¥704
残り2点(入荷予定あり)
Kindle版は今すぐお読みいただけます。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
晩鐘 下 (文春文庫) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


晩鐘 下 (文春文庫) (日本語) 文庫 – 2017/9/5

5つ星のうち5.0 6個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
文庫
¥704
¥704 ¥1
無料配送: 明日 詳細を見る
最も早いお届け日: 本日
5 時間 39 分 以内に注文した場合.
詳細を見る

この商品はセット買いができます
『晩鐘 上下巻セット』 こちらをチェック
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 晩鐘 下 (文春文庫)
  • +
  • 晩鐘 上 (文春文庫)
  • +
  • 新装版 戦いすんで日が暮れて (講談社文庫)
総額: ¥2,112
ポイントの合計: 71pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

辰彦は第一回文藝賞を受賞。新しい事業も起ち上げ、毎日上機嫌だった。しかし、杉にとって辰彦はいつしか「ヘンな人」になっていた。案の定、辰彦の会社は倒産、原稿料欲しさに書いた小説で、杉は直木賞を受賞、娘を抱えて必死に生きた。当時の文学仲間はもう誰もいない。枯淡の境地で、杉が得た答えとは。畢生の名作、誕生。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

佐藤/愛子
大正12(1923)年大阪生まれ。甲南高等女学校卒業。戦後「文芸首都」の同人となり小説を書き始める。昭和44(1969)年「戦いすんで日が暮れて」で第61回直木賞を、昭和54年「幸福の絵」で第18回女流文学賞を受賞。平成12(2000)年、父の作家・佐藤紅緑、異母兄のサトウハチローを始めとする佐藤家の人々の凄絶な生の姿を描いた大河小説「血脈」の完成により第48回菊池寛賞を受賞。平成27年「晩鐘」で第25回紫式部文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 発売日 : 2017/9/5
  • 文庫 : 296ページ
  • ISBN-10 : 4167909200
  • ISBN-13 : 978-4167909208
  • 出版社 : 文藝春秋 (2017/9/5)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 6個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
6 件のグローバル評価
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2017年10月13日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2020年10月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入