通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
春日井建歌集 (現代歌人文庫 10) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 初版1刷 やけしみなし 線引き書き込みなし 帯なし ビニールカバー付き
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

春日井建歌集 (現代歌人文庫 10) 単行本 – 1977/6

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 773

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 春日井建歌集 (現代歌人文庫 10)
  • +
  • 続・春日井建歌集 (現代歌人文庫)
総額: ¥2,916
ポイントの合計: 73pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

「陰鬱なる美青年」とは死の喩とぞグラックの書に親しみてきつ 勝利の一瞬カメラが狙ふ表情をリアルタイムの画面に見守る 歌集「友の書」(全篇)、「未青年」(抄)、「行け帰ることなく」(抄)やエッセイを収録する。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

春日井/建
昭和13(1938)年12月20日愛知県に生まれる。父清・母政子ともに歌人で、父の編集発行する「短歌」(中部短歌会)に初期作品を載せる。33年角川「短歌」に「未青年」50首を発表。アンソロジー「新唱10人」に加わる。35年歌集『未青年』刊行。塚本邦雄、岡井隆、寺山修司らと同人誌「極」の創刊に加わる。その後、ラジオ、テレビ、舞台などの仕事を手がける。45年歌集『行け帰ることなく』刊行。作歌を中断する。48年演劇集団「グループ鳥人」を組織する。54年父の死により「短歌」編集発行人を引き受け作歌に復帰する。55年結社主幹とは別に、超結社の集まり「中の会」を岡井隆、斉藤すみ子らと発足させる。60年愛知女子短期大学人文学科教授に就任。平成4年中日歌人会委員長に就任。歌集『青葦』『水の蔵』を経て、12年刊行の第六、七歌集『友の書』『白雨』により、日本歌人クラブ賞・迢空賞を受賞する。15年歌集『井泉』刊行。日本歌人クラブ会員、現代歌人協会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。


登録情報

  • 単行本: 149ページ
  • 出版社: 国文社 (1977/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4772001972
  • ISBN-13: 978-4772001977
  • 発売日: 1977/06
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 583,239位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
三島由紀夫は本『歌集』冒頭の歌集「未成年」に序文を寄せ、「現代はいろんな点で新古今集の時代に似てをり、われわれは一人の若い定家を持つたのである」と述べている(1960年6月の日付)。「新古今の時代に似ている」とは、中世時代の混沌、芥川龍之介描く『羅生門』の世とでもいうことであろうか? 厳密にはわからない。

それから40年以上が経ち、以降この永遠の青春歌集、三島の言う昭和の藤原定家に並ぶと思える歌集、歌人は出なかったとみえる。
春日井の歌は、青春の酷さ、あまりに澄み切った視線が確かに鮮烈だが、処女歌集「未成年」以降の作品は、結局同工異曲の結構と鮮烈さの後退、死滅に終わっていて、経験や年齢を経ることによる作品の深まりと言うものとは縁のなかった歌人の典型を示している。三島の美学とも相通じる気がしないでもないが、よくも悪くも青春一筋の歌人である。

それでも、青春期に、しかも20歳で、このような言語作品を残し得るということは、歌人にとって大いなる喜びであったろう。代償も少なくないとは思うが、そして平成の今から見るとひょっとすると古いのかもしれないが、その鮮烈なイメージは少なくとも評者には特異に思える。やや、初発のシュールレアリズムぽい歌などは、古い作り物めいた感触がある。「手術台に蝙蝠傘」のノリである。その構成はある意味この歌人に一貫した
...続きを読む ›
3 コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
素晴らしい!

エロティシズムもここまで求道的に切実に、宗教的に昇華されれば、これこそ究極の純愛というのではないでしょうか?
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す