通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
昭和レトロ商店街―ロングセラー商品たちの知られざる... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ●ページは良好な状態です。●カバーなどの外観は、中古のため多少の使用感や擦れ、ヨレ、細かな傷があることがありますが、良好です。●帯なし
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

昭和レトロ商店街―ロングセラー商品たちの知られざるヒストリー 単行本 – 2006/1/1

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 122
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ケロリン、正露丸、グリコキャラメル、甘栗太郎、赤チン、都こんぶ…時代を超えて愛されてきた商品たちのおもしろエピソードをめぐるコラム集。巻末に泉麻人氏との対談も収録。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

町田/忍
庶民文化研究家。1950年、東京生まれ。和光大学人文学部芸術学科卒業。学生時代ヒッピーとしてヨーロッパ各地を放浪。一年半にわたり、警視庁警察官として勤務したのち、庶民文化における風俗意匠の研究に専念するため独立。小学校時代から続けているパッケージ類のコレクションは、現在数万点にのぼる。また銭湯研究においても第一人者である。各雑誌・テレビ・ラジオでも活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 174ページ
  • 出版社: 早川書房 (2006/1/1)
  • ISBN-10: 415208703X
  • ISBN-13: 978-4152087034
  • 発売日: 2006/1/1
  • 梱包サイズ: 21.2 x 15.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 277,736位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 sasabon #1殿堂トップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/2/19
形式: 単行本
昭和の懐かしのアイテムのコレクターで銭湯研究家である町田忍さんが、昭和の時代を思い起こすグッズやヒット商品を取り上げ、4ページでそれらの説明と当時のエピソードや注釈を付けています。

本書は日報出版の月刊誌『パックピア』に1999年5月から連載しているコラム「庶民文化の旗印」に加筆修正し、図版を加えて1冊にまとめたものでした。

88ページで説明している「フランスキャラメルの少女はだれ」のモデルは、アメリカで人気を博した名子役シャーリー・テンプルだったようで、メンソレータムのキャラクターも同様とのこと。このような蘊蓄と秘話のようなお話が続きますので、昭和を懐かしむ人には興味を持つでしょうし、知らない人には関心を呼ばない本でもあります。つまり、読み手を選び、読者の年代層も限られてくるわけで、狭い世代に深く入り込んだ書籍だと言えるでしょう。

なお巻末に掲載された泉麻人氏との対談「昭和文化の万華鏡、町田コレクションを手に語る夜」も懐かしの昭和を語るに相応しい興味深いお話でした。

項目の一部を列記します。懐かしい商品たちが登場しているでしょう。
ケロリンとは何か?、黄色いケロリンおけ、ケロリンの広告戦略、正露丸ミステリ、続・正露丸ミステリ、初代「のりたま」、仁丹のモデル、元気印のグリコマン、渦巻き
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告