この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

昭和プロ野球を彩った「球場」物語 (宝島SUGOI文庫) 文庫 – 2009/3/5

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
文庫
¥ 879
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

球場にはそれぞれドラマがあり、一球場だけでも一冊の本ができるだけのネタがあります。本書は、プロ野球応援人生40年の著者がつづる、今はなき懐かしの「球場」物語。下町に存在した東京スタジアム、聞くに堪えない野次が名物だった日生球場、世間からバカにされ続けた川崎球場……。そして、文庫では、平成20年をもってその役割を終えた広島市民球場を新たに追加。昭和プロ野球を彩った名物球場がいま蘇ります!
本書は2006年2月に草思社より刊行した『あの頃こんな球場があった』を改題・改訂し、書き下ろし原稿を加え文庫化したものです。

内容(「BOOK」データベースより)

球場にはそれぞれドラマがあり、一球場だけでも一冊の本ができるだけのネタがある。本書は、プロ野球応援人生40年の著者がつづる、今はなき懐かしの「球場」物語である。下町に存在した東京スタジアム、聞くに堪えない野次が名物だった日生球場、世間からバカにされ続けた川崎球場…。そして文庫版では、平成20年をもってその役割を終えた広島市民球場を新たに追加。昭和プロ野球を彩った名物球場がいま蘇る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 253ページ
  • 出版社: 宝島社 (2009/3/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4796669205
  • ISBN-13: 978-4796669207
  • 発売日: 2009/3/5
  • 梱包サイズ: 15.2 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 899,322位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(3)

トップカスタマーレビュー

2015年6月28日
形式: 文庫Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2012年12月13日
形式: 文庫Amazonで購入
2009年3月21日
形式: 文庫
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告