通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫) 文庫 – 2004/12/18

5つ星のうち 3.7 46件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 626
¥ 626 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)
  • +
  • 夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)
  • +
  • 秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理文庫)
総額: ¥1,869
ポイントの合計: 58pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

小鳩君と小佐内さんは、恋愛関係にも依存関係にもないが互恵関係にある高校一年生。きょうも二人は手に手を取って清く慎ましい小市民を目指す。それなのに、二人の前には頻繁に謎が現れる。名探偵面などして目立ちたくないのに、なぜか謎を解く必要に迫られてしまう小鳩君は、果たしてあの小市民の星を掴み取ることができるのか?新鋭が放つライトな探偵物語、文庫書き下ろし。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

米沢/穂信
1978年岐阜県生まれ。2001年、『氷菓』で第5回角川学園小説大賞奨励賞(ヤングミステリー&ホラー部門)を受賞しデビュー。青春小説としての魅力と謎解きの面白さを兼ね備えた作風で注目される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 251ページ
  • 出版社: 東京創元社 (2004/12/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4488451012
  • ISBN-13: 978-4488451011
  • 発売日: 2004/12/18
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 46件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 126,618位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
同作者さんの古典部シリーズが好きなので、今更ながら小市民シリーズに手を出してみました。
古典部シリーズと同じく「日常の謎」「ミステリー」なのですが、「青春」ミステリーかと聞かれたら私は違うと答えると思います。
最初に私がこの本を読んで感じたのは「どこか暗い」という印象でした。

メインの二人、主人公の小鳩くんとヒロイン(?)の小佐内さんは中学時代で失敗を犯してしまったため、
二度と同じような事をしないよう「小市民」を目指してています。
なので事件が起きても小市民を目指すものとして表面上はあまり乗り気じゃなかったりします。
どんなに理不尽でもどんなに気になる状況でも、作ったような顔や心で積極的に事件に関与しようとはしません。
しかし、やはり事件に関わりたいのかどこかお互い無理をしているという印象を最初に受けました。
お互いがお互いにその事を感じ、でも口にはしない、恋人でもなく束縛関係でもない、
でもどこか歪な関係を思わせる描写が上記に書いた「暗い」雰囲気を作りだしているのかもしれません。
結局事件に関わり謎を解いてしまっても「小市民としてやってはいけない」という事を咎め始めるので、少しだけ達成感の無さを感じました。

古典部シリーズは事件には省エネ主義の折
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
自意識過剰故に「小市民」として日々の平穏と安定のため、中学三年の夏から友達でも恋人でも依存関係でもなく、
互恵関係を結んでいる小鳩常悟朗と小佐内ゆき。高校生活において二人の意図とは裏腹に女子生徒の
ポシェットを探したり、卒業した美術部員が置いて行った絵の真相に迫ったり、シンクを濡らさずに
バンホーテンココアを作る方法を考えたり、中間考査の最中に栄養ドリンクの瓶が転がり落ちた理由に
思考を巡らせたりといった日常の謎に巻き込まれ、それを解決せんとする連作短編と、自転車を洋菓子店『アリス』で
購入した春季限定いちごタルトごと盗まれてしまったことがきっかけとなって大きな事件に巻き込まれてしまうさまを
並行して描いています。

プロローグで小鳩常悟朗が現在のように自意識過剰となり、「小市民」を目指すようになったのかという経緯と、
作中において現在の彼の行動原理をよしとしていない堂島健吾の言動を通じ、どんなに自分が毒でもなければ
害にもならない人物でありたいと思い、色々あがいたとしても、何をしても自分を貶す人間は必ず存在すると言う
メッセージにも受け取れます。

また、小鳩常悟朗と小佐内ゆきが結んでいる『互恵関係』の詳細な合意事項が明らかになっておらず、
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
高校生の男女が学校生活を中心とした日常の謎を解くもので、物語のテイストは古典部シリーズに似ている。
古典部シリーズに比べると、キャラが弱く、目立たぬように高校生活を送ることを何より大切にするという心情が理解し難く、古典部の折木君の標榜する省エネ主義の焼き直しかとも思う。
そして、謎ときの対象も、3話目のココアの入れ方をはじめ、日常の謎にしても弱すぎる…

と、否定的な思いを抱えながらも読み進めると、最終話の「孤狼の心」は、前4話までに張られた伏線が回収されるスリリングな話。主人公たちそれぞれの人生観も明らかになり、人物像を掴むことできる。全話を読み終えると、次作以降の小市民シリーズへの期待が湧いてきた。
ただし、舞台設定の説明や登場人物紹介のためだとしても、地味な話に4話もかけずに、もう少し展開を早くしていただければ最高だったが…
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
最初の話なので、なぜ小市民を目指しているのかが分からないまま話は進んでいきますが、それは別にしても、軽い謎を解くという感じです。話によっては、氷菓よりライトな謎のように思いますが、最後は決めてくれますので、驚きもあると思いますし、楽しめると思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
渇くことのない内なる衝動を秘めた、高校生の小鳩くんと小佐内さんのふたりの活躍を描く〈小市民シリーズ〉第一弾。

『氷菓』で知られる同著者の〈古典部シリーズ〉と同じく扱われるのは “日常の謎” 。けれど同じ高校生を描いた〈古典部シリーズ〉とは異なり、“青春” という言葉で連想されるような、さわやかさは一欠片もありません。
主人公の小鳩くんとヒロインの小佐内さんは、それぞれ自分ではどうしようもない “業” を抱えており、中学時代に失敗を犯してしまいました。高校生になったふたりは、その “業” を抑え込むために互いに協力し合う契約を交わします。それでも “業” とは逃れられないからこそ “業” と呼ばれるのであり、どれだけ抑えつけようとしても、それらの宿痾を癒すことはできず…というのが本シリーズのテーマとなっています。

シリーズ第1作である本作はちょっとしたキャラクター紹介といったところで、ミステリとしても弱いですし、さほど各キャラの掘り下げもなされないので物足りなく感じるかもしれません。というのは、本シリーズでは徹底して小鳩くんの一人称メインで語ることにより小佐内さんの心情が明示されないよう描写されているのですが、そのため本作だけでは小佐内さんのキャラクターがつかみにくいからです。
けれど小佐内さんの “業” の深さが明らか
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー