通常配送無料 詳細
残り15点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
暗夜行路 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 使用感やいたみ等が多少あります。●中古品のため経年によるいたみや使用感がある場合がございます。●全品簡易クリーニング済み。●ゴミが少なくなるようシンプルな防水ビニール包装です。●通常、ご注文から1~2日以内には発送させていただいております。●ポスト投函なので、不在でも受け取れます(ただし商品の大きさとポストのサイズによって例外あり)。 ■付属品がある場合には、その旨を明記しております。説明に無いものは付属しないものとお考えください。●Amazonの登録状況によってはカバーデザインが異なる場合があります。●不具合がありましたら対応いたしますのでご連絡ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


暗夜行路 (新潮文庫) 文庫 – 1990/3/19

5つ星のうち3.4 33件のカスタマーレビュー

その他(9)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
文庫
¥961
¥961 ¥55

booksPMP

2冊で最大6%(期間限定)、3冊以上で最大8%、10冊以上で最大10%ポイント還元

2冊を購入する際クーポンコード「2BOOKS」を、3冊以上は「MATOME」を入力すると最大6~10%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 暗夜行路 (新潮文庫)
  • +
  • 小僧の神様・城の崎にて (新潮文庫)
  • +
  • 和解 (新潮文庫)
総額: ¥1,987
ポイントの合計: 21pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

ひとは過ちをどこまで、赦せるのだろう。
不義の子・謙作の魂の昇華を描破した、日本近代文学の最高峰。


祖父と母との過失の結果、この世に生を享けた謙作は、母の死後、突然目の前にあらわれた祖父に引きとられて成長する。鬱々とした心をもてあまして日を過す謙作は、京都の娘直子を恋し、やがて結婚するが、直子は謙作の留守中にいとこと過ちを犯す。
苛酷な運命に直面し、時には自暴自棄に押し流されそうになりながらも、強い意志力で幸福をとらえようとする謙作の姿を描く。用語、時代背景などについての詳細な注解を付す。

著者の言葉
讃岐へ旅行をして屋島に泊った晩、寝つかれず、色々考えている内に、若しかしたら自分は父の子ではなく、祖父の子ではないかしらという想像をした。(略)
翌朝起きた時には自身それを如何(いか)にも馬鹿々々しく感じたが、私は我孫子で今は用のなくなった書きかけの長篇を想いながら不図(ふと)この事を憶(おも)い出し、そういう境遇の主人公にして、それを主人公自身だけ知らずにいる事から起る色々な苦(くるし)みを書いてみようかと想いついた。この想いつきが『時任謙作』から『暗夜行路』への移転となった。(「あとがき」)

本書「解説」より
時任謙作という人物の大きい魅力は、にもかかわらずという生活の意志に尽きる。「直子を憎もうとは思わない。自分は赦す事が美徳だと思って赦したのではない。直子が憎めないから赦したのだ。又、その事に拘泥する結果が二重の不幸を生む事を知っているからだ」――これが謙作の決意である。作者は、人間の過失をできるだけ軽く考え、また、不幸に拘泥することを避けようと努めている。これは武者小路実篤などにも通じる生き方だと思う。白樺派一般に共通するものである。
――荒正人(文芸評論家)

目次
暗夜行路前篇
暗夜行路後篇
あとがき
注解 遠藤祐
暗夜行路について 荒正人
年譜

志賀直哉(1883-1971)
宮城県石巻町生れ。学習院高等科を経て東京帝国大学文学部中退。在学中に武者小路実篤、里見弴、有島武郎、柳宗悦らと同人雑誌「白樺」を創刊。自我の絶対的な肯定を根本とする姿勢を貫き、父親との対立など実生活の問題を見据えた私小説や心境小説を多数発表。1949(昭和24)年、文化勲章受章。主な作品に『和解』『城の崎にて』『暗夜行路』など。



登録情報

  • 文庫: 640ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1990/3/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101030073
  • ISBN-13: 978-4101030074
  • 発売日: 1990/3/19
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.5 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 33件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 35,702位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち3.4
評価の数 33

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

33件のカスタマーレビュー

2015年2月24日
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2007年2月25日
Amazonで購入
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年3月14日
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年2月17日
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年11月24日
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年4月10日
Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年7月23日
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年4月12日
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告