通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
昭和天皇・マッカーサー会見 (岩波現代文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ビートブック
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 書き込み、折れなく、カバー付きです。カバーに微細なスレがあります。受注確認後、アルコール除菌をして2日以内に発送、発送後メールにてお知らせいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

昭和天皇・マッカーサー会見 (岩波現代文庫) 文庫 – 2008/7/16

5つ星のうち 3.8 26件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,101
¥ 1,101 ¥ 161

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 昭和天皇・マッカーサー会見 (岩波現代文庫)
  • +
  • 安保条約の成立―吉田外交と天皇外交 (岩波新書)
総額: ¥1,987
ポイントの合計: 51pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

戦後史の謎であり続けた全一一回の極秘会談。二人が何を話したのか、その核心部分が、著者が解説した膨大な未解明の新資料によって初めて明らかにされた。両者の会談のみならず全米に対する昭和天皇の外交を精緻に描き出した本書は、戦後レジーム形成に天皇が極めて能動的に関与した衝撃の事実を描き出し、従来の昭和天皇像、戦後史観を根底から覆す。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

豊下/楢彦
1945年兵庫県生まれ。京都大学法学部卒業。現在、関西学院大学法学部教授。専攻=国際政治論・外交史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 248ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2008/7/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4006001932
  • ISBN-13: 978-4006001933
  • 発売日: 2008/7/16
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 24,869位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
M-天皇の会見は全11回であるが、いまだにすべてが公開されていないのが残念であるが、この著書は会見の全貌に迫る
迫力がある。そしてツ-トップの超法規的会見の内容が戦後政治の原点になっていることに気付く。またこのとき構築されたアメリカに従属した
日米協調路線が現在も継続していることに驚く。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 昭和天皇が 終戦直後から サンフランシスコ講和条約にかけての時代に どのような ご自身の外交を展開されたかを活写する一冊である。

 終戦時の「天皇」問題は 大きなタブーであり 現在に至るまで公開された資料は少ない様子だ。それでも 年月を経て 段々と公開される資料の一つ一つを著者は丹念に読み解きながら 自身の仮説を打ち立て、更に10年もの年月を経て新しく出てきた資料で それを検証していく著者の作業には大いに感銘を受けた。終戦後の「現代史」を追及することの難しさと 醍醐味の両方を強く感じた。

 本書で描かれる終戦後の昭和天皇は 人間宣言を行い 象徴天皇になったシンボルとしての天皇ではない。日本という国、天皇制という制度をいかにして守りながら、当時の世界のパワーバランスの中で 新しい「居場所」を探しぬいた 一人の外交家と言ってよいと思う。
 特に 当時のマッカーサー自身が陥っていた パワーゲームの中で いわば彼との共犯関係で 日本の戦後体制を作り上げたという著者の指摘は読んでいて 正直目から鱗が落ちる思いだった。

 あらゆる意味で 現代史は重要だが あらゆる意味で タッチーでもある。歴史という分野の持つ難しさと 重要さを再度感じ入った一冊となった。
コメント 72人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
昭和一桁生まれの世代である小生にとっては、戦後の混乱期における天皇の行動は今まで秘密のベールに包まれており、本書によって明らかにされた事実は衝撃的でした。様々な文献を参照して分析を加えた記述は綿密でその内容には説得力があり、多くの方々にお読み頂く価値があると思います。戦中・戦後の天皇の行動に対してどのような批判・感情を抱くかは各個人の自由ですが、小生にとっては非常によい参考になりました。本書に記述されているような事実が一般のマスコミではあまり報道されていないのは不思議な気がします。もっと広く公開されるべき事実が描写されていると思いました。
2 コメント 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
喜寿を迎える歳になっても知ること、新しい知識を得ることは喜びです。今更と思いながらも知識を深め自分の生きた時代を確認し、残された時間を有意義に使おうと、読了して思いました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この本には、昭和天皇の戦争責任、安保条約について、靖国参拝問題が取り上げられています。
この本の内容を、不敬と批判することは容易い、しかし著者は一級的資料を用いて仮説をしているだけにそれに反論するには、政府から著者が本書でも公開を希望している文書を公開することが望まれるでしょう。個人的には、著者の論説は非常に鋭く、そして冷静だと思います。

本は、第4章から成っていて、第1章の冒頭からあの昭和天皇の美談「一身は、どうなっても、責任はすべて私に」と発言したといわれるマッカーサー会見について、究明しています。著者の結論は、昭和天皇のあの美談発言はなく、あったのは東条非難だという。
第2章で著者はいう。
昭和天皇にとって東条は朕の意見を直ちに実行した者であり、忠臣そのものであった。その東条を、最も親しい英王室の国王あてに戦争責任をなすり付ける「非難」をしていた。そして戦後においては、「昭和天皇は自らが連合国側の裁判を免れて生き残ることが、長い伝統を誇る皇室を守り抜く唯一の道であり、それを獲得するためには、なりふり構わずあらゆる手段を講ずる、という方向に踏み切ったのであろう」、そのためには戦争責任をすべて東条に押し付けることに徹したというのだ。
この著者のいう昭和天皇のスタンス「天皇リアリズム」の理解なくしては、このあとの安保条約
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
> 昭和天皇が新憲法によって「象徴天皇」になって以降も、
> 安全保障問題といった「高度に政治的な問題」にかかわっていった背景を明らかにした
> 本書は、実質的には20年近くにわたって取り組んできた昭和天皇研究の、筆者なりの "総決算" である

> 軽武装・経済重視という「吉田ドクトリン」を生み出す画期をなし、
>「吉田外交路線の正しさを証明」(永井陽之助)した記念碑的な論文と位置づけられた
> 高坂正堯の論文「宰相吉田茂」(『中央公論』1964年2月号)・・・
> 厳密に検証していくと、この論文には史実に関し少なからぬ重大な誤りが見られる

『週間金曜日』No.749 2009・5・1、5・8合併号より
「私は・・・膨大な資料を読みましたが、一番衝撃を受けたのは、吉田が首席全権を頑として固辞したという点でした。
・・・結局、ワンマンの吉田を唯一押さえ付けることができた天皇に言われた形で出席するのですが、
当時、米国とフィリピン間で結ばれていた条約よりもひどく、日本を植民地扱いする内容でしたから。
その最も具体的な例が、「極東条項」です。
米軍は「極東における国際の平和及び安全の維持に寄与」するというまったく曖昧な目的を口実に、日本の基地を利
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック