通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
昴 (1) (ビッグコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

昴 (1) (ビッグコミックス) コミック – 2000/6

5つ星のうち 4.0 20件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 566
¥ 566 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 昴 (1) (ビッグコミックス)
  • +
  • 昴 (2) (ビッグコミックス)
  • +
  • 昴 (3) (ビッグコミックス)
総額: ¥1,656
ポイントの合計: 40pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

▼第1話/シュワルツカッツ▼第2話/ビッグバン▼第3話/渇望▼第4話/病棟のジゼル1▼第5話/病棟のジゼル2▼第6話/パレ・ガルニエ▼第7話/脆うげなエトワール▼第8話/初舞台▼第9話/和馬が残したもの
●主な登場人物/宮本すばる(この物語の主人公。小3の頃は病気で苦しむ双子の弟・和馬のために、その日の出来事を病室で踊っていた。弟の死後、本格的にバレエを始める)、宮本和馬(すばるの双子の弟。脳腫瘍が原因で、9歳で亡くなってしまった)、日比野五十鈴(「パレ・ガルニエ」の社長。人生に対するうんちくがあり、すばるに色々と助言する)
●あらすじ/すばると和馬は双子の小学3年生。すばるの誕生日、クラスメイトの真奈たち3人が、すばるにプレゼントを持ってきた。だが、彼女たちの本当の目当てはすばるではなく双子の弟・和馬。けれども和馬は入院していて状態が良くないため、すばるは会わせるのを渋る。それでも強引に病室へ行った真奈たちが見たのは、脳腫瘍が原因で記憶障害を起こし、言葉すらほとんど解さなくなってしまった和馬の姿だった。そんな和馬の意識をなんとか取り戻させたいすばるは、その日の出来事を躍りで伝えようと、毎日病室で懸命に舞い踊っていた(第1話)。
●本巻の特徴/踊りの面白さに目覚めたすばるは、バレエ教室を開く真奈の母親に勧められたこともあって、バレエを本格的に習いたいと思うようになった。しかしすばるの母は「和馬がこんな時に」と取り合ってくれない。これまでの我慢が限界にきてしまったすばるは、和馬の前でつい「和馬なんていなきゃいいんだ」と口走ってしまった。数日後、和馬は必死の治療もむなしく、わずか9歳で亡くなってしまう。自分が言った一言のせいで和馬は死んだと、激しい自責の念にかられるすばる…。それから数年。場末のキャバレー「パレ・ガルニエ」のショータイムに、天才的な中学生ダンサーが現れた…。『め組の大吾』で小学館漫画賞を受賞した曽田正人、待望の新作登場!
●その他の登場人物/呉羽真奈(すばるの幼なじみ。すばるの存在に脅威を感じ、ライバル心を燃やしている)、真奈のママ(呉羽バレエスタジオを経営し、娘の真奈や、すばるたちを指導している)、サダ(「パレ・ガルニエ」のダンサー。主に女役を務める)

出版社からのコメント

激しくもはかなく、そして美しい、命を削る魂のバレエ! 世界に羽ばたく舞姫・すばるの伝説が今、始まる…!!


登録情報

  • コミック: 175ページ
  • 出版社: 小学館 (2000/06)
  • ISBN-10: 409186001X
  • ISBN-13: 978-4091860019
  • 発売日: 2000/06
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ペトロニウス VINE メンバー 投稿日 2002/5/12
形式: コミック
曽田さんは、感情移入が難しいくらい極端な「天才」というものを描きたかったみたいです。
本来、メジャー誌では「どこにでもいる普通の人」が波乱万丈な
冒険や経験をするうちに成長して・・・・というパターンが、多い。
それは広範囲の読者に感情移入をさせるためである。
けど、作者は、それを真っ向から否定する「選ばれた天才」を描
こうとしてきている。過去の作品の『シャカリキ』
『め組の大吾』も同じです。
でも、それほど「選ばれた天才」が、なぜそれほどまでに極限に
自分を追い詰めて、高みを目指そうとするかの原体験が、この1巻で
描かれるのですが・・・・なんか見ていて切なくなるほどでした。
「選ばれる」・・・というのは、本人にとっては、悲劇なんでしょうね。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
少女がとあるきっかけでバレエと出会い、
天性の素質でのし上がっていく話。

バレエをまったく知らない人でも
問題なく理解できるように配慮されており、
今までバレエに縁のなかった人でもまったく問題なく楽しめる。

しかもそんな人でも主人公のダンスに魅せられる周囲の興奮が
伝わってくる作画が素晴らしく、山場ではその都度、シビれさせられる。

音も動きもない絵だけでこれだけ惹きつけるのは見事としか言いようがなく、
退屈しない展開で一気に読み切ってしまう。
終盤がかなり唐突な展開になることと、
物語そのものを次回作へ引っ張ってしまったのは残念だが、
人を選ばず薦められる傑作マンガ。オススメ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2000/12/4
形式: コミック
 め組の大吾を描いた作者のバレエマンガということで、期待して読みました。そして、その期待は十分に報われました!  バレエにはあまり詳しくないのですが、昴のバレエ表現はこれまで読んだどんなバレエマンガよりも説得力があり、真に迫ったものでした。  バレエを知らない人にも十分に楽しめる、さわやかなコミックです。お薦め。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
青年誌で主人公が女の子、そしてスポーツ等をやっていて、世界一を目指してる物語。しかも主人公の名前がタイトルになっていて・・・。「あーあるある、そういうの」と、何か思い出しましたか?実は『昴』も上記の条件を満たしつつ、現在進行形の作品です。内容はクラシックバレエのプリマドンナを目指す女の子の物語。でも、曽田マンガなので、これまで通り突っ走り型です。主人公、一点集中しか出来ない天才肌。周囲にライバルと思われる女の子はいるけど、同性・異性どちらの友だちもナッシング。今までの曽田流物語構造が女の子に適用されると、とんでもない孤独感というか、孤立を感じさせます。しかも、今回は身内で暖かく主人公を見守ってくれる相手もいないと来てる。手を差し伸べてくれる人を失いながら、ダンサーとして歩んでいく昴。本当に世界へ羽ばたいて行けるのか。果たして恋は描かれるのか?今、期待度ナンバー1のサクセス物語です。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/1/13
形式: コミック
昴が直面するあまりに過酷な運命。だけど、その、過酷な運命を背負った人間だからこそ表現できる世界が、この作品のテーマだと思う。人を感動させることができる人間とは、いったいどんな人間なのか?
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 モモ 投稿日 2009/4/16
形式: コミック
面白いです。画は荒いけれど迫力があります。山岸凉子のテレプシコーラとはまた一味違った面白さがあります。えー、本当にー?って思うことは多々ありましたが。真奈ちゃんってモーツァルトに対するサリエリってかんじです。いちいち悔しがるどこが可愛いです。2巻最後の
『この子…もしかして、あたしのこと好きなんじゃないの…?』
には笑えました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
何年も前に読了し、続編MOONも何度も読みました。
再度昴を購入仕直し、改めて夢中になりました。
昴のダンスが放つ生のエネルギー、それを感じさせる作者の筆跡もまた生々しい作品です。
ファンタジーがあるから、知らない世界(バレエ)に夢を見させてくれる。それが漫画です。

昴という主人公は若く美しく才能があり、儚く危うく気丈で泣き虫、気持ちいいほどの自己憐憫、幼さと愛らしさがある。
こんな魅力的な主人公、描こうと思って描けるものじゃない。
本作は作者の苦労も見受けられるように思いますが、曽田正人が女性主人公を描くとこうなるのかと感心しました。

一つだけ個人的に寂しいのは、関わった脇役がバッサリと切り捨てられて二度と出てこなかったりするドライさが・・・。
それも昴本人を象徴してるのかも知れません。
その辺の寂しさは、MOONのニコにかなり救われましたが、別のお話です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー