¥ 1,028
この書籍はよりお買い得なバージョンをご購入いただけます
Kindle版を選ぶと、¥ 326 (32%) お買い得にご購入いただけます。
¥ 702
Kindle版価格
¥ 1,028
文庫

Kindle版を選ぶと、<span class="a-color-price">¥ 326 (32%)</span> お買い得にご購入いただけます。 iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
通常配送無料 詳細
通常2~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

春の戴冠〈4〉 (中公文庫) 文庫 – 2008/10/1

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
単行本
¥ 890
文庫
¥ 1,028
¥ 1,028 ¥ 700
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 春の戴冠〈4〉 (中公文庫)
  • +
  • 春の戴冠〈3〉 (中公文庫)
  • +
  • 春の戴冠〈2〉 (中公文庫)
総額: ¥3,188
ポイントの合計: 74pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「虚飾を焼け、虚栄を打て」メディチ家を糾弾する修道士サヴォナローラの舌鋒にフィオレンツァ市民は次第に酔いしれ、熱狂していくのだった。盛りを過ぎた大輪の花が散り急ぐかのように花の都の春が終わりを迎えるのをひしひしと感じる「私」だが―ボッティチェルリの生涯とルネサンスの春を描いた長篇歴史ロマン堂々完結。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

辻/邦生
1925年、東京生まれ。東京大学仏文科卒業。63年『廻廊にて』で第四回近代文学賞、68年『安土往還記』で芸術選奨新人賞、72年『背教者ユリアヌス』で第十四回毎日芸術賞、95年『西行花伝』で第三十一回谷崎潤一郎賞受賞。99年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 477ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2008/10/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4122050634
  • ISBN-13: 978-4122050631
  • 発売日: 2008/10/1
  • 梱包サイズ: 15.2 x 10.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 261,744位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

ベスト1000レビュアー2016年6月21日
形式: 文庫
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。ソリッド腕時計 カシオ メンズ