中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

時が滲む朝 単行本 – 2008/7

5つ星のうち 3.4 51件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,337 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 463 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第139回(平成20年度上半期) 芥川賞受賞

内容紹介

梁浩遠と謝志強。2人の中国人大学生の成長を通して、現代中国と日本を描ききった力作。『ワンちゃん』に次ぐ期待の新鋭の第2作!

1988年夏、中国の名門大学に進学した2人の学生、梁浩遠(りょう・こうえん)と謝志強(しゃ・しきょう)。様々な地方から入学した学生たちと出会うなかで、2人は「愛国」「民主化」「アメリカ」などについて考え、天安門広場に行き着く――。
大学のキャンパスで浩遠と志強が出会った「我愛中国」とは。同窓の友人たちとの議論や学生生活を通して、現代中国の実像を丹念に描きつつ、中国人の心情がリアルに伝わってくる力作です。物語の後半では日本も登場し、国境を越えるダイナミックな展開から目が離せません。衝撃の前作『ワンちゃん』から半年、スケールアップした新鋭の最新作です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 150ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2008/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163273603
  • ISBN-13: 978-4163273600
  • 発売日: 2008/07
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 51件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 486,293位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
「芥川賞を取るレベルの日本語ではない」という批判を聞いていたいので、どうかなと思いつつ読んだが立派なものだ。
変にくだけて、それを独創性だと勘違いしている昨今の作家に、見習ってもらいたいぐらいである。

中国的な匂いのする日本語である。
時に漢詩が入っていたりして、すごく新鮮だ。
「日本語を日本人のように使わなくてはいけない」という考えは、日本語の世界を狭くする。

日本人しか使わない言葉のままでいたら、日本語は衰退していくだろう。
言葉には絶えず新しい命を吹き込む必要がある。
日本語のアジア化を私は歓迎する。

作品自体は、ポストモダン化した日本人にはもう描けなくなった、瑞々しい青春小説である。
こういう小説は久し振りに読んだ。
懐かしいような泣きたいような気持ちになった。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この小説、確かに瑕疵が目立つ。山田エイミーも指摘していたけれど、ヒロインの瞳を表すのに「岩肌に湧きだす白い泉に浮いた葡萄の黒い粒のよう」なんて陳腐な比喩が使われていたり、昔からよくある「学生運動に青春を燃やした若者が挫折して、その後の平凡な生活に幸せを見出だしていく」小説の中国版という印象を拭いきれていないなど。でも芥川賞を受賞しただけあって、それを補えるだけの美点がこの小説にはある。それは後半、主人公が日本に渡りあの巨大な国を外の世界から眺めながらそれでも祖国を憂える姿だろう。そこには大きな歴史のうねりに必死に立ち向かう個人の力強さがある。そして最後、日本人として生まれた自分の子供とともに第二の祖国となるであろう日本という国に足を踏み出すところに、中国人が敢えて日本語でこの小説を書いた意味を見いだし、前出の昔からよくある小説にはない新しさを感じる。デビュー作の「ワンちゃん」とともに好感の持てる中国人作家だ。もっと日本語を勉強して、今度は長編にもチャレンジしてもらいたい。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
芥川賞に値するか否かについては、選考委員の方々の考えもあるでしょうし、ある意味運不運などもあり得るのでさて置くとして、小説としては大変面白く読むことができる一作でしたし、要はそれでよいのだと思います。主人公(梁浩遠、謝志強)の中国時代を描いた前半の六割部分は、表現の稚拙さ(失礼、ただ例えば涙を表現するのに「雪解け水のように」(74頁)というのは如何なものでしょうか)がやたらと目に留まり、唸ること多でしたが、浩遠の来日後の人間模様やその内面の描写には現実感もあり、国籍を異にするとはいえ共感を覚えること大でした。次は、テレサ・テンと天安門事件の繋がりについて触れているらしい有田芳生氏の『私の家は山の向こう』(文春文庫)を読んでみようかと思っているところです。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgar トップ500レビュアー 投稿日 2017/1/1
形式: 文庫
ベルリンの壁が壊れ、ソ連が崩壊し、中国でも大きな民主化のうねりが起こったあの時代。主人公たちはこっそりテレサ・テンを聴き、尾崎豊の歌に胸を焦がしながら、民主化運動に青春の情熱を傾ける。いや、それは青春だの情熱だのといった甘っちょろいものではなく、もっと切実な悲願や渇望のようなものだったのだと思う。

しかし時代は動く。民主化を力でねじ伏せた中国共産党は、事実上の一党独裁を堅持しながら「社会主義市場経済」なる不思議なやり方を推し進める。日本と中国に分かれて生きる主人公たちも、好むと好まざるとにかかわらず、その大きな波にのまれていく。個とは何か? 国とは何か? そんなことに思いを馳せずにはいられない1冊だ。

わたしは本書を、香港旅行の間に読んだ。香港では今、中国にのみ込まれまいと立ち上がる若い世代が多い。実際、そんな集会への参加を呼びかける若者たちにも、街頭で出会った。彼らの姿が、本書の主人公たちと重なる。1997年の香港返還から早20年、しかし今なお「リメンバー・天安門」が生きていることに、わたしは「個」のたくましさを見た。

楊逸(ヤン・イー)は1964年ハルビン出身。87年に留学生として来日し、お茶の水女子大学文教育学部地理学専攻を卒業している。本書の主人公たちは男性だが、著者は女性なのだ。ときどき「こなれていない」表
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 天安門事件って、確かにあるんだけど、結局抽象的で何をどうなったらよかったのか、時代の流れで国や世界がどんどん変わっていく中で、さらにあやふやにさせられてしまった部分はがあるのかもしれない。そして、主人公もなんとなく達成感をかんじられないまま年を重ねていく。
 でもこの苦苦しさは、私も年を重ねるつれ、大なり小なりあり、なんかしんみりしました〜。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー