通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
時代の先覚者・後藤新平1857‐1929 がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【通常配送料無料】【安心のamazon配送センターより配送】Amazon専用在庫、在庫確実。多少の使用感(スレ・微キズ等)はございますが、概ね良好です。【お急ぎ便、コンビニ受け取り等対応】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

時代の先覚者・後藤新平1857‐1929 単行本 – 2004/10/1

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 3,456
¥ 3,456 ¥ 520

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「1724」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



159回芥川賞&直木賞 大賞作品発表!
芥川賞受賞 『送り火』 高橋弘希。直木賞受賞 『ファーストラヴ』 島本理生。 特集ページへ

商品の説明

内容紹介

<座談会>後藤新平とは何者か

 今日も問題となっている医療・交通・通信・メディア・教育・都市計画等
の内政から、欧米先進国との外交及び植民地政策に至るまで、今から百年以上も
前に、百年先を見据えた独自な構想と政策を次々に打ち出した後藤新平。その全
体像を現代に甦らせる<後藤新平の全仕事>プロジェクト始動を前に、第一線の
執筆陣による『時代の先覚者・後藤新平』を刊行する。同書より、人間・後藤新
平の核心に迫る座談会を抄録する。

後藤新平の「衛生」概念
鶴見 衛生をとってみましょう。衛生は村全体、県全体が巻き込まれてしまう。
ずっと日本は鎖国しているわけだから、外国からコレラとか何とか来ると、大変
なことになるわけだ。大体、江戸末期から。これに立ち向かうのは衛生でしょ
う。衛生から見ると、もう賊軍、官軍はないんだ。だから後藤新平がたまたま手
にして、これと思って力石みたいにずっと支えた衛生。著作のタイトルには国家
と冠がつくけれども(『国家衛生原理』)、それは賊軍、官軍の区別を超えたと
ころに根がありますよ----偶然安場保和(後藤の岳父)が出てきたために超えら
れたんだけど。つまり国家社会じゃない、社会なんです。衛生というのは言いか
えればパブリック(公共)ということですよ。パブリックだという考え方は、精
神分析的に言えば、やはり賊軍としての出生と文無しの乞食の少年だったとい
う経験と結びついて出てきていると思う。それが偶然、児玉源太郎が登用してく
れたことで、検疫の長になるわけでしょう。そこで活かされて、台湾でも、と
なってくるわけね。だから賊軍、官軍の区別を超える体験が幼いころにあって、
そこに全生涯の根があった。エリクソンのように『若きルーテル』とか、『ガン
ジーの真理』とかいうふうな仕方で後藤新平に精神分析の目を向ければ、そこの
ところに衛生の概念が非常に強く、医学を超えて社会に政策として出ていく可能
性があった。
 公共というのは、その政策は主として国家が担う。だけど国家に任せると、そ
こで長になった人たちは自分の立場、利益でやるからすき間ができてくる。だか
らパブリックという考え方に合わないわけでしょう。
青山 国家が人材を育てるといっても、その場合の基準が問題だと思うんです
よ。それから国家をだれが構成しているか。国家意思をだれが形成しているか。
後藤新平みたいに無私の思想を持った人で構成しているならいいけれども、国家
権力の機構の一環にあるという地位にしがみついている人で国家の意思が構成さ
れるのだと、人材は育成できない。その場合には、やはり国家権力は常に悪であ
り、常に対抗勢力が必要なんだという民主主義の原理を貫かないといけないの
で、だから社会が人材を育てるんだということになると思います。

慣習を尊重した後藤新平
粕谷 衛生とはパブリックのことだという鶴見さんのおっしゃるのは非常に示
唆的だと思うけど、ただもう一つ、先ほどの自治ということで考えれば、後藤新
平は慣習法を重んじたでしょう。自然村的な秩序の中に生きている慣習を調査し
ろということをしょっちゅう言っている。満韓でも、白鳥庫吉とか津田左右吉に
調査をさせて、自然村的な都市や農村の秩序がどうつくられているのか、慣習は
どうなのかということを、盛んに調査する。だから、後藤の自治というの
は、内務官僚が考えている自治ではなくて、後藤のそれこそ生物学的原則までい
くものなのではないか。
御厨 民衆の視点ですね。民衆がとけこんでいる自然的秩序の調査ということに
なりますね。
粕谷 歴史的に言えば、天皇制以前の氏族社会から慣習があるから。
青山 後藤新平が児玉源太郎に請われて台湾に行ったときに、真っ先にしたの
が、台湾総督府の中で法律の専門家が非常に多かったので、それを日本に帰して
しまった。そのかわり土木とか農業、工業、建築とかの学問を修めた人間
を引っ張ってきたわけです。その当時、下関に船で続々と法律職が上陸したとい
う話が残っていますね。それぐらいに人を取り替えたのは、やはり彼の自治とい
うのは生物学の法則で、台湾に合った行政をやると、政策をやるためには制度で
考えないで、その土地に合った実質で考える。その意味で言うと、現代の日本の
地方自治も、「三位一体の改革」だとか制度論を語る人は大勢いるし、語る場も
公的に税金で運営されている場がたくさんありますけれども、本当はむしろ政府
が縛るのを全部やめてしまって、地域で自主的にやりなさいということをやれば
いい。政策を議論すべきなのに依然として制度論で語っているのがいまの日本の
自治についてのやり方なんです。その意味で、後藤新平がやったやり方は非常に
実際的で現実的だったと言えると思います。

パトロン型政治の面白さ
鶴見 彼は、非常に優れた軍人のバックを得ていますよ。それは児玉源太郎であ
り、山本権兵衛、寺内正毅でしょう。軍人で偉いやつは確かに偉いんですよ。偉
くないやつは、偉くない。だから偉くないやつとはとっくみあいのけんかをし
て、台湾ではじめに辞表を出しますね。
御厨 それはおもしろいと思います。おそらく後藤新平の政治は、パトロン型の
プロジェクト政治ですね。絶対的なパトロンが必要です。そのパトロンを彼は本
当にうまく見つけたわけで、児玉、桂、寺内というのは、これはもう長州閥の中
でも一番の立て役者に他なりません。
鶴見 桂は重要でしょう。
御厨 そうなんです。この三人に彼が重用されたということの意味は、かなり大
きいと思います。今申し上げたパトロン型のプロジェクト政治でやっていこうと
すると、どうしても政党政治とは相容れないものが本質的にそこに含まれていま
す。一つには、彼のプロジェクトが息が長いということ、それからもう一つは
----これはときどき僕も書いていますけれども----都市計画とか植民地政策は、
根本的にどうしてもデモクラシーと合わないわけです。公の精神でも何でもいい
んですけれども、それを体現したある巨大な力が、住んでいる人間や物をある種
強制的に動かして、それで道路をつくります。でもそこには必ず利害対立があり
ますから、賛成・反対入り乱れての人間模様が展開されることになります。です
からそこはすごく興味深い論点を形作ります。一方で原敬は政党政治の枠組の中
で非常にミクロな利益を体現していきます。これに対して後藤新平の場合はむし
ろそれを否定し、先ほど粕谷さんが言われたように、非常にマクロな視野から文
明の利益みたいなものを体現していくのですね。ですから地方利益と文明利益と
いうのは対比されるところがあって、その場合の文明というのは絶対に政党政治
の枠組の中には入らないんですね。
 大正期の政治は、議会制と政党政治の枠組を前提にして、すべてが組織化され
制度化されていく特質をもっています。後藤の場合、そういうものに対する
本能的対抗意識がありました。だからこその「政治の倫理化」ですよね。そして
晩年に「今日流の政党制の政治ではなく」と彼が言うときの本音は、組織化され
たもの、制度化されたものはもうその時点でだめになっているという否定的評価
に立っているわけです。既成のものに寄りそうのではなく、制度や組織はある公
の精神に則ったプロジェクトに合うように変えていくべきだという、かなりラ
ディカルな発想になっています。そうでなければすべてが陳腐化するという切迫
した感じが、彼にはあったと思うんです。当時の大正デモクラシー期の政治に対
する、彼なりのアンチテーゼというか、制度化されないもの、組織化されないも
のを目指して、絶えず流動化していく面があったのではないでしょうか。(構
成・編集部)

(つるみ・しゅんすけ/哲学者)
(あおやま・やすし/元東京都副知事)
(かすや・かずき/編集者)
(みくりや・たかし/東京大学教授)

※全文は『時代の先覚者・後藤新平』に掲載

出版社からのコメント

■今、なぜ後藤新平か? その業績と人脈の全体像を、四十人の
気鋭の執筆者が解き明かす!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 301ページ
  • 出版社: 藤原書店 (2004/10/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4894344076
  • ISBN-13: 978-4894344075
  • 発売日: 2004/10/1
  • 梱包サイズ: 21 x 14.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 227,462位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

VINEメンバー
2010年5月18日
形式: 単行本
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2004年12月6日
形式: 単行本
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告