通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
時間はどこで生まれるのか (集英社新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

時間はどこで生まれるのか (集英社新書) 新書 – 2006/12

5つ星のうち 3.9 42件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 713
¥ 713 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 時間はどこで生まれるのか (集英社新書)
  • +
  • 時間は実在するか (講談社現代新書)
  • +
  • 空間の謎・時間の謎―宇宙の始まりに迫る物理学と哲学 (中公新書)
総額: ¥2,484
ポイントの合計: 77pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazonランキング大賞 2016上半期】入賞発表!
和書総合は『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』 が堂々の1位。 和書総合ランキングへ

商品の説明

内容紹介

目からウロコの画期的な時間論、登場!
なぜ過去は変えられないのに、未来は未知であるのか? どうして時間は過去から未来へ流れていると感じられるのか? 相対論や量子力学などの知見を踏まえつつ、素朴な疑問に答える刺激的な時間論。

内容(「BOOK」データベースより)

なぜ時間は過去から未来に流れるのか。なぜ過去は定まっているのに、未来は未知なのか。相対性理論や量子論などの物理学を踏まえたうえで、こうした素朴な疑問に答える時間論は、これまで殆どなかった。現代物理学の知見を考慮しなかったり、日常の感覚を無視して議論していたためである。本書は、科学が明らかにした時間と空間の本質を基本としながらも、人間が日常的に感じる時間の性質を解き明かそうと試みる。人間的時間と物理学的時間を統合する、目からウロコの画期的な時間論。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 188ページ
  • 出版社: 集英社 (2006/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087203735
  • ISBN-13: 978-4087203738
  • 発売日: 2006/12
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 42件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 121,649位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
イギリスの哲学者マクタガートのA,B,C三系列の時間分類を縦糸とし、相対性理論、量子力学のなかで現れる時間性あるいはエントロピー増大の法則といった知見を横糸として紡ぎながら、ついには「時間の起源」に迫ろうという物語である。

時間のルーツをたどる旅を記述したとも言える本書の内容のうち、時間生成前の導入部は私のような凡人にとって非常に啓発的で興味深いものであった。特に「量子力学的世界では時間を含めた物理量が存在しない」とか、「相対性理論上、時間と空間の関係はちょうど実数と虚数の関係にあたる」などの個所には、無知をさらけ出すようで恥ずかしいが、感心させられた。
ただし、この本のクライマックスである時間生成の段になると、話がだんだんに怪しくなってくる印象を強く持った。すなわち、「自然選択の圧力が、機械から自由意志を持つ存在へと、生命を進化させた。」だとか「生きる意志は進化の過程の中から生まれた」などの記述はフィクションというより著者のメルヘンではないかと思わせるものであった。本書がせっかく「時間の起源」という魅力的な主題に迫っているので、もう少し論を熟成させてから、われわれ凡人に示してほしかった、少し残念な気がする。
1 コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
「時間とは何か」という問いに、これまでありとあらゆる人智が挑んできた。
ある人は哲学の徒として。またある人は物理学の徒として。
本書はこれまですれ違ってきたこれら二つの学問を架橋し、「時間はどこから生まれてくるのか」ということを探求した意欲作・・・になるはずなのだが。

筆者によれば、そもそも量子の世界、つまりミクロの世界には空間も時間も存在しないわけで、時間というのは我々の主観的事実として初めて現れる。ではその主観としての時間はどこで生まれるのか?本書はそれを、万物を支配するエントロピー増大の法則の不可逆性から、無秩序への移行にあらがう生物の「意志」の存在を見出す。

どうも筆者の導き出したこの「意志」の存在という結論、一言で言うなら「意外とふつうやな・・・」といったところだろうか。

僕のような物理科学の門外漢(高校の時19点をたたき出し、そうそうにその道をあきらめました)からすれば、筆者がだしたこの「マクロ世界における時間の生成の秘密」よりも(つまり筆者自身による哲学と物理学を融合した思索よりも)、「ミクロ世界における時空の不在」という、物理学者にとってはきわめて常識的な事実のほうが遙かに魅力的に見えてしまったわけだ。

本書の構成は、20世紀の相対論と量子論の誕生によって「ミ
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
本書の筆者によれば、量子力学にせよ相対性理論にせよ、現代物理学の知見では「時間は物理学的に実在しない」というのは当たり前のことであり、それに基づかない「時間論」などナンセンスであるという。

「時間は実在しない」という点においては、「空間と時間は直観の形式である」と喝破したかのカントは正しかったのだ。
それは人間が世界を認識する仕方、枠組みであって、この世界に「もとからある」ような何かではない。

結論からいえば、「時間」とは生命としての人間が進化の過程で獲得した「世界と関わるためのツール」であり、
それはかつてハイデガーが「現存在の本質は時間性にある」と語ったのとまさしく一致する。
過去を背負い、未来に向かって自らの可能性を投げかけていく、という現存在の「先駆的」なあり方は、まさに「時間」によって可能となるからである。

熱力学的に不可避であり、かつ不可逆であるエントロピーの増大に必死で逆らい、生命を維持しようとする存在にとって、最も便利な世界把握の方法が「過去から未来に向かって時間は流れ、それは決して元に戻らない」というものなのである。

とまあ、結論的には割と穏当な(?)ものかもしれないが、その議論の前提で「現代科学の知見では時間は実在しない」ことを
実にわかりやすく解説してくれる本書の前半部分は非常に面白く、ためになった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
この文字数でこれだけの内容を語れるとは・・驚きです。

前半は、後半著者が語る時間創造論を理解するのに必要な
物理学および哲学の基礎概念などについて明快に解説。
特に相対性理論のツボをわずか数ページで一定レベルまで解説している
のには感心しました。

私は量子系の波束の収束(波動関数)に関して多宇宙論的解釈を
支持していますので、著者とは反対の立場となりますが
それでも、「そういった考え方もあるなー」と思わせる
一定の説得力のある持論が展開されてます。

いずれにしても、宇宙(実在)を織りなす重要な構成要素として
「生命の意志」を捉えることには異論がありません。
多宇宙の存在を証明するために量子コンピュータの基礎理論を
構築した(といわれている)あのデイビッド・ドイッチェでさえ、
同じことを言ってますものね・・。
実在の本質に迫るには、物理学、哲学(認識論)、生物学(進化論)、数学など
さまざまな角度からアプローチする必要がありそうです。

サラっと読めて、そのくせ、かなり考えさせられる一冊でした。
とてもおもしろかったです!
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック