中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: Amazon専用在庫。国内からの発送!!帯あり。小口汚れあり。使用感あります。エアキャップで梱包しております。受注発送メールは送っていますが、SPAMメールと認識され届かない場合がありますのでご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

時には懺悔を (角川文庫) 文庫 – 2001/9

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

濃密な親子の絆! 横溝賞作家が描く、感動の物語。

男は癒し得ぬ傷を負い、女は人生の再生を夢見て、ひとりの子供を追った。そして、子供は運命のなすがままに生きた――。障害児を通して綴る、親子の絆。

内容(「BOOK」データベースより)

佐竹は、数年前に退社した大手の探偵社アーバン・リサーチの元上司・寺西に頼まれ、探偵スクールのレディース一期生・中野聡子の代理教官をすることになる。その日の実習は、やはりかつての同僚・米本の探偵事務所に盗聴器を仕掛けることだったが、事務所に忍ぶ込むと、そこには米本の死体が転がっていた。佐竹は中野を助手に、米本が殺された謎を調査していくが、やがて過去に起きた障害児の誘拐事件の真相に迫っていくことになる…。濃密な親子の絆を描く、感動の物語。大傑作ミステリー。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 344ページ
  • 出版社: 角川書店 (2001/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4043615019
  • ISBN-13: 978-4043615018
  • 発売日: 2001/09
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 425,910位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 この作品は「裸者と裸者」が好評な打海文三さんのデビュー二作目です。同著者の初期におけるアーバンリサーチものとしては一作目になります。
 この作品には障害児が登場し、それを主軸として話は進んでいきますが、真剣にテーマに取り組んでいる中でも軽妙な会話が生きて、重苦しい雰囲気はありません。でたらめな人生を送ってきてはいるが、憎みきれない人たちの良心というものをうまく描いていると思います。特に登場人物の中野聡子のひたむきさは胸を打つものがあります。その後のアーバンリサーチシリーズにちょこちょこ顔を出す佐竹三郎との掛け合いも絶妙です。たしか「男たちの長い旅」という石田衣良、大沢在昌などの作家の短編を集めた本に「暴力許可証」という短編で中野聡子の話がでています。気に入ったのならそちらも読んでみることをお勧めします。
 余談ですが、ハードカバー版とは若干の修正がされているようです。そのことについては何も書かれていませんでしたが、セリフの一部分と細かい説明の部分なので、それほどの変更ではありません。これは全くの私見ですが聡子の印象としては性的なセリフが削られ、文庫版のほうが統一性があるかもしれません。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 うに 投稿日 2013/7/19
形式: 文庫 Amazonで購入
障害児のいる生活、障害児とともに生きる中で生まれてくる気持ちが、とてもとてもリアルに書かれていることに、まず驚き。卓抜な取材力?と思ったら、著者自身の経験が下地にあるそうですね。いずれにしても、奇麗事でない、しかし悲惨でもない、ありのままを書いていることに感動します。その上で、もちろんドラマとしても優れています。打海さん、とても誠実な知性を持つ、優れた書き手です。早世が残念。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 アワーズ連載のマンガ、「裸者と裸者」で打海文三を知って、「ハルビンカフェ」「裸者と裸者(上下巻)」、そしてこれを読んだ。
 障害児を扱った作品ではあるがこれまでにあったような、最後に政治的なメッセージを伝えるような、闘争的な部分を持たない作品、という印象がある。これと同じような印象を与える作品としては「はだしのゲン」に対する「夕凪の街桜の国」が思い出される。「寝ながら学べる構造主義」で、新しい思想は、「そういう言い方やめませんか」というとこから始まる。というのがあったが、この作品はそういう、新しい言い方を提示し得た作品になっていると思う。
 作品中に障害を持った者を神様として扱う、という話が出てきたが、これは広く知られた考えになっただろうか。これも障害者を救済すべき者とする考え方に対する、新しい言い方と言えるだろう。
 最後にちょっとしたどんでん返しがあるが、そのせいでじゃあ、あの事件はなんだったの、となりそうなのだが、そう思わせないのは作者の構成力と言ったらいいのか、読ませる文章の力と言ったらいいのか。
 構成力と言うと複数の事件や人物の物語を並行させるのがこの作者の特徴となっている。これがハルビンカフェではひとつの事件に大きな背景をもたせているし、裸者と裸者ではうまく主人公を交代させている。
 また、地理的な描写も作者の特徴と
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告