Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 409

¥ 66の割引 (14%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[筒井 康隆]の時をかける少女 (角川文庫)
Kindle App Ad

時をかける少女 (角川文庫) 新装版 , Kindle版

5つ星のうち 4.0 74件のカスタマーレビュー

その他(6)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 409
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 475 ¥ 1
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,400

商品の説明

内容紹介

放課後の誰もいない理科実験室でガラスの割れる音がした。壊れた試験管の液体からただようあまい香り。この匂いをわたしは知っている──そう感じたとき、芳山和子は不意に意識を失い床に倒れてしまった。そして……目を覚ました和子の周囲では、時間と記憶をめぐる奇妙な事件が次々に起こり始める。思春期の少女が体験した不思議な世界と、あまく切ない想い。わたしたちの胸をときめかせる永遠の物語もまた時を超え、未来へと引き継がれる。

内容(「BOOK」データベースより)

放課後の理科実験室で、ガラスの割れる音がひびいた。床の上で、試験管から流れ出た液体が白い湯気のようなものをたてていた。甘くなつかしいかおり…、そのにおいをかいだ芳山和子はゆっくりと床に倒れふしてしまった―。それ以来、和子のまわりで不思議な事件が次々と起こった。夢をみているのかしら、それともこのわたしだけ時間が逆もどりしているのかしら?和子は同級生の深町一夫と浅倉吾朗に相談するのだが…。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 337 KB
  • 紙の本の長さ: 238 ページ
  • 出版社: KADOKAWA / 角川書店; 新装版版 (2012/6/25)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B009GPM8OQ
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 74件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 28,414位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
随分、昔、昔、昭和の50年代、原田知世が「ときを~かける少女~♪ ~♪」
と歌っていた時代に原作を読みました。あれから~30年以上を経て、再読
致しました。
あれ~、こんなに短編だったけ?
あれ~、こんなにあっさり ケン・ソゴル帰っちゃったけ!
と昔の記憶とズレがありました。きっと、いくつも見ている映像の
「時をかける少女」の影響も大いに受けているでしょう。
日本SFの原点的な面白さがあるのは、事実です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
時をかける少女とは別に、他に2つほど同じような内容の小説が収録されていた。
まさか、他の小説が入っているとは思わなかったし、楽しみにしていた「時をかける少女」の小説は、百十数ページしかなかった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 よる 投稿日 2014/12/1
形式: 文庫 Amazonで購入
昔の名作を、細野さんのイラストで読めるのは至福でした。
何度読んでも読み飽きない、まさに名作です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
以外に話が短かったので、なんか物足りない。
長編でやってほしかった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 りょう 投稿日 2017/7/8
形式: 文庫
ラベンダーのにおいを理科実験室でかいだときから、芳山和子(よしやまかずこ)はテレポーテーション(身体移動)とタイムリープ(時間跳躍)の能力を得た。
 彼女はラベンダーの香りの薬を作った人物に会うため時をかける。
 そこで出会った意外な人物とは……
 和子がかいだ薬を作っていたのは、友人の深森一夫だった。
 彼は「西暦2060年から来た」未来人だったのだ。
 一夫は未来で薬学を研究しており、その実験に失敗して過去に飛ばされたらしい。
 和子の前で一夫は薬を完成させ、未来へ戻る。
その後
 深町一夫が未来に帰ったあと、彼のことを知っている人はいなくなった。
 和子も彼のことをすっかり忘れていた。
 しかしラベンダーのにおいをかぐとき和子はいつも、いつか「すばらしい人物」にきっと会えるのだと確信する。
 細田守監督による映画『時をかける少女』は、筒井康隆の『時をかける少女』を原作として、その20年後を描く話です。
 芳山和子も出るみたいです。深森一夫と浅倉吾朗は出るかわかりません。こんど観ます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Seven 投稿日 2017/4/27
形式: 文庫
細かい事を突き詰めていけばしょうがないが、読んだ後、いい気分にさせてくれる作品は名作である
ラベンダーの香りをかいで、ああいい香りだと感じる、そのシンプルな感情は自然だからだ

自然であれば名作、自然こそ名作
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
巨匠 筒井康隆の、古典と呼んでもいいくらい超有名なタイムトラベルもののSF小説。何度も映像化、アニメ化されているので、見たこと読んだことはないけれども、そのタイトルだけは知っているという人も多いことでしょう。

発表が1965年、学生向けの科学雑誌ということもあり、古臭く子供っぽく感じてしまうところも多々ありますが、それでもとてもおもしろい。何度も読み返していて、意外とあっけなく感じる結末もわかってはいるのですが、読み返すたびに、初めて読んだときの感動とちょっぴりの切なさ、こんなにおもしろい小説があったんだという新鮮な驚きが蘇ってきます。
映像作品も見てはいますが、小説にはかなわない。映画・アニメ版の『時をかける少女』しか知らないという人は、ぜひ一度読んでみてください。

いっしょに収録されている二編『悪夢の真相』と『果てしなき多元宇宙』も、なかなかおもしろい作品です。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本書を読んだのは30年以上前。本書の発表後、すぐNHKでドラマ化されたので元々ドラマの原作用として書かれたのかもしれない。当時の筒井としては珍しくブラック・ユーモアや風刺性はなく、ヒロイン(女子高校生)の冒険と淡い恋物語として纏められている。

未来からやって来たタイムトラベラーの青年。その青年のちょっとしたミスで束の間のタイムトラベラーとなったヒロイン。このヒロインのタイムトラベラーとしての能力を「時をかける少女」と名付ける辺りが筒井の言語感覚の素晴らしさを表している。そして、理科室でのキッカケとなる事件でヒロインが感じる「ラベンダーの香り」。私は当時、ラベンダーなる花を知らなかったのだが、何となく不思議な魅力を感じたものだ。ヒロインは急に自分に身に付いたタイムトラベラーとしての能力に戸惑いを感じ、その謎を解こうとするのだが、同時に謎の鍵を握る青年に恋してしまう。この辺は、青春小説として巧みである。SF的設定はあくまで背景で、小説の狙いはヒロインの瑞々しい感性を描き出す事にあるのであろう。そして、これが本作が発表後、長い間人気を保っている理由だと思う。

「ラベンダーの香り」に彩られたヒロインの心の揺れと淡い恋心を巧みな構成で描いた普遍的青春小説の傑作。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover