合した。中国人の暴虐に最も苦しんだのは他ならぬ宣教師なのに。ミッションスクール校舎は放火された。焼いたのは同僚中国人や教え子だ。中国に生涯を捧げた女性宣教師二人が「帝国主義者の手先」として拷問のうえ殺された。辛亥革命以降の
...続きを読む ›
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー