この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

暗号解読―ロゼッタストーンから量子暗号まで 単行本 – 2001/7/31

5つ星のうち 4.6 76件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,808 ¥ 266
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

 『フェルマーの最終定理』に続き、世界的ベストセラーとなったサイモン・シンの話題作『The Code Book』の邦訳。 暗号は古代から重要な情報を安全に伝達する手段であったが、絶えず解読の危険性をはらんでいた。本書は、暗号とその解読にまつわる歴史上のドラマをひも解きながら、暗号の重要性と進化の歴史について語っている。

   英国女王エリザベス1世暗殺に関する暗号文書が破られ、処刑されたメアリー・スチュワートの事件をはじめ、レオナルド・ディカプリオ主演の映画『仮面の男』(原作はデュマの『鉄仮面』)にも出てくるフランスの鉄仮面に関する文書、埋蔵金のありかが示されているという謎の「ビール暗号」、第1次世界大戦、第2次世界大戦の様相を変えた暗号解読者たちのテクニックなど、読者の知的好奇心をくすぐるトピックが数多く登場する。暗号が我々の歴史にいかに大きな影響を与え続けてきたのかがよくわかる。

   転置式暗号、換字式暗号といった単純な暗号化の方法から、複雑なヴィジュネル暗号、エニグマ暗号、単純だが決して破られることのなかったナヴァホ暗号のほか、ヒエログリフ、線文字Bなど、数多くの難解な古代文字や表記が、暗号解読者たちの血のにじむ解析努力と併せて詳述されている。

   本書では、読者がこれらの暗号を実際に作ったり、解読したりしながら読み進めていくことができるよう工夫されている。パズルや謎解きが好きな読者はもちろん、歴史の裏側をのぞいてみたい読者や考古学ファンにとっても興味深い1冊である。(土井英司)

メディア掲載レビューほか

暗号解読 ロゼッタストーンから量子暗号まで
暗号技術は解読技術とのせめぎ合いを通じて高度に発展してきた。その歴史的経緯と未来の動向をひも解く読み物。カエサル暗号,ヴィジュネル暗号,暗号機械エニグマ,公開カギ暗号,量子暗号などを追う。


(日経インターネットテクノロジー 2001/09/01 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 509ページ
  • 出版社: 新潮社 (2001/7/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4105393022
  • ISBN-13: 978-4105393021
  • 発売日: 2001/7/31
  • 梱包サイズ: 20 x 14.5 x 4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 76件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 38,580位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
分厚い本ではあったがとても面白かったので一気に読んでしまった。暗号の本と言うとインターネットのセキュリティーを思い浮かべる人も多いと思うが、この本ではむしろ暗号自体の面白さや発展の歴史を綴っている。と言っても後半になると当然インターネットに使われている暗号の話も出てくる。
暗号に関する様々なトピックが並んでいるがそのどれもが非常に読みやすく、おもしろい。それぞれの話のスケールが大きく、歴史を変えてしまうような重大な事件の裏側で行われていた情報戦争が生々しく再現されている。歴史をおって展開して行くので、本の後半に行くにしたがって徐々に暗号のレベルも上がって来る。しかしながら無理なく理解しながら読めるように非常に注意深く構成されているし、暗号の本質をついた説明がされているので暗号が複雑になっていっても無理なく理解して読み進めれる。
暗号は、その歴史の始めのころのものは数学者が作った物ではないのでパズル好きの人ならば解読法を考え出す事もできるはずだ。そういう意味でも知的好奇心をかきたてられる。インターネットを使っている人ならばクレジットカードの番号など本当に秘密を守られているのか心配な人も多いはず。この本を読み追えるころには秘密を守っている基本原理が理解できるようになっている事だろう。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
暗号について扱った本をそんなに読んだわけではありませんが,この本は絶対にお薦めの本です。著者のサイモン・シンは自身物理学者で非常に明晰な頭脳を持った方のようですが,知識をひけらかすような所はみじんもなく,とにかく読んでいて全く飽きないのが驚きです。それは,単に「この暗号はこういう仕組みである」と述べるのではなく,「なぜその暗号が生まれたのか,それに関わった人達の人生ドラマはどうだったのか,そしてその結末は!?」ということを,深く掘り下げているからです。まるで小説を読んでいるかのように,暗号の歴史がよく分かります。暗号にロマンを感じる人,ぜひともご一読下さい。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
暗号はミステリと相性がよい。
そもそも、ポー「黄金虫」が暗号小説だ。
本書は暗号の歴史的流れと意義を、それをめぐるエピソードや理屈を紹介しながら、一般的に解説したものである。
科学読み物としてとても面白い。

特に、暗号のからむエピソード部分が、非常に面白い。
これは、著者の文章によるものと、訳文によるものとの相関のたまものであろう。
ビールの暗号のエピソードなどは、宝物がからむと真剣度が上がるものだということで、なかなか楽しく読んだ。
政治的な思惑のからまないエピソードはリラックスして、一方、政治的な暗号のパートには、思わず姿勢を正したりして、緊張度の違う読み方となった。
そのくらい、内容にのめり込める。

ただし、暗号の解読というか解説部分は、時代を経るのに従って難しくなる。
段々と理解するのに時間がかかり、最後には理解を放棄したくなった。
だから、時間に余裕のあるときに、ゆっくりと読むことをオススメする。
じっくりと読んで、暗号という迷宮にドップリと漬かればよい。
テンポ良く読める文章と、暗号をめぐる緊迫感のマッチングで、心地よい時間を過ごせることは間違いない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
もともとは、暗号の勉強をしなくちゃならない状況になって仕方なく買っただけの本だったんだけれど、あまりにおもしろくてたちまち夢中になってしまった。おすすめです。

構成としては、暗号の発展の歴史を段階的に追っていくなかで、暗号の理論が自然に学べてしまうように書かれている。古い暗号がいかにして破られ、それに対抗してどのように新しい暗号がつくられてきたのか。そういう、暗号に関わる歴史上の事件の話とか偉人列伝みたいなのをわくわくしながら読み進めるうちに、はじめは原始的な文字置き換え式の暗号とかの話だったのが、終わりには、現状では最強である量子暗号の理論にまで辿りついてしまう。ぼくなんかは、頭のいい奴が新たな暗号方式を考え出すたびに「こんなすごい暗号、絶対に破られっこないぞ!」と毎回(愚かにも)思ってしまうんだけど、でもそのたびにもっと賢い(あるいは執念深い)奴がでてきて、そいつをやすやすと(あるいは苦労に苦労を重ねて)破ってしまうので、ああ世の中には何と恐ろしい連中がいることよ、それにひきかえ……とため息をついてしまうのだった。でもそのため息は、とても爽快なため息なのだ。

盛り込まれているエピソード自体も、もうめちゃくちゃにおもしろい。古代文字の執念の解読。ドイツによる驚異の暗号機械エニグマと、それに挑戦した(せざるを得なかった)弱小国ポーランドの
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー