暖房器具の選び方ガイド

 

暖房器具は、機能として「対流式(空気を暖める暖房方法)」 と 「輻射式(暖房器により発せられた熱が当たる事で温まる暖房法)」に大別され、燃料は「ガス」 「灯油」 「電気」 の3種類に区別されます。

これを基準に設置場所や用途によって使用する暖房器具が異なります。この選び方ガイドをご参照頂き、お部屋にピッタリの寒さ対策にご活用ください。


比較表

対流式暖房

空気を循環させて、部屋全体を暖めます。そのため、即暖性は輻射式には劣るものの、リビングなど一定の空間の暖房には優れています。
ただ、温風により空気を循環させるため、使用場所の空気清浄対策も考慮に入れてください。

輻射式暖房

足元など暖房器具の周りだけを暖めます。即暖性に優れており(一部除く)、小型のものが多く、寝室/脱衣所/子供部屋などの比較的狭い空間での暖房に最適です。
広い場所では対流式と併用することで、より一段と寒さ対策が可能となります。

伝導式暖房

発熱体に接した部分を暖めます。比較的安価で、電気代などのランニングコストが安く、空気の対流が無いため、ほこり等が舞い上がりにくい特徴があります。
発熱体から離されると暖かさは失われてしまうため、お部屋全体の暖房にはなりません。

上記3種に大別されますが、暖房器具によっては こたつ のように「輻射式」と「伝導式」というように、2つの特徴を持ち合わせる器具もあります。


暖房効率を高める為に
暖かい空気は、お部屋の上に溜まりやすい特徴を持っています。風を対流させる暖房器具もありますが、 サーキュレーター を使うと、効果的に部屋全体の空気を対流させられます。

暖房生活でも快適空間
ただでさえ空気が乾燥する季節。お肌の乾燥対策や病気予防には、ストーブにヤカンもいいですが、 加湿器 の使用がおすすめです。

加湿だけでなく、風邪・ハウスダスト・そして来る花粉対策をお考えの方に
矢印 加湿機能付 空気清浄機


セラミックヒーター

【メリット】
●安全性が高い
●速暖性が高い
●加湿器機能などの付加機能が充実している

【デメリット】
●電気代が高くつく
●広い部屋には適さない


石油ファンヒーター

【メリット】
●速暖性が高い
●部屋全体を暖める能力が高い
●光熱費効率性(コストパフォーマンス)が高い

【デメリット】
●灯油を補給したり購入するための手間がかかる
●定期的な換気が必要
●灯油独特のにおいがある
●停電時は使用不可


ガスファンヒーター

【メリット】
●速暖性が高い
●部屋全体を暖める能力が高い
●石油ファンヒーターと比較して燃料を補給する手間がかからない
●石油ファンヒーターと比較して嫌なにおいが少ない

【デメリット】
●初期コスト(工事費)がかかる
●経済的効率性で見れば石油ファンヒーターの方が高い
●定期的な換気が必要
●停電時は使用不可


オイルヒーター

【メリット】
●部屋全体があたたまると快適
●空気を汚さない
●安全性が高い

【デメリット】
●電気代が高くつく
●部屋をすぐに暖める能力は低い(温まるまで時間がかかる)


電気ストーブ

【メリット】
●速暖性が高い
●機器代金が安い
●空気を汚さない

【デメリット】
●消費電力が大きいので長時間使うと光熱費が高くつく


石油ストーブ

【メリット】
●部屋全体を暖める能力が高い
●対流と輻射熱の両方を活用した効率的な暖房器具である

【デメリット】
●灯油を補給したり購入するための手間がかかる
●定期的な換気が必要
●灯油独特のにおいがある
●ファンヒーターと比較して部屋全体が温まりにくい


ハロゲンヒーター

【メリット】
●速暖性が極めて高い
●機器代金が安い
●空気を汚さない

【デメリット】
●ホコリがたまると火事になる恐れがある(こまめな掃除が必要)
●ランプの原理を利用しているので発熱面が眩しい(ぎらぎらする)
●消費電力が大きいので長時間使うと光熱費が高くつく


カーボンヒーター

【メリット】
●空気を汚さない
●他の電気式ストーブと比較して効率が良い
●熱の届く範囲が他電気ストーブよりも広い(遠赤外線量が多い)

【デメリット】
●長時間の使用は電気代が高くつく
●機器代金が他の電気ストーブと比較して高い