通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
暇と退屈の倫理学 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 見た目キレイで、中に書込み、線引きはなく、中古本としては良好です。十分な検品をしてから出荷していますが、まれにチェック漏れによる書込や欠品がある場合がございます。その際はご連絡頂ければ対応を致しますので、ご連絡ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

暇と退屈の倫理学 単行本(ソフトカバー) – 2011/10/18

5つ星のうち 4.1 38件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 261

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 暇と退屈の倫理学
  • +
  • なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか (文庫ぎんが堂)
  • +
  • すべてはモテるためである (文庫ぎんが堂)
総額: ¥3,384
ポイントの合計: 199pt (6%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

【朝日新聞やニューヨークタイムズのインタビューで注目を浴びる気鋭のスピノザ研究者が、「3.11以降の生き方」を問う。は
つ剌と、明るく、根拠をもって「よりよい社会」を目指す論客のデビュー。

何をしてもいいのに、何もすることがない。だから、没頭したい、打ち込みたい……。でも、ほんとうに大切なのは、自分らし
く、自分だけの生き方のルールを見つけること。

■すごい思想書
「読み進めるうちに、あぁ、こんなところに生きる意味があったのかと、一度人生をリセットしたような、そういう気分にさせてく
れる本です。震災以降の現在ならなおさらです。[…]ありとあらゆる意味や関係にこんがらがってるであろう現実を一旦均
してしまうような、まさにリセットするような実に晴々として爽快な内容」――鈴木成一氏(マトグロッソ「鈴木成一 装丁
を語る。」#36より)。

※ブログにて、「序章」を読むことができます。ぜひ「朝日出版社第二編集部ブログ」で検索してみてください。

[序章「好きなこと」とは何か?より抜粋]
資本主義の全面展開によって、少なくとも先進国の人々は裕福になった。そして暇を得た。だが、暇を得た人々は、その
暇をどう使ってよいのか分からない。[…] 我々は暇のなかでいかに生きるべきか、退屈とどう向き合うべきか。

著者について

國分功一郎(こくぶん・こういちろう)
一九七四年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。高崎経済大学経済学部准教授。専攻は哲学。著書に『スピノ ザの方法』(みすず書房)、訳書に、デリダ『マルクスと息子たち』 (岩波書店)、コールブルック『ジル・ドゥルーズ』(青土社)、ドゥルーズ『カントの批判哲学』(ちくま学芸文庫)、共訳として、デリダ『そのたびごとにただ一つ、世界の終焉』(岩波書店)、フーコー『フーコー・コレクション4』(ちくま学芸文庫)、ガタリ『アンチ・オイディプス草稿』(みすず書房)がある。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 402ページ
  • 出版社: 朝日出版社 (2011/10/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 425500613X
  • ISBN-13: 978-4255006130
  • 発売日: 2011/10/18
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.8 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 38件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 120,623位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 nacamici トップ500レビュアー 投稿日 2012/12/31
形式: 単行本(ソフトカバー)
20世紀は豊かになって「好きなこと」ができるようになった人々があまり幸せでもなくて、実は「好きなこと」じたいもよくわかっていなかったという驚愕の事実にみんなが気が付いた時代であった。21世紀は豊かになって「長生きできる」ようになった人々があまり幸せでなくて、実は「長生きしてしたいこと」もよくわかっていなかったという驚愕の事実にみんなが気が付く時代になるだろう。『暇と退屈の倫理学』はそんな時代に備えるための振りかえりであり、試みだと思う。『暇と退屈の倫理学』というタイトルに反して、まったく退屈せず一気に読めた。

著者はラッセルやガルブレイスを引いて現代人の置かれた状況を次のように分析する。資本主義が比較的うまくいっていた20世紀、一部の先進主義諸国は、それまでは王侯貴族の生活に匹敵するほどの快適な生活を庶民まで享受できるほどの富を生み出し、人々が労働以外の活動に費やせる時間も劇的に増えた。これは人類史上なかったできごとなので、人々は手にした金と暇でさあ何をしようかと迷ってしまった。そこへ産業文化ビジネスがご親切にも「これが楽しいことですよ」「こういうことがしたかったんでしょう」と手を差し伸べ、金をせしめていく。なんでこんな倒錯したことになっているのかというと、人間は退屈を嫌うから。暇をもてあますことによる不満や不安を、商品として提供される娯楽で解消しようとする。
...続きを読む ›
3 コメント 117人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
とっても楽しく興味深く読めました。
結論から言えば、「退屈に気がつきつつも、なんとか生きる」のが
進むべき人の有り様っていうことのようでした。

