通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
昭和ごはん がカートに入りました
+ ¥298 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーこすれあり。全体的に状態は良いです。注文確定後、クリーニングし、迅速に発送します。通常は、24時間以内に発送(3日前後でお届け)。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

昭和ごはん (日本語) 単行本 – 2016/1/20

5つ星のうち4.0 2個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥1,650
¥1,650 ¥567
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 2 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から260円OFF。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から260円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


ブックマイレージカード
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から260円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 昭和ごはん
  • +
  • 日々の野菜帖
  • +
  • 「日々」のごちそう帖
総額: ¥5,830
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

著者は、「暮らし」系の書店員に評価の高い
リトルマガジン「日々」の編集長。
本書では、昭和の家庭のごはんを年代で切りながら、
時代背景も添えつつ、
20年代から60年代まで展開していきます。
和食だけでなく、
家庭の食事に洋食が浸透してくる感じがわかるのも面白い。
この70代の著者にしか語れない昭和の料理を紹介し、
その料理の背景や昭和という時代の匂いもからませた
読み物と料理の本です。

――内容――
関東はかつお節 関西は昆布
家庭ご飯の調味料は「さしすせそ」

【春】
日本の春を告げる竹の子(竹の子土佐煮・竹の子ご飯)
醤油色のふき、翡翠色のふき(ふきの翡翠煮)
おひたしとかつお節(わらびのおひたし・わらびの信太巻)
お花見と桜飯は春の喜び(桜飯)
雛祭りと凍みこんにゃく(白和え)
ほか

【夏】 待ち遠しい空豆の季節(空豆の煮物・空豆と海老のかき揚げ)
きゅうりもみは昭和の夏の風物詩(キュウリの酢の物4種)
ごま和えか?ごまよごしか?(いんげんのごま和え・人参とアスパラのごま和え)
関東の昔の味?枝豆の甘辛煮(枝豆の甘辛煮)
少しずつ残ったもので始末の料理(豚肉とピーマンの炒め煮)
ほか

【秋】
秋はさんまとやってくる(さんまの梅干煮・さんまの塩焼き)
湯豆腐と水コンロ(煎り豆腐・湯豆腐)
里芋がなかったら作れないおかず(里芋の白煮・けんちん汁)
コロッケの卵とじお弁当(じゃがいもコロッケ・コロッケの卵とじ 他)
ずいきは幻の野菜?(ずいきのごまだれ・ずいきの煮物)
ほか

【冬】
ふろふき大根、名前の由来(ふろふき大根)
奇数好みの五目料理(炊き込み五目ご飯・五目豆)
子かぶはどこへ行った(かぶの煮物・かぶの皮の塩揉み)
女優が作る牛肉のしょうが煮(牛肉の時雨煮・牛肉の付け焼き)
卯の花とおからと大正コロッケ(煎りおから・大正コロッケ)
ほか

●箸休めの保存食や常備菜は家庭の味
きゃらぶき、和風ピクルス、昆布と実山椒の佃煮、ほか

内容(「BOOK」データベースより)

シュッ、シュッ、かつお節を削る音。トントン、きゅうりを切る音。ジュージュー、さんまを焼く音。コトッ、コトッ、ふろふき大根を煮る音。懐かしい台所の音が、一冊に込められている。季節の「旬」を味わうレシピ70。「日々」の暮らしの中で紡いで来た昭和の家庭ごはん。

著者について

【著者】高橋良枝
「日々」編集長。1942年横浜生まれ。編集者として多くの雑誌や書籍、PR誌の編集に携わる。2005年、料理家・飛田和緒、カメラマン・公文美和、スタイリスト・久保百合子たちと、料理や器、旅などをテーマにしたリトルマガジン『日々』を立ち上げる。好きなもの、気になるものがあれば東へ、西へ。70歳過ぎた今なお、フットワーク軽く取材へ向かう。訪ねた人、場所は数知れず。作り手たちの暮らしのなかの、小さな物語、を紡ぎつづけている。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

高橋/良枝
1942年横浜生まれ。『日々』編集長。大学卒業後、出版社に入社、雑誌の編集に携わる。出産後7年間、2人の子どもを育てる専業主婦として、明治生まれの家事上手な祖母から学んだ料理や、新しい料理、菓子作りにいそしむ。30代半ばでフリーの編集者、ライターに。42歳で編集プロダクション「アトリエ・ヴィ」を設立、多くの雑誌や書籍の編集、PR雑誌を制作。60歳を過ぎて料理や器、旅などをメインテーマにしたリトルマガジン『日々』を創刊(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 160ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2016/1/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4023330663
  • ISBN-13: 978-4023330665
  • 発売日: 2016/1/20
  • 商品の寸法: 21 x 14.8 x 1.6 cm
  • カスタマーレビュー: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 597,673位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
評価の数 2
星5つ
50%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
50%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件のカスタマーレビュー

2016年3月28日
形式: 単行本Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年6月17日
形式: 単行本Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告