通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
景気ってなんだろう (ちくまプリマー新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 本のやまやま
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 多少経年ヤケ中古感イタミがあります。おおむね問題ありません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

景気ってなんだろう (ちくまプリマー新書) 新書 – 2008/10

5つ星のうち 4.3 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 景気ってなんだろう (ちくまプリマー新書)
  • +
  • 日本経済を学ぶ (ちくま新書)
  • +
  • 経済学を学ぶ (ちくま新書)
総額: ¥2,570
ポイントの合計: 70pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

景気が良くなったり悪くなったりするのはなぜなのだろう?アメリカのサブプライムローン問題が、なぜ日本の経済に影響を及ぼすのか?景気は悪いのに、どうして物価が上がるのだろうか?デフレとは?日銀の役割とは?景気変動の疑問点をわかりやすく解説する。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

岩田/規久男
1942年生まれ。東京大学経済学部卒業、同大学院修了。現在、学習院大学経済学部教授。深く確かな理論に裏づけられた、幅ひろく鋭い現状分析と政策提言はつねに各界の注目をあつめている。著書に『昭和恐慌の研究』(編著、東洋経済新報社、第47回日経・経済図書文化賞受賞)他多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 175ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2008/10)
  • ISBN-10: 448068798X
  • ISBN-13: 978-4480687982
  • 発売日: 2008/10
  • 商品パッケージの寸法: 17.1 x 11 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 242,076位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
 日本は「失われた10年」という長期停滞にあり、ようやくここ数年「景気回復」を経験していた。しかし最近のエコノミストたちの予測では、すでに日本は不況局面に嵌っており、政府もようやくその事実を渋々認めた。サブプライム危機やこれから起るであろう世界不況に先んじて、日本はすでに景気悪化を経験しているのである。それが世界不況によってよくなることはありえず、一段の悪化が今後予測される。

 だが日本の「景気回復」でさえ実感できるものではなかったのではないか?

 「経済格差」(都市と地方、大企業と中小企業、そして正社員と非正社員との所得格差)は深刻になってきたといわれ、そして「景気がいい」といわれている業種や企業で働いていた人たちでさえ、「自分の懐はそんなに暖かいのだろうか、むしろ石油や食料品の高騰でますます生活が苦しくなっているだけだ」と思っていただろう。

 もちろん「景気が悪い」といわれている業種や企業、そして非正社員の人たちはさらに深刻だろう。なんでこんな実感のない「景気回復」が起きてしまったのだろうか。そして実感のないままいまや日本は不況に陥り、それがさらに今回の世界不況で深まるかもしれない。だがどれだけ悪化するのかだろうか? 不安は尽きない。

 このように日本の景気をめぐる問題は、今日の経済問題の多
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
以下の、おおよそ押さえるべき点が新書で収められている。

 景気とは何か。企業の設備投資の重要性。外需頼みの日本経済における、海外の景気と為替と日本経済との連動性。GDPと賃金の連動性。デフレが不況を伴う理由。財政政策と金融政策。インフレ目標政策の有効性と、OECD加盟国で例外的な金融政策を運営する日本銀行。などなど。

 新書ということで本の値段も安く、コストパフォーマンスも高いという優れた良書。この本から著者が巻末で薦めている本を読み進んでいくのもいいと思う。あるいは王道のスティグリッツ、マンキュー、クルーグマンの教科書に進んでいくのもいいと思う。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
マクロ経済学の視点で経済を見る目を養うのに適した一般向けの入門書です。20ページほどにまとまった「わかりやすい話」7本に序章と付論を添えて、連作短編のようにまとめられています。ですます体の語り口調で書かれており、比較的短時間で読み通せるでしょう。

細切れの知識を提供することに主眼を置いた本ではないので、一連の文章の展開に重きが置かれ、図解はほとんどありません。また事実の提示から論を起こす本でもないため、主張の裏付けとなる事実を示すグラフの数も絞り込まれています。キーワードはゴチック体で強調されているものの、索引はありません。

本書は通読して理解を深める読み方に最適化されており、つまみ食いをしたり、後で調べ物に役立つようには書かれていません。どちらかといえば漠然とした「景気」への興味を満たす本といえます。以下、本書の内容を簡単にご紹介しますので、知りたいことが書かれているかどうかの参考にしてください。

序章:マクロの景気とは国内総生産の変化である。
第1章:景気変動の最大要因は設備投資である。
第2章:最近の景気・金利・価格・外需の動向などに基づく将来の予想が設備投資を決める。
第3章:海外の経済成長と日本の輸出増(=設備投資増)には相関がある
第4章:海外直接投資の増加により企
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
景気って循環するものなのね、というのが分かる本です。
最近は、循環の波が少しおとなしくなってきたような感じです。
成熟社会ということでしょうか。
高度成長期の華やかな世界は再び来るのでしょうか。

3種の神器という表現がよく利用されますが、
高度成長期は、テレビ、冷蔵庫、洗濯機
つぎは、カラーテレビ、自動車、エアコン
最近は、フラットテレビ、PC、ゲーム機?
食洗機やIHクッキングヒーターなんかも候補かもね。
将来は、ロボット、ソーラーパネル、発電・蓄電池なんかもはいるか。
このように、技術的イノベーションによる景気循環がコンドラチェフで、
最も長い周期を生み出すようですが、最近は結構短いパターンもあるかも。

あと、DIやCIの指数のミカタについても述べています。
結構参考になるかも。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告