それについては特に異論はなく、オウム心理教の信者のように
光り輝く未来やら生きる強い意味やら戦うべき敵やらがいる人生は
さぞ満ち足りたものだろうと思いますが、それがどれだけ他者を痛めつけないと
成り立たないものかってのもわかります。

あとやたらめったら勉強会とか自己啓発とか交流会とかに血道をあげている
変わらなきゃが合言葉のビジネスマンも「できる仕事人」という消費パッケージに
踊らされている人だってのもわかる。そういえば決断とか好きですよね、あの人たちは。
ああいう風が、第一形式の人なんでしょうか。

本書の結論である「贅沢」「衣食住を楽しむこと」というのは、
今の時代に行き着いてしかるべきところだと感じましたが、
それでも現代人が苦しいのは、そんな「物をしっかり受け取る暮らし」すら
消費物件として金に変わっていくんですよね。暮らしの手帖とかリンネルとか。
パッケージ化されたナチュラルライフ、あらかじめ先回りして提案されるライフスタイル。
...続きを読む ›
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 ,本書を興味深く読ませていただきました(星4つ)。その前提の上でのコメントです。
 國分氏は,本書で,ハイデガーの思想,特に「退屈論」(「形而上学の根本概念」)を主な材料として評価・批判しながら自分の考えを順々に説き,著者が重要だと着眼した<暇と退屈の'倫理学'>について詳細に述べています。
 ハイデッガーの次に引用が多いのは,ラッセル(の著書)からです(特に本書 pp.49-67)。ただし引用は,『幸福論』のみからであり,本書のテーマに直接関係のある,ラッセルの『怠惰への讃歌』からは皆無です。國分氏は,ラッセルの『幸福論』を評価もしていますが,この本の結論から考えれば,重要なのは批判しているところだと思われます。
 そこで,スペースの関係で,その部分について,1点だけコメントさせていただきます。詳細は下記ページをご覧いただければ幸い
  http://russell-j.com/cool/kankei-bunken_shokai2014.html#br2014-2

 國分氏は,ラッセルの『幸福論』(あるいはラッセル思想や人間性)について,誤解や思い込み(なかには,意図しない?曲解)が少なくないように思われます。ここでご紹介したい國分氏の『幸福論』の誤読は,幸福になるための条件の一つである「熱意」に関するラッセルの記述
...続きを読む ›
1 コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
初めてレビューします。
この本の第五章が、自分の心の中のモヤモヤとがっつりヒットしたので、つい書きたくなりました。

「暇が嫌」でガツガツ働ける会社に就職して、自ら仕事に没頭してきたら、いつしか仕事の奴隷となってしまっており、今度は時間の経過に焦る日々。一分一秒が惜しい。一分一秒がもったいない。
あの仕事を終わらせなきゃ。あの勉強しなきゃ。ご飯食べなきゃ。早く寝なきゃ。

しかし、幸いにも、そんな日々は長く続かず、社会人3年目を迎えると、仕事にも少し余裕が出てきて、今度は時間とお金を少しずつ持て余すようになる。普通なら、ここから贅沢に走るとか、更に仕事に精を出すのかもしれないが、欲望や勢いに身を任せたことはしたくなくて、それらの行動は取らなかった。そうすると、今度は、就職前に感じていた「暇が嫌」という感情がまた戻ってきた。

大震災から一年経ったこともあり、その「暇」を利用して「人生で本当に大切なことってなんなんだろう」とバカ正直に自問自答し続けた(もちろん今も)。自分の心と徹底的に向き合い続けていると、今度は、自分の中にある可能性に目が向けられるようになった。というよりは、目を向けるしかなくなったのかもしれない。この自問自答の日々は、よくわからないが本当に苦しかった。そして、自分自身を生ききるために、
...続きを読む ›
1 コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー