通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
暗殺教室 19 (ジャンプコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

暗殺教室 19 (ジャンプコミックス) コミック – 2016/4/4

5つ星のうち 4.7 25件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 暗殺教室 19 (ジャンプコミックス)
  • +
  • 暗殺教室 20 (ジャンプコミックス)
  • +
  • 暗殺教室 21 (ジャンプコミックス)
総額: ¥1,296
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

殺せんせー最終暗殺が始動! その計画は国家という枠組みを超えて秘密裏に進められていた。急変する事態の中でE組の生徒はどんな選択をするのか!?



登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 集英社 (2016/4/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088806514
  • ISBN-13: 978-4088806518
  • 発売日: 2016/4/4
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 25件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
表紙は殺せんせーの怒りのカラーのブラックですが、この巻も楽しい巻です。
前半が最後の思い出作り、後半はバトルへと突入していきます。

殺せんせーの過去編以降の展開は、全て週単位で決められていて
決まっている展開を決めているとおりに、最後の味付けをして連載していたそうなので、
前巻の思い出作り(バレンタイン騒動)同様、どこか予定調和感があり、
学園物特有の想定外感が少ないので、楽しげでも寂しげに見えるところありますが、
それがこの作品の大きなテーマでもあるようなので、その寂しさもまた良し。と思いました。

それから、おまけのページのカルマの足許に置いてある物の付け足しと
にせ律のその後に笑ってしまいました。にせ律はテスト回にしか登場しませんが、
こういうおまけを読むと、重要な補欠メンバーだなぁと思いました。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
努力・友情・(常人発想の斜め上の)勝利、というジャンプ漫画の要素を
いろいろ厳しい昨今、なんで全部詰め込めたのでしょう。
個人的には作者の物語構築能力(膨らませ方とネタの詰め込み方のバランスを破裂寸前に保ち続ける能力)かと思います。
ブラボーといいたいのは確かなのですが、ジャンプがこのくらい「地に足のついたぶっ飛び方」をするために、
また日本がそういう国であり続けるために、作者にはもうちょっと頭の中身を見せてほしい気がします。
ネウロと暗殺教室のコアは「日本人なら死ぬほど努力すれば身に着けられる」気がするのです。
そこまで努力する気がない国になったら、もう仕方ないですが。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 BT_BOMBER トップ500レビュアー 投稿日 2016/4/4
形式: コミック
前半は前巻から続いて進路や思い出作りの話題が続きますが後半からバトルに突入。
合間のページではっきり「最終章」と書かれていますが、
最後の敵になるであろうシロたちとの戦いはまだ描かれていません。

学校に閉じ込められた殺せんせーに会いに行く流れは
囚われのお姫様を助けに行く冒険モノのような印象を受けました。
伝説の傭兵として登場したホウジョウが噛ませ犬な扱いになってるのはちょっと不憫。
彼、この後の出番は無いんでしょうか。

生徒達の成長がはっきり示されていますが、彼らをサポートする先生達や理事長など、
大人の教育者達もカッコイイ巻だったと思います。
特に自分の立場でやれることをやった上で後は生徒に任せる烏間先生。
ビッチ先生に対しても生徒から「大事な先生」という言葉が出てきたり、
節々に生徒と先生達(もちろん殺せんせー含む)の信頼関係の強さが垣間見えるのが良いです。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 DayBreak 投稿日 2016/4/9
形式: コミック Amazonで購入
前巻は決戦前夜といった感じでしたが、
今回はいよいよ最終決戦が始まります。

以下ネタバレが多いので、本誌を読んでいない方はご注意を。

【修了の時間】
 前巻で、「先生」という自分の目標に気付いた渚。
 彼の教育の先駆けであるさくらちゃんへの指導も、
 この巻で完成を見ます。
 そして、その目標を、担任の先生に打ち明ける。
 これによって「殺しの力を、誰かの為に使う」という作品テーマも、
 殺せんせー・雪村先生から次の世代に受け継がれたといえるでしょう。

【刺客の時間】
 この巻の山場は、やはり
 傭兵の「クレイグ・ホウジョウ」との戦いです。
 カルマ君が、一目で烏間先生より強いと見抜くなど、
 登場時から作画演出等でも、只者ではないオーラがギンギンでした。

 実際の戦闘でも、暗闇の中で麻酔弾をキャッチする等、
 明らかに人間とは思えない強さです。
 実際に戦うと言うか、渚達が「暗殺」する際も、
 必殺技フルコースを喰らってもKOされないあたり、
 普通の人間としては最強でした。

【自尊の時間】
 これまではプライドも
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
まさか暗殺教室で泣くとは思わなかった。この作者の社会風刺はすごいなあ
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック