¥2,700
この書籍はよりお買い得なバージョンをご購入いただけます
Kindle版を選ぶと、¥ 540 (20%) お買い得にご購入いただけます。
¥ 2,160
Kindle版
¥ 2,700
ハードカバー価格

Kindle版を選ぶと、<span class="a-color-price">¥ 540 (20%)</span> お買い得にご購入いただけます。 iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。
今すぐ Kindle版でお買い得な読書を体験しよう。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

昭和解体 国鉄分割・民営化30年目の真実 単行本 – 2017/3/16

5つ星のうち 4.4 13件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本
¥ 2,700
¥ 2,700 ¥ 1,904

booksPMP

【2冊で最大4%、3冊以上で最大8%、10冊以上で最大10%】ポイント還元

2冊を購入する際クーポンコード「2BOOKS」を、3冊以上は「MATOME」を入力すると最大8~10%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 昭和解体 国鉄分割・民営化30年目の真実
  • +
  • 暴君:新左翼・松崎明に支配されたJR秘史
  • +
  • 国鉄改革の真実―「宮廷革命」と「啓蒙運動」
総額: ¥6,804
ポイントの合計: 214pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

メディア掲載レビューほか

当局VS労組。国鉄民営化の裏で繰り広げられた熾烈な戦い

「富塚三夫」という名前を見て、即座にその顔を思い浮かべられる読者はまだ多いはずだ。日本最大の労働組合・総評(日本労働組合総評議会)の事務局長を長らくつとめた富塚のイメージは、重厚な労組官僚といったものであった。

その富塚が料亭での密談で、みずから土下座する場面が本書には出てくる。当時の肩書きは国労(国鉄〈日本国有鉄道〉労働組合)の部長。土下座の相手は国鉄当局の職員局長である。

「今後一切あなたのいうことを聞く」

と懇願する富塚を見おろして、局長は、

「富塚、お前(中略)徹底的にやろうじゃないか」

と啖呵(たんか)を切る。すると、富塚は顔色を変え、

「馬鹿にするな、俺は福島の水飲み百姓だ」

激昂して目の前の膳台を料理ごと引っくり返し、仁王立ちになるのである。

かつて流布していた労使の“馴れ合い"という見方は、この描写だけによっても一変しよう。「国鉄」が「JR」に変わる過程の水面下では、こんな熾烈(しれつ)なやりとりが繰り返され、攻守ところを変えながら、憎悪をつのらせていった。当局と労組の裏側でも、食うか食われるかの内紛が続いた。その一方、田中角栄と労組の重鎮が同郷の戦友で、始終ひそかに連絡を取り合っていたというのだから、話は一筋縄ではいかない。

私はつい、自民党・宏池会の事務局長をつとめた伊藤昌哉の『自民党戦国史』や、田中角栄の秘書だった早坂茂三の一連の著作を思い起こしたのだが、これらはいわば側近による回顧録であった。著者は違う。日本経済新聞の担当記者として両陣営に食い込み、地道な取材を重ねたアウトサイダーなのである。

国鉄の“分割・民営化"三十年目にあたる先ごろ出版されたこの大著には、中曽根康弘ら当事者への新たな取材も盛り込まれ、著者の言う「戦後最大級の政治経済事件」を日本のみならず世界の現代史に正確に位置づけようとする気概が滲(にじ)み出ている。分割・民営化の末、総評が解散した一九八九年(平成元年)にベルリンの壁が崩れ落ち、東西冷戦が終結したのは、決して偶然の一致ではない。

強大な労組の崩壊はまた、働く人々が分断され、裸同然のまま職場の寒風に晒(さら)される時代をもまねいた。

同業者としていえば、このテーマでの取材と執筆は困難を極めたはずで、複雑に入り組んだ人間関係や事の経緯(いきさつ)を、よくぞ読ませる物語(ストーリー)にまとめあげたものだと感嘆した。特に何らかの組織改革に直面している個人や集団にとっては、今後必読のテキストとなろう。

評者:野村進

(週刊文春 2017.04.27号掲載)

内容紹介

中曽根康弘、井手正敬、松田昌士、葛西敬之……重大証言と新資料が予言する「借金1000兆円をかかえた国家の未来」――本書は国鉄が崩壊、消滅に向けて突き進んだ歴史に再検証を試みたものである。昭和最後の二十年の歳月は、薩長下級武士が決起、さまざまな人物を巻き込んで徳川幕藩体制を崩壊させたあの「明治維新」にも似た、昭和の時代の「国鉄維新」であったのか。それはまた敗戦から始まった「昭和」の解体を意味していた


本書は国鉄が崩壊、消滅に向けて突き進んだ二十年余の歴史に再検証を試みたものである。昭和が平成に変わる直前の二十年余という歳月は、薩長の下級武士たちが決起、さまざまな歴史上の人物を巻き込んで徳川幕藩体制を崩壊に追い込んだあの「明治維新」にも似た昭和の時代の「国鉄維新」であったのかもしれない。少なくとも「分割・民営化」は、百年以上も続いた日本国有鉄道の「解体」であり、それはまた、敗戦そして占領から始まった「戦後」という時間と空間である「昭和」の解体をも意味していた。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 522ページ
  • 出版社: 講談社 (2017/3/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062205246
  • ISBN-13: 978-4062205245
  • 発売日: 2017/3/16
  • 梱包サイズ: 20 x 14.2 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 11,167位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

13件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.4

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

13件中1 - 8件目のレビューを表示

2017年7月20日
形式: 単行本Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年8月22日
形式: Kindle版Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年5月12日
形式: Kindle版Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年5月11日
形式: 単行本Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年12月27日
形式: 単行本Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年5月25日
形式: 単行本Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年5月23日
形式: 単行本Amazonで購入
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年9月23日
形式: 単行本Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。昭和解体