中古品
¥309
+ ¥300 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 概ね状態良好。経年による多少のスレ、ヨレ等ありますが、全体的に良い状態です。
この商品は1-Click注文できません。

Kindle版は今すぐお読みいただけます。Kindle無料アプリがあれば、さまざまなデバイスで読書が可能。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


昭和二十年夏、僕は兵士だった (日本語) 単行本 – 2009/7/29

5つ星のうち4.7 18個の評価

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥309
¥309
文庫 ¥649 ¥79
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


夏先取りSALE開催中
期間限定!人気商品がお買い得。最大5,000ポイントのポイントアップキャンペーンも同時開催中。 夏先取りSALEを今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

南方の前線、トラック島で句会を開催し続けた金子兜太。輸送船が撃沈され、足にしがみついてきた兵隊を蹴り落とした大塚初重。徴兵忌避の大罪を犯し、中国の最前線に送られた三國連太郎。ニューブリテン島で敵機の爆撃を受けて左腕を失った水木しげる。マリアナ沖海戦、レイテ沖海戦、沖縄海上特攻を生き延びた池田武邦。戦争の記憶は、かれらの中に、どのような形で存在し、その後の人生にどう影響を与えてきたのか。『散るぞ悲しき―硫黄島総指揮官・栗林忠道』(大宅壮一ノンフィクション賞)の著者が綴る、感涙ノンフィクション。

著者について

1961年熊本県生まれ。北海道大学卒業。フリーライターとして、新材記事を手がける。2005年に「散るぞ悲しき」でデビュー。同作で大宅壮一ノンフィクション賞受賞。

登録情報


関連メディア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
評価の数 18
星5つ
70%
星4つ
30%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

2019年8月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2015年7月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年12月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2013年7月31日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2014年10月18日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2009年11月3日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年7月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
ベスト1000レビュアー
2019年6月23日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告