通常配送無料 詳細
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
昼のセント酒 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■地傷みあり■中古品になりますので経年劣化、使用感のある場合がございます。本の状態は良好です。(複数購入での送料割引は御座いません。)■ご注文確認後、水濡れ防止にて丁寧に梱包し、迅速に発送させて頂きます。■配送形態は、基本的に日本郵便のゆうメールのみとさせて頂きます。但し、重さ、サイズ、金額によりゆうパックでの配送となる場合がございますので、予めご了承下さいませ。ご不明な点がございましたら、メールにてご連絡下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

昼のセント酒 単行本 – 2011/12/24

5つ星のうち 4.0 18件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 420

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 昼のセント酒
  • +
  • ちゃっかり温泉
  • +
  • ふらっと朝湯酒
総額: ¥4,212
ポイントの合計: 129pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

真っ昼間の、銭湯上がりの生ビール。これに勝てるヤツがいたら連れて来い!
ドラマ化で話題となった『孤独のグルメ』『花のズボラ飯』の原作者
久住昌之氏が提案する「風呂」×「飯」の痛快エッセイ!

銭湯でからだを流し、明るいうちから一杯やる「昼のセント酒」。
天窓から入る明るい光。
高い天井に「コーン」と響くオケの音。
広い湯船につかって、さっぱりしたからだに流し込む泡の立ったビール。
このシチュエーションで飲む酒が、美味くないはずがない。

時代の変化に飲み込まれながらも生き延びてきた銭湯で、
人々に愛され続きてきた古い居酒屋で、
珍妙なものに遭遇したり、明るい酔いに浸ったり、人の生き方を垣間見て感慨深くなったり。
滑稽だけど、どこかノスタルジック。

お金をかけずに、気軽に、お酒を美味しく気持ちよく楽しむ、楽酔話。

「やっぱり昼間、湯に行って、あかるいうちから飲むビールは最強だ。どうしてくれよう」
(『昼のセント酒』第一回おだやかな町、浜田山より)


■■目次■■ 【ビールを特別おいしくする街歩き】
第一回 おだやかな町、浜田山
第二回 銭湯の親玉参り、北千住
第三回 北千住 大黒湯のバーナナ犬
第四回 生まれ育った土地、三鷹
第五回 ひと風呂浴びに、銀座
第六回 盗人、寅さん、立会川
第七回 仕事場の町、吉祥寺
第八回 ブルースだぜ、寛政町
第九回 雨に降られても、浅草
第十回 思い出溢れる、神保町

内容(「BOOK」データベースより)

ノスタルジックな銭湯×酒エッセイが全10話。『孤独のグルメ』『花のズボラ飯』の久住昌之が描く、楽酔エッセイ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 207ページ
  • 出版社: カンゼン (2011/12/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4862551157
  • ISBN-13: 978-4862551153
  • 発売日: 2011/12/24
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 93,889位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
ご存知「孤独のグルメ」でお馴染みの久住氏が贈る「銭湯&昼酒」エッセイ。「昼の明るいうちから入る銭湯と上がった後のビールは最高にして最強」というコンセプト?から、ほぼ都内の銭湯の入湯記と湯あがりに入った居酒屋や焼き鳥屋・そば屋での昼酒の素晴らしさ賞賛エッセイ作品だ。全編が様々な銭湯で出会う不思議な人々を観察し、今に残る銭湯のたたずまいや、忘れ物?のエロDVDに出会うハプニングなどの銭湯レポートとその後に立ち寄る店でのビールののど越しとつまみ、またその「飲み屋」の雰囲気、ご主人や客達の様子・・・で占められている。これを読んでると、確かに昼に飲む風呂上がりのビールはうまそうだし、ついこちらも飲みたくなってくるのだが、いかんせん構成がすべて「銭湯→居酒屋」であるため最後の方はだんだんと酔いが回ってくるというか、同じような話でおなかがいっぱいになってしまうのはご愛嬌か・・・あとやはり「孤独のグルメ」ファンとしては、これが漫画になっていたなら・・・と、どうしても思ってしまうのは私だけではないであろう。それにしても、「昼酒をうまく呑むためにわざわざ銭湯に行く」というのは、とてつもなく豊かで贅沢な時間であると共感。次の休日は昼から呑もうかな・・・と思わせる一冊。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
おっさんが銭湯に行って、その後呑み屋へ・・という構成で、物語がいくつかあります。
服装からから開放された銭湯という裸の空間で、この人は何やってる人なの?って筆者は想像を巡らし、銭湯のペンキ絵を感慨深く観察しているけど、結局これはお酒を上手く呑むための前戯?のようなもんで、準備整えて呑み屋へ直行となります。
久住昌之さんというと「孤独のグルメ」ですが、「孤独のグルメ」の文章版なんて思って読むと裏切られるのでご注意を!
酒飲みオヤジの戯言のようなもんなんだけど、自分はこういうゆる~い感じがかなり気に入って5つ星だけど、個人差がありそうですね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 「風呂で世界は平和になる」というテルマエ・ロマエほど大掛かりでも、小原庄助のように全財産を無くすわけでもないが、オヤジの日常の冒険としての「昼風呂」「昼酒(基本大衆酒場)」を綴ったエッセイ。北海道のエピソードが一つあるほかは東京・神奈川に絞られる。

 文章がいい。
 「かぁー! ウマイ!やっぱり昼間、湯に行って、明るいうちから飲むビールは最強だ。その一口目は、まさに無敵。どうしてくれよう。無意味に店内を見渡す。文句あるか。  (略) 俺は今、全身でビールを受け止め、全霊でこれを受け止めている。愛、のような気がする。馬鹿か。馬鹿でよい。否、馬鹿でよかった。 (略) 今、ビールは俺のからだの中に、無血入城を果たした。俺の全細胞が歓喜してそれを取り囲み熱狂している。「ビール、万歳!」「ビール、万歳!」「王様、万歳!」「王様、万歳!」むろん、王様は俺だ。馬鹿の王様、真っ裸に冠だけかぶり、ロバの耳をビンビンに立て、満面の笑みで民衆に手を振っている。」

 「からだを洗って温泉につかる。温度はやや低めで、湯がからだにすぐ馴染み、旅の疲れと昨夜の演奏の疲れが、みるみる溶解していくようだ。目を閉じると湯と一体化しそうだ。目を開けたら、お湯になっているのではないか。意志を持ったお湯に。というか、この湯は意志を持って、ボクをとろかしているのではない
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
風呂上がりのビールのは格別。
そんなことは周知の事実。

この作品ではそれに輪をかけて、銭湯上がりのビール。
しかも昼間!
これには誰も勝てない。

都内を中心に著者が銭湯をレポート。
そして「いい感じの店」でビールを旨そうに飲む。
久住昌之の文章のセンスは相変わらず素晴らしく、
ノスタルジックさの押し売りも無い。
クスッとしつつ腹の底からビールが飲みたくなってくる。

泉昌之ファンならずとも、最後まで羨ましいなと思いつつも読める。
そして読了後には必ず銭湯に行きたくなってしまう。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
まだ陽が高いうちに銭湯でひとっ風呂浴びて、
おもむろに居酒屋で飲む。
ささやかながら、なかなか果たせぬオジさんたちの夢。
久住先生、代わりにやってくれました。

仕事場近くの銭湯や、下町、札幌遠征に加え
大黒湯、金春湯、蛇骨湯だのといった、
銭湯界の名だたる大物も制覇。
銀座の金春湯に行ってよし田で蕎麦とか、
蛇骨湯に行って、神谷バーとか、
ストライクゾーンのど真ん中に、ストレート投げ込んできます。
ちまちまと細かい観察しては、妄想ふくらます久住節も全開。
今すぐ仕事なんか放り出して風呂いきたくなりました。

特に印象深かったのは最終章「思い出あふれる、神保町」です。
この章はそれまでの軽妙なタッチから、がらっと趣が変わっています。
今や皇居ランナーの聖地となった梅の湯と、名店、兵六へ足を運びます。
久住がようやくガロに原稿を描き始めた頃に
名物編集長だった故長井勝一さんに連れられていった梅の湯。
その思い出が語られます。
いまだ何者でもなく、将来もさだかではない久住が、
大人の世界の入り口に立った日。
「銭湯好きになったきっかけ」というこのエピソードがあったからこ
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック