中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

時間・空間・人物 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) コミック – 2006/7/25

5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • コミック
  • 出版社: 一迅社 (2006/7/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4758052409
  • ISBN-13: 978-4758052405
  • 発売日: 2006/7/25
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
光が打ち切り(?)と思われる終わり方をしてしまって残念だったところで、

キターーーー!という感じです。

軟禁なんてテーマで、やっぱり命とか、愛とか描いてて、でも理想じゃなくて。

有り得ないのに…いや、非日常なのにやけに生々しい凛野 ミキworld全開な…

光とは違いグロい要素もなく、どちらかというと感動できます

…まぁ、適当な言葉が浮かばないんで感動で誤摩化してるんですが(苦笑)

読後に何か残る作品だと思います。

ギャグもいいですが、なんだかもうこれぞ凛野 ミキ作品!という気分ですねvvv

…もっともこの後【冥界噺】読むんで、そっちでもこれぞ!とか言っちゃうかもしれませんがw
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
凜野ミキ先生が「自主軟禁」を愛して描かれた短編集(4編収録されています)です。
誰も強制なんてしていない、出られるのに出られない、出たいのに出たくない、そんなお話達です。

凜野先生ならではの作品ですね。人間の中に潜む狂気というか情といいますか…。
人の心の昏さを表現するのがとても上手な作家さんだと思います。

内容は大まかに、
「復讐の巻」 彼女を殺された高志(たかし)は殺人犯の晃一(こういち)を自室に招き入れ前代未聞の復讐にとりかかる…。
「病院の巻」 高志は仕事を頑張り過ぎていると友人の創一(そういち)に強引に入院させられる。其処で弟の晃一に出会うが彼の過去には…。
「純愛の巻」 あるアパートに引っ越した、童話作家に憧れる高志。隣の部屋に住んでいたのは、ナルシシズムを究極の純愛という晃一がいて…。
「期待の巻」(描き下ろし)
晃一と付き合う事の叶わなかった高志は「キミを遠くから見つめ続ける」とよく判らない事を言うが…。
といった感じですね。

全体のお話で出て来るキャラクターの名前や顔は全部同じですが、お話は繋がっていません。
全くの別人とお考え下さいね。
ほんの少しですがBL表現も出て来ますので受け付けない方はご注意
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
私は、凜野先生の冥界落語とクラブクライムが好きで光をかいましたが、

光はグロくて合いませんでした。これは系統的に光に近いと思います。

光よりグロさは落ちますが、前二者の様なギャグを期待している人には

お勧めできません。ダークさが好きな人にはお勧めです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
「光」の作者の作品ということで読んでみましたが、そこまでどろどろした人間性の話でもなくがっかりでした。

……BL耐性のない人間にはおすすめできないし。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック