通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
昨日ヨリモ優シクナリタイ がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: ほぼ新品 | 詳細
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: シュリンクラップ包装欠落、ボーナスオンラインコンテンツのアクティベーションコードが欠落または期限切れ. Amazonアウトレットは、Amazon.com グループの一部ですので、Amazon.co.jpが発送やカスタマーサービス業務を行います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

昨日ヨリモ優シクナリタイ 単行本 – 2016/3/9

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 305

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 昨日ヨリモ優シクナリタイ
  • +
  • 往復書簡 悲しみが言葉をつむぐとき
総額: ¥3,780
ポイントの合計: 115pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

2011年3月11日の東日本大震災から5年を経た。誰にも等しく流れたはずの5年という歳月。その過ぎ行く時間と、人と、世界と、詩人は対話を重ねてきた。絶望と希望を繰り返しながらも、続いていく日々のなかで見えてきたものとは――。大反響を呼んだ『詩の礫』から5年。あの日からの時をともに歩んできた全ての人々に届けたい79の詩篇。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
目覚めてすぐに砂時計の向きを変えてみる
砂は静かに呟き続けている
この世界はいかにその軽さにあふれているか
伝えたいことばかりが降り積もるような朝

昼食の後に砂時計の向きを変えてみる
砂は静かに考えあぐねている
誰にも語られなくなってしまった
誤魔化しが溜まって 小さな山に

夕食の前に砂時計の向きを変えてみる
砂は 少しの安らぎを知っている
家族だけに 許される静かな決まり事を
一つ一つを その姿に変えていきながら

深夜 布団に入る前に 砂の沈黙を見つめる
私にはまだ 落ちきらない何かがある
だけど 向きを変えてしまってはいけない
静かに始まってしまうから
(本書より抜粋、収録作「砂時計」)

内容(「BOOK」データベースより)

全ての人に「時間」は等しく訪れる。豊かであり残酷であった歳月と、詩人は対話する。大反響を呼んだ『詩の礫』から5年。最新書き下ろし79篇を収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 184ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2016/3/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4198641285
  • ISBN-13: 978-4198641283
  • 発売日: 2016/3/9
  • 梱包サイズ: 19.6 x 13.3 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 40,923位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 和合亮一『昨日ヨリモ優シクナリタイ』は、とても読みやすい詩集である。谷川俊太郎か、ゲーテのように読みやすい。
<blockquote>
五年

はるか遠くの浜辺の
津波で残った
たった一本の松が
私やあなたの

庭に
街に
通りに
立っている

私もあなたも
あの波にさらされた
木の影に
立たされている

朝の太陽にしがみつき
真昼の時報にしがみつき
夜の食卓にしがみつき
生きている
</blockquote>
 なぜ読みやすいのか。繰り返しが多いからである。「立っている」「立たされている」が二、三連目に出てくる。「立つ」という動詞が繰り返されている。そしてこの「立つ」は「残った」というかたちで一連目にも存在している。
 私たちは、その松のことを知っている。
 だから「残る」という動詞を、同時に「立つ」という動詞で把握する。
 そして、その「立つ」を繰り返すと、主語が自然に混じり合う。「松」が「立つ」、「私やあなた」が「立つ」。松と私たちの「肉体」が「立つ」という動詞でかさなりあうとき、そこに「気持ち」
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
湧きいずるコトバ、というよりは、静かに雪のように降ってくるコトバに深い思いを感じてます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す