¥ 5,940
通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
春琴抄 [Blu-ray] がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

春琴抄 [Blu-ray]

5つ星のうち 4.2 11件のカスタマーレビュー

仕様
価格
新品 中古品
Blu-ray 通常版
¥ 5,940
¥ 5,940 ¥ 22,052
今すぐ観る レンタル 購入
この商品の特別キャンペーン まとめ買い 3,000円OFF 1 件


キャンペーンおよび追加情報

  • 【3,000円OFF】サウンドバーとDVD/Blu-rayソフトのまとめ買いキャンペーン実施中。詳しくはキャンペーンページをご確認ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意は こちらをご覧ください。
  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。
  • 【AmazonDVDコレクション】 人気のタイトルが、いつでもお得なAmazon価格でご購入いただけるシリーズです。DVDは1枚1,000円、ブルーレイは1枚1,500円。 対象商品はこちら。



登録情報

  • 出演: 山口百恵, 三浦友和, 中村竹弥, 風見章子
  • 監督: 西河克己
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ホリプロ
  • 発売日 2014/12/02
  • 時間: 97 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 11件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00PXMFWJ4
  • JAN: 4571388900344
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 183,634位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

セールス・ポイント
ハイビジョンリマスター作品
山口百恵、三浦友和のゴールデン・コンビで贈る文芸シリーズ第5弾。名コンビが、文豪谷崎潤一郎の絢爛たる愛の世界を描く純愛ドラマ
『春琴抄』に挑みます。 原作は、明治はじめの大阪船場を舞台に、絶世の美女とうたわれた琴の名手・鵙屋春琴と、命をかけて春琴を愛し
ぬいた下男・佐助の、 美しく鮮烈な〈 至上の愛 〉をテーマにした不朽の名作です。
昭和10年『お琴と佐助』(島津保次郎監督・田中絹代、高田浩吉)、29年『春琴物語』(伊藤大輔監督・京マチ子、花柳喜章)、
39年『お琴と佐助』(衣笠貞之助監督・山本富士子、本郷功次郎)、47年『讃歌』(新藤兼人監督・渡辺督子、河原崎次郎)と
過去4回にわたって、名監督、名優たちによって映画化され、映画史に燦然と輝いています。
ゴールデン・コンビとして絶対の人気を誇る百恵・友和の愛が、最高の題材を得ていよいよその頂点に立ちます。
次々と変わる豪華な衣装(約2,000万円)、目をつぶったままの百恵の哀しい迫真の演技と、話題豊富な愛の超大作です。
ストーリー
明治はじめの大坂道修町。軒をならべてにぎわう薬種問屋。その中の一軒、鵙屋の次女お琴は、九つの春、病がもとで失明して以来、
一心に琴の修業を続けていた。丁稚の佐助はそんなお琴の身のまわりの世話をひとりでまかされていた。やがて、お琴の教えるままに
佐助は三味線のけいこをするようになった。そんなある日、突然はげしい地震が鵙屋をおそった。佐助はよろめきながらお琴の部屋へ
急ぐ。柱にしがみつきながらお琴は叫ぶ。「佐助! 」しっかりと抱き合うふたり。「佐助、わてのもとから離れんで! 」 「離れしまへん。
一生離れしまへん」 こうしてふたりは、はたの者のはかり知ることのできない、不思議な生活を続けるようになった。
しばらくして、お琴の身にあいついで大きな不幸が訪れた。父、安左衛門が死に、そして師匠・春松検校もまた他界していったのだ。
お琴は、師匠に生前から許された春琴の名で看板をかかげ、佐助ともども新居に移り住むことになった。ある夜、思いもよらぬ惨事が
起った。かつてお琴に求愛し拒絶された美濃屋の利太郎がその腹いせに賊を雇い、お琴の美しい寝顔に熱湯をあびせたのだ。
佐助がかけつけた時はすでに遅かった。ふとんにうつぶせ苦悶しながらもお琴は絶叫する。「わての顔、見たらあかん! 」 月日が流れ、
明日は包帯がとれるという日、お琴は佐助に涙ながらに訴える。「お前にだけは…この顔を見せとうない」 意を決した佐助は部屋へ行き、
針を手に鏡の前にすわった。左、そして右。激痛にもだえながらおのれの両目を針で突きさしたのだった。気配を感じたお琴が佐助を呼ぶ。
「佐助、どないしたんや」 「わて、針で…目を突きました! 」絶句するお琴。「わては、これでやっとお師匠はんと同じ世界に入れました。
今のわてに見えるのは、何十年もの間見続けて心にやきついた美しいお姿でございます……そう思うと、わては嬉しゅうて…」「わても…うれしい…」
涙にぬれた頬をよせて、ふたりはかたく抱きあうのだった。


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2018年2月8日
形式: Blu-rayAmazonで購入
2018年9月18日
形式: DVDAmazonで購入
2016年7月9日
形式: DVDAmazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年3月29日
形式: DVD
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
VINEメンバー
2017年7月21日
形式: Blu-ray
2015年4月25日
形式: Blu-ray
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2004年9月26日
形式: DVD
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2003年11月11日
形式: DVD
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告