春夏秋冬 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

春夏秋冬

5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,888
価格: ¥ 1,628 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 260 (14%)
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 1,628より 中古品の出品:6¥ 949より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の 泉谷しげる ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 春夏秋冬
  • +
  • 黄金狂時代
  • +
  • GOLDEN☆BEST~Early Days Selection~
総額: ¥3,790
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (1994/11/18)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: フォーライフ ミュージックエンタテイメント
  • 収録時間: 36 分
  • ASIN: B00005G5BF
  • JAN: 4988018306757
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 36,451位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. 地球がとっても青いから
  2. ねどこのせれなあで
  3. 狂走曲21番
  4. 黒いカバン
  5. 鏡の前のつぶやき
  6. 帰り道
  7. 春夏秋冬
  8. 街はぱれえど
  9. 化粧室
  10. 君の席
  11. 出船
  12. 行きずりのブルース
  13. きせつはずれ

商品の説明

内容紹介

フォークシンガー・泉谷しげるの力量が最大に活かされている初期名作アルバム。タイトル曲「春夏秋冬」はさまざまなアーティストがカバーしている名曲。

メディア掲載レビューほか

今も歌い継がれSIONもカヴァーした名曲「春夏秋冬」を擁する、泉谷のセカンドアルバム(72年)。加藤和彦をプロデューサーに迎え、高中正義やつのだひろ等がバックをつとめた繊細な音作りと、泉谷の爆唱が見事な合体。拓郎と並ぶフォーク界のスターとなった。 (C)RS


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
私にとってこのアルバムと4作目「光と影」は泉谷しげるの最高のパフォーマンスを感じることのできる作品。このアルバムのアレンジャー加藤和彦もサディスティック・ミカバンド発足時期と重なり油がのっている。泉谷の野性味とドノバン(加藤)の豊富な音楽知識に裏付けられたハイセンスなアレンジのミスマッチが独特の味をかもし出していて、今聞いても尚新鮮な驚きを隠せない。高中正義、つのだひろ他ミカバンドの初期メンバーの参加もうれしい。当然泉谷の愛らしい毒舌ソングも堪能できます。代表曲の他「街はぱれえど」等しんみりとした弾き語りにも妙な説得力を感じます。単に古きよき時代のフォークソングの名盤では無い事は間違いないです。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
春夏秋冬が聞きたくて買いました。後の曲は泉谷節で、昔の泉谷しげる節が聞けます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
このアルバムは(中学生の頃の)私が初めて聞いた泉谷さんのCD(当時はレコード)でした。それまで泉谷しげるという名前は聞いたことがあっても,陽水や拓郎を主に聞いていた私にはそういう有名フォーク歌手の単なる一人,くらいにしか思っていませんでした。しかし,このアルバム,1曲目から「な,な,なんだ,これはっ」と思わせられ,そのまま泉谷さんの世界に引き込まれました。その後も何回聞いたかわかりませんが,聞けば聞くほど味のあるアルバムで,特に歌詞がすばらしいです。今のロック調の泉谷さんしか知らない世代の人にも「フォーク時代の泉谷しげる」の代表作の1つとして是非聞いて欲しいと思います。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 nabe 投稿日 2013/2/27
Amazonで購入
急に昔聞いた泉谷しげるの曲(春夏秋冬)が聴きたくなり購入しました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 voodootalk 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/8/15
1972年4月25日リリース。泉谷しげるのセカンド・アルバム。ちなみにシングル『春夏秋冬』は同年9月にリリースされている。

このアルバムについて書く前に、ちょっとだけ横道に反れるが、最近泉谷しげるのコンサートに行ってきた。正確には『泉谷しげるのコンサート』ではなくて『南こうせつ・伊勢正三・泉谷しげる他のコンサート』が正しいかもしれない。何しろ行ってきた。

ぼくはぼくのレビューの履歴を見れば一目瞭然だが、フォークはあまり強いと言えない。そうは言ってもフツーに中学生あたりでフォークソングを聴いていたのは間違いなくて、知っている曲ばかり。やはり音楽というのは『サイクル』みたいなものがあって、今のAKBとかも彼女らがぼくくらいの年齢になる頃にはこういったコンサートで、『なつかしいAKB』とか言われるのだろう。まあ、兎も角中学生頃聴いた曲がどんどん流れるのは、懐かしくはあった。特に伊勢正三がナマで歌う、『22歳の別れ』と『なごり雪』はかなり懐かしかった。ショーヤンはやや高音に陰りが見えるものの、ギターは当時より遥かに上達しているようで、かなり派手なリードギターをかましていた。

しかしである。泉谷しげるはもう別物の素晴らしさだった。のっけからザ・フーのサマータイム・ブルースに乗せて、ハードゲージをバンバンに張ったギターをかき鳴ら
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
懐かしい泉谷しげるの「春夏秋冬」や「黒いカバン」を聴きたいと思って、彼の初期の傑作アルバム『春夏秋冬』の全曲を聴きました。
泉谷のストレートで熱いメッセージが満載されています。

「地球がとっても青いから」や「狂走曲21番」に込められた泉谷の熱く苦いメッセージを聴きながら、当時の若者に共通したやるせない閉塞感を感じました。
どちらの歌詞の中にも「四畳半」というキーワードが記してあります。当時、四畳半フォークというジャンルがあり、生活派フォークや私小説フォークとも呼ばれていましたが、泉谷の作ったこれらの歌は、それらの典型だと感じました。

ほとんど、泉谷の作詞・作曲です。これらの曲を聴いて、若者のメッセンジャーという役割を果たしていたと思います。懐かしい「黒いカバン」の作詞は岡本おさみですが、泉谷と同様で、その歌詞に込められた公権力への反発は、多くの若者から支持されたものでした。

「街はぱれえど」で見せた屈折した思いや「化粧室」へ込められた皮肉や「帰り道」での閉塞感は、彼の真骨頂を表わしていると言えるものでしょう。

そして名曲「春夏秋冬」へ。やはり名曲ですね。詩もメロディーもいいし、泉谷のハートがまたいいです。そして当時の若者の愛唱歌となりえているのがもっといいですね。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す