中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

時代はブログる! 単行本 – 2005/1/31

5つ星のうち 4.0 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2005/1/31
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

著者からのコメント

ブログを書いて人気者になろう。

ブログは、2005年に大流行すること間違いナシの情報発信ツール。
インターネットで検索をしたり、メールを送ったりすることができる人なら、すぐに始めることができます。既に全くの無名だった人がブログを始めて、多くの読者を獲得するケースが出始めています。
ブログにするテーマは何でも構いませんが、書く人の個性の出るものであることが大切です。テレビや新聞に出ているようなことを同じように書いても、人気者にはなれません。「ちょっとマニアックすぎるかな」「他にこんなことを考える人はいないのでは」と感じてしまうくらいの内容で、ちょうどいいのです。誰にでも書けるものではなくて、あなたにしか書けないことをブログに書くと、そこに共感してくれる人がたくさん集まってきて、やがて世間を騒がせるような「ムーブメント」になるかもしれません。
アンディ・ウォーホールはかつて「誰もがその生涯で15分間だけ有名人になれる、そんな時代がいつかやってくる」と言いました。でもブログなら15分よりずっと長く、有名になることができるかもしれないのです。人気者になりたい人は、今すぐブログを始めましょう。

著者について

須田伸(すだ・しん)
1967年大阪生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒。
1992年株式会社博報堂入社。CMプランナー/コピーライターとして「ACC賞」「日経広告賞」など数々の広告賞を受賞。
1998年カンヌ国際広告祭ヤングクリエイティブ・コンペティションに日本代表コピーライターとして出場。2000年にYahoo! JAPANに転じてコミュニティサービス担当プロデューサーとして「ヤフーチャット」を立ちあげ「ライブチャット・イベント」では初代「Y!Chat MC」として活躍。
2002年より株式会社サイバーエージェントに勤務。同社の企業ブランドを一新する。現在は同社ブランドコンサルティング局長。
2003年よりLondon国際広告賞Interactive Media部門審査員。


登録情報

  • 単行本: 204ページ
  • 出版社: アメーバブックス (2005/1/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 490284303X
  • ISBN-13: 978-4902843033
  • 発売日: 2005/1/31
  • 商品パッケージの寸法: 18.4 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,757,279位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

 この本はただのブログ紹介本ではなかった。著者は広告を生業としていた経歴を持ち、インターネット特にブログが持つ簡易性に着目し、その将来を展望する本であると思う。

 前半で著者自身の体験、そして読者へのブログの勧めを書いている。その後に、秋元康氏、おちまさと氏、堀江貴文氏、中谷彰宏氏、和田秀樹氏など、今の時代の先端を走っている人に対するインタビューを載せている。

 また、電車男、実録鬼嫁日記が製本化されるの舞台裏も書かれていて興味深かった。 

 著者はプロの物書きではないので、こういったことを書くことは本を作るうえでのテクニックかもしれない。しかし、最初の体験談や読者への勧めよりも、そのインタビューでのやりとり一つ一つがとても新鮮であり、舞台裏も含めて、そのへんにこの本の面白さが詰まっていると感じた。

 
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
会社の先輩にススメられて読みました。
「ホリエモンがメディアを買うって話が載ってるから、最近めっちゃ売れてるらしい」と。
話しことばに近い文章で、すらすら読めます。私は1時間かかりませんでした。印象としては、論理的というよりは、「わかりやすい」という表現がぴったりです。さすがモト広告代理店の方が書いているだけあります。
内容は、ブログに対して強烈に期待している、超積極的で肯定的な意見がいっぱいです。ブログのどこが面白いのか、ブログをどういう風に利用したらいいか。「ブログをすれば誰でも楽しくて面白い毎日を送ることが出来ます!」(ブログをしなければつまらないとは言わない。)とポジティブです。
ブログって何?がよく分かってない人は、全部を読むとブログのよさはわかるはずです。(ブログの仕組みに関する理解は他の本も読んだほうがいいかもしれません。)
ブログはやってるけど、イマイチ使いこなせてないよ、という方はインタビューの部分だけ読むのでも面白いと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「ブログに興味がある人」を「ブログユーザ」へステップアップさせようとする本。だから明るい話が非常に強調されています。また「人気者になる」ことに力点を置いている(だから著名人へのインタビューもある)点がブログ紹介書としては特徴的です。
内容の半分は、かつて何冊も書かれた「ホームページの勧め」や「メルマガの勧め」と本質的に同じです。独自の情報を発信して人気者になろう、ということです。自費出版などと比べ、資金が不要だからあなたにもできる、という能書きは5年前と何ら変わりありません。
残る半分は、ブログの何が新しいか、という話。ホームページもメルマガも、簡単、簡単といって、じつは簡単でない面がありました。ホームページを作るのは面倒くさい、メルマガで人気者になるのは簡単じゃない。ブログなら(コツさえつかめば)簡単に人気者になれる、いろんな人と楽しく交流できる、と著者は主張します。
本書はブログにハマっている方が友人・知人を誘うのに便利な1冊です。しかし現実に誰もが簡単に人気者になれるはずもなく、見知らぬ他人との交流にも光と影があります。冷静に状況を見極めたい方には「ウェブログ超入門!」をお勧めします。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/2/3
今、いろいろなところで耳にするブログのこと、何がすごいのかよくわからなかったけど、この本を読んで、あらためてブログってすごいと思いました。
それからインタビューも面白かったです。やっぱりホリエさんは常識にとらわれず面白いことを言う人だと思いました。
ブログで儲ける話も興味深い。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/2/25
本の中で、ほりえモンが「テレビを買収する」と言っている。。。。
そして中からぶち壊すといっている。。。
さすがほりえモン。
しかし、こんなことよくインタビューできましたね。著者さん偉い!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告