通常配送無料 詳細
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
昭和史講義3: リーダーを通して見る戦争への道 (... がカートに入りました
+ ¥350 配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: (3)。表紙に多少のスレ、ヨレ、天地小口に多少のヨレ、多少の使用感のみで良好です。※注意事項※■商品・状態はAmazonコンディションガイドラインに基づき、判断・出品されております。■付録等の付属品がある商品の場合、記載されていない物は『付属なし』とご理解下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

昭和史講義3: リーダーを通して見る戦争への道 (ちくま新書 1266) (日本語) 新書 – 2017/7/5

5つ星のうち3.5 2個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
新書
¥990
¥990 ¥591
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定セール プライム会員限定ポイント。 1 件
  • プライム会員限定セール プライム会員限定ポイント。
    プライム会員限定セール プライム会員のお客様は本全品5%ポイント還元。まとめ買いならクーポンコード入力で最大14%ポイント還元。対象商品はAmazon.co.jpの販売する商品に限られます。 特設ページへ 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


本全品5%ポイント還元
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定セール プライム会員のお客様は本全品5%ポイント還元。まとめ買いならクーポンコード入力で最大14%ポイント還元。対象商品はAmazon.co.jpの販売する商品に限られます。 特設ページへ 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 昭和史講義3: リーダーを通して見る戦争への道 (ちくま新書 1266)
  • +
  • 昭和史講義2: 専門研究者が見る戦争への道 (ちくま新書)
  • +
  • 昭和史講義: 最新研究で見る戦争への道 (ちくま新書 1136)
総額: ¥3,058
ポイントの合計: 31pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

日本の指導者たちはどこで道を誤ったか
危機の時代を理解する史的人物論
昭和史講義シリーズ 好評第3弾

なぜ昭和の日本は戦争へと向かい、あのような結末を迎えたのか。
政治家、軍人らのキーパーソン一五名
――加藤高明、若槻礼次郎、田中義一、幣原喜重郎、浜口雄幸、犬養毅、岡田啓介、
広田弘毅、宇垣一成、近衛文麿、米内光政、松岡洋右、東条英機、鈴木貫太郎、重光葵――
のリーダーシップを分析。生い立ちから要職に就くまでの経歴、要職での業績と、
その政治的岐路における行動、下した決断の結果などについて、
最新研究に基づいて客観的に描き出し、その功罪を問いなおす。

【目次】
まえがき 筒井清忠
第1講 加藤高明――二大政党政治の扉 奈良岡聰智
第2講 若槻礼次郎――世論を説得しようとした政治家の悲劇 今津敏晃
第3講 田中義一――政党内閣期の軍人宰相 小山俊樹
第4講 幣原喜重郎――戦前期日本の国際協調外交の象徴 西田敏宏
第5講 浜口雄幸――調整型指導者と立憲民政党 井上敬介
第6講 犬養 毅――野党指導者の奇遇 五百旗頭 薫
第7講 岡田啓介――「国を思う狸」の功罪 村井良太
第8講 広田弘毅――「協和外交」の破綻から日中戦争へ 渡邉公太
第9講 宇垣一成――「大正デモクラシー」が生んだ軍人 髙杉洋平
第10講 近衛文麿――アメリカという「幻」に賭けた政治家 庄司潤一郎
第11講 米内光政――天皇の絶対的な信頼を得た海軍軍人 畑野 勇
第12講 松岡洋右――ポピュリストの誤算 森山 優
第13講 東条英機――ヴィジョンなき戦争指導者 戸部良一
第14講 鈴木貫太郎――選択としての「聖断」 波多野澄雄
第15講 重光 葵――対中外交の可能性とその限界 武田知己

内容(「BOOK」データベースより)

なぜ昭和の日本は戦争へと向かい、あのような結末を迎えたのか。政治家、軍人らキーパーソン一五名―加藤高明、若槻礼次郎、田中義一、幣原喜重郎、浜口雄幸、犬養毅、岡田啓介、広田弘毅、宇垣一成、近衛文麿、米内光政、松岡洋右、東条英機、鈴木貫太郎、重光葵―のリーダーシップを分析。生い立ちから要職に就くまでの経歴、要職での業績と、岐路における行動、下した決断の結果について、最新研究に基づいて客観的に描き出し、その功罪を問いなおす。好評シリーズ第3弾。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 302ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2017/7/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480069771
  • ISBN-13: 978-4480069771
  • 発売日: 2017/7/5
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 60,009位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.5
評価の数 2
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ
51%
星3つ
49%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件のカスタマーレビュー

2017年7月9日
形式: 新書
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアー
2017年7月10日
形式: 新書Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告