この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


普通の家族がいちばん怖い―崩壊するお正月、暴走するクリスマス (新潮文庫) (日本語) 文庫 – 2010/3/29

5つ星のうち3.0 10個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
文庫
¥1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

いま、日本の食卓が激変している。223世帯を対象に実施された「フツウの家族の実態調査」が顕かにしたのは、破滅する食習慣と歪な親子関係だった。元日の朝ひとり菓子パンを食べる子供、大学受験生の息子にサンタクロースを信じさせる親。バラバラの「恣意」をリベラルな「自由」と錯覚する、ノリ重視の家族の実態とは―これまで誰も言及しなかった、まったく新しい現代家族論。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

岩村/暢子
1953(昭和28)年、北海道生れ。法政大学卒業。広告会社アサツーディ・ケイ200Xファミリーデザイン室長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 発売日 : 2010/3/29
  • 文庫 : 284ページ
  • ISBN-10 : 4101305617
  • ISBN-13 : 978-4101305615
  • 出版社 : 新潮社 (2010/3/29)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.0 10個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.0
星5つ中の3
10 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2018年1月5日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年4月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年10月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年7月10日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2010年10月18日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
VINEメンバー
2011年8月24日に日本でレビュー済み
77人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2010年6月10日に日本でレビュー済み
88人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2010年4月20日に日本でレビュー済み
24人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